改葬・墓じまいの事例 「改葬・墓じまい」を選ばれたお客様の、体験談をご紹介します
改葬だけでも大丈夫です

久米島からのお墓のお引越し

  • 沖縄県在住
  • 60代男性
  • ご利用プラン:
  • あんしんサポート10

2016年11月15日

  • 沖縄県在住
  • 60代男性
  • ご利用プラン:
  • あんしんサポート10
2016年11月15日

ご依頼者様の悩み

依頼者は久米島出身で現在は那覇市に在住。久米島町のお墓にお骨4柱あり、那覇市にある管理型公園墓地にお墓を購入したので、改葬(お墓のお引越し)のみを依頼したいとのことで、終活支援センターに来所されました。

改葬データ

改葬元久米島町
改葬先那覇市にある管理型公園墓地
相談開始から改葬まで約1ヶ月
改葬したお骨数4柱
位牌供養なし

本島から当財団の職員2人が、住職を連れて久米島に向かいました。

9時に久米島入りし、16時の便で帰る予定のため、時間が限られています。

当初予定していた草刈を、久米島にいる親族の方が当日までに刈ってくれていたため、お墓に到着後、すぐに出骨式を執り行うことができました。また、事前に改葬許可証の申請も行っていたため、出骨式後役場に向かい、すぐに取得することができました。

RIMG0178

↑依頼者は仕事のため立ち会いができないため、当日は久米島在住の親戚の方が大勢来られました。

RIMG0212

↑お一人ずつ、ご先祖様に手を合わせました。

RIMG0241

↑扉をノックし、「今から扉を開けますよ」とご挨拶をします。

RIMG0248

↑一番奥にあるご遺骨は再火葬が必要だったため、沖縄本島に移送後、後日再火葬を行いました。

 

ご遺骨は沖縄本島に移動のため、久米島にいるのが今日で最後になります。最後のお別れとして、ご遺骨を車に乗せて島を一周し、久米島を後にしました。

再火葬は翌日に行い、納骨日が決まるまで当財団の納骨堂で一時預かり後、納骨先である那覇市の管理型公園墓地までお届けしました。

ここがポイント
今回は離島からの出骨だったため、スタッフ2名分と住職の渡航費は、お客様の負担となりました。離島からの出骨はほとんど、日帰りで対応可能です。

担当者から

金城

テレビCMでよく見ているメモリアル整備協会の仕事を一目見ようと、7人の親族が立会いされました。日帰りで時間も限られていたため、無駄な動きがないよう入念に準備をし、改葬に挑みました。立会いされた親族の方からは、「スムーズに出骨法要を終えたので、素晴らしいね。」とおっしゃっていただきましたよ。

関連記事

  • 改葬から新墓のお祝い・ 納骨まで一日で!
    沖縄県在住 
  • 宮古島から本島のお墓へお引越し
    沖縄県在住 
  • 改葬後、一部のご遺骨は県外の霊園へ。
    兵庫県在住