のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

お香典の準備は宗旨宗派も意識。理解すべき5つの基本

お香典の準備は宗旨宗派も意識。理解すべき3つの基本
お香典の準備を進める時、意外にも「あれ、表書きはこれで良かったかな…。」などなど、ふと不安になることもありますよね。何となく理解しているつもりでも、実際にそう多くは経験しないのが葬儀ですから、ムリもありません。

 

ただ、「もしかしてこのお香典の準備は、マナー違反かな…。」と不安に思いながらも、解決せずにそのままにしてしまうと、不安的中、思いがけないNG行為にもなりかねないのが冠婚葬祭の場…。

 

しかも笑ってごまかせないのが、葬儀の場での心配なところではないでしょうか。せめて事前に安心できるお香典の準備は、安心できるものを持参したいですよね。

 

そこで今回は、葬儀に参列する前に一度確認しておきたい、お香典の準備の基本的なマナーをお伝えします。

 


soudan_bnr_600c


 

お香典の準備は宗旨宗派も意識。
理解すべき5つの基本

 

お香典袋の準備


お香典を準備する時は、袋選びから気をつけなくてはいけません。…と言うのも、宗旨宗派によってお香典の準備にも違いがあるからです。時々勘違いをする方もいるのですが、キリスト教や神教でもお香典は準備をしてください。

 

その上で、より気持ちを伝えたいのであれば献花などを贈る、と言うスタンスが最も一般的です。

 

【 宗旨宗派によって違う、お香典の準備 】

・ 「蓮の花」は仏式ならではの絵柄であるため、仏式以外では避ける。

・ 「ユリの花」若しくは「十字架」になると、キリスト教式独特の絵柄に…。十字架は多くの方々が気付きますが、ユリの花の間違えは良くあるので気をつけたい絵柄です。

 

ちなみに、あまり多くはないのですが神教の場合には白無地が適当。仏教やキリスト教など、他の宗教でも活用できますので、葬儀スタイルなどに不安があれば白無地のお香典の準備が安心かもしれません。

 

 

内容に見合った、お香典の準備


お香典袋を準備する時、包む金額は決めているでしょうか?お香典袋は、包む金額に合わせた作りがあるのです。簡単に言えば、金額が高くなればなるほど、お香典袋も派手になり、少ないほど略式のものとなるイメージ…。

 

【 金額による、お香典の準備 】

・ 全国的に見ると、五千円まではお香典袋も略式が一般的。水引などが印刷されたものが略式のお香典袋です。

 

・ 1万円~3万円の範囲内であれば、水引を掛けます。(水引の色は白黒)

 

・ 3万円~5万円になると見た目にも大きく豪華な印象を受けるお香典袋に。水引が銀になることも多いので、この点も意識して選んでください。

 

・ 10万円前後になると、文具屋さんでも目立つ豪華なお香典袋となります。ひと目で分かるのではないでしょうか。

 

以上を参考に、自分が包みたい金額を想定しながら選んでみてください。コンビニなどではある程度の金額に見合ったものしかありません。高級なお香典の準備が必要になるなら、文具店で探してみてください。

 

 

立場と地域性に見合った、お香典の準備を


お香典を準備するのに、一番迷うのが包む金額ではないでしょうか。お悔やみの気持ちを十分に伝えたい想いももちろん大切ですが、先方もお香典返しなどをしなければいけません。

 

お香典の準備は高ければ良いと言う訳でもなく、ある程度は「立場や故人との関係性に見合った」お香典を準備して、遺族が戸惑うことのない金額を準備したいもの。

 

とは言え千円などのあまりに少ない金額では、お香典返しを考えると赤字になってしまいます。

 

【 立場に見合った金額を決める 】

 

・ 両親であれば7万円~10万円が平均的。
・ 兄弟なら5万円前後。
・ 叔父叔母や伯父伯母、祖父母であれば、1万円が相場。
・ 職場関係や友人など、一般会葬者なら5千円

 

一般会葬者の場合のお香典の準備なら、5千円が一般的であり、ほとんどがこの金額と思って間違えないのですが、親族のお香典の準備にはバラつきがあります。気持ちによっては3万円を出す方も多いのが特徴。

 

ただし、「死」や「苦しい」を連想させる4千円や4万円、9千円や9万円は避けた金額のお香典の準備をしてください。

 

お香典の表書き


お香典袋を選ぶ項では、「宗旨宗派によって袋も変わる」ことをお伝えしましたが、これは表書きも一緒。ただ、ほとんどの葬儀が仏教に倣っているため、多くのケースで間違えることは少ないのですが、キリスト教や神教であれば注意してください。

 

【 宗教によって変える、お香典の表書き 】

・ キリスト教の葬儀へ持参するお香典であれば、その表書きは「御花料」が適切。

・ 神教の葬儀であれば、「御玉串料」「御榊料」としたいところです。

 

…とは言え「確かあの方はキリスト教だったけれど…。」と、お香典の準備に少し不安があるケースも少なくありません。訃報も直接伺わない場合も多いですよね。「仏教式の葬儀とは限らない。」と言うお香典の準備なら、「御霊前」が最も安心できる表書きです。

 

 

表書きを書く道具


ここで気を抜いてしまう方も多いお香典の準備が、筆記用具。お香典の準備に限らず、冠婚葬祭を初めとするお金を包むものの全ては、ボールペンを使ってはいけません。それは中袋も同じ。

 

【 表書きを書く筆記用具 】

■ お通夜や告別式でのお香典の表書きであれば、薄墨の毛筆での表書きが最も丁寧です。薄墨は「悲しくて涙で薄くなった」墨汁を表すもの。毛筆の扱いが不安であれば、文具店の筆ペンコーナーを探せば薄墨のものも見つけることができます。

 

少し話はそれますが、この薄墨の表書き、間違えても慶事で扱ってはいけません。この薄墨が黒墨になる目安は、地域や宗派によっても様々ですが、一周忌の法事では黒墨にする方々が多いので、その点も頭の片隅に入れておくと便利です。

 

 

いかがでしたでしょうか、葬儀にまつわる他のマナーも、社会人になれば押えるべき重要なものですが、特にお香典の準備に関しては後々まで物として残ってしまうだけに、慎重にお香典の準備を進めたいもの。

 

事前にお香典の準備ができるので、万全にしたいですよね。

 

本記事の内容はお香典マナーの一部分ではありますが、それでも、ここさえ押えておけば、少なくとも失礼にはならない、基本の作法。まずは本記事の内容を押えておけば、お香典の準備に関しては安心です。

 

その他のお香典の準備マナーと言えば、中袋の書き方などがあります。今ではお香典袋を購入すると、その裏にマナーの基本が説明されているものも増えました。この部分も参考にしながら、堂々とお渡しできるお香典を準備してください。

 

地域性や関係性による違いもあるので、周囲への確認ができればより安心。故人を弔い、遺族に寄り添うためにも、マナーあるお香典の準備をしましょう。

 

まとめ

社会人が押える、お香典の基本マナー

・宗教に見合ったお香典袋を選ぶ
・金額に見合ったお香典袋を選ぶ
・立場や関係性によって、金額を決める
・表書きにも宗教による違いがある
・お通夜や告別式なら、薄墨の毛筆で書く
・ボールペンは使わない


soudan_bnr_600


free_dialshiryou_seikyu

新着記事

  • 仏壇を購入する時に気になること☆専門家が答えるQ&A
  • 沖縄のお墓をリフォーム☆決断する5つの目安とは
  • 沖縄の霊園でお墓参り☆集合墓でのお参りマニュアル
  • 沖縄の霊園でお墓を選ぶ。快適にお参りできるスタイル
  • 沖縄で人気のお墓を建てる☆今ニーズが高い5つのスタイル

カテゴリ

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp