のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

自筆証書遺言が「危険」な理由☆無効になる5つのポイント

自筆証書遺言が「危険」な理由☆無効になる5つのポイント
自筆証書遺言は、最も手軽に遺言者の意思を伝えられる方式ですよね。手数料も掛からないため、遺言書の内容を変えたい時には、すぐに変えることができる点でも、気軽な遺言書の方式です。

 

遺言書には自筆証書遺言の他にも、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があります。ただ、自筆証書遺言書以外の2種類では、それぞれに違いがあるものの、公証役場に提出しなければなりません。

 

そのため、一般的には自筆証書遺言書が用いられやすいですが、自分で作成して自分で保管する遺言書ですから、相続の時になって無効となることもあるのです。

 

そこで今回は、自筆証書遺言書を残すなら心得ておきたい、無効になりやすい事柄をいくつかお伝えします。

 

その他の公正証書遺言書や秘密証書遺言書に関しても少しお伝えしますので、より手軽に有効な遺言書を残したい方は、ぜひ参考にしてください。

 

→ 続きを読む…

秘密証書遺言とは☆他の遺言書との違い、5つのポイント

秘密証書遺言とは☆他の遺言書との違い、5つのポイント
秘密証書遺言は多くの遺言書のなかでも、あまり知られていませんよね。実は遺言書には「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の三種類があります。

 

「遺言書が見つかった!」などとドラマで良く耳にしますが、遺言書の存在を知らないまま相続が進められる可能性が高い遺言書は、「自筆証書遺言」です。

 

一般的には遺言書と言えば、この自筆証書遺言をイメージしますが、実際に真剣に遺言書を残そうとすると、必ずしも自筆証書遺言がベストとは言えません

 

しっかりと子ども達へ遺言書を残すなら、それぞれの特徴や知識も得て、自分にぴったりの方法で残したいですよね。そこで今回は、秘密証書遺言をはじめとした、それぞれの遺言書の特徴をお伝えします。

 

→ 続きを読む…

カテゴリー:
タグ:

民間の介護保険を選ぶなら。決断に役立つポイントとは

民間の介護保険を選ぶなら。決断に役立つポイントとは
民間の介護保険は入った方が良いのか…、悩む方も多いですよね。生活の専門家となるファイナンシャルプランナーの間でも、意見は人によって違い、賛否両論、と言うところではないでしょうか。

 

ただ漠然と民間の介護保険加入の可否に悩み続けるだけではなく、やはり現代の日本の公的介護保険サービスや、高齢者の介護の実態を知っておくことが判断材料になります。

 

とは言っても、インターネットやワイドショーで時折聞こえる、介護地獄…などなどを聞いて、ただただ暗くなってしまっては、今現在の暮らしが、未来への不安に潰されかねません

 

より具体的に、公的介護保険サービスの内容と、民間の介護保険の内容を確認して、いかに有事に補填するかを考えてみてはいかがでしょうか。

 

そこで今回は、悩むことの多い民間介護保険加入の可否と、もしも民間介護保険に入るなら、どのような種類があるのか…、決断のポイントをお伝えします。

 

→ 続きを読む…

カテゴリー:
タグ:

民間介護保険は入った方が良い?公的介護保険との違い

民間介護保険は入った方が良い?公的介護保険との違い
民間の介護保険には、入るべきかどうか悩む方が多いですよね。現在では生命保険やガン保険、うつ病を起こした時の保険まで、さまざまの商品があるため、そのなかでの介護保険の必要性は確かに悩ましい問題です。

 

ただ、介護への対策の場合には、民間の介護保険に入るかどうかに悩んだら、公的介護保険の仕組みを理解しておくと、より決めやすいかもしれません。

 

公的介護保険は日本国民であれば40歳以上は自動的に加入され、65歳までは特定疾患による介護状態の場合と範囲は狭いものの、65歳以上になると、ある程度の介護はフォローできます。

 

では民間介護保険に入ることで、どのような部分がフォローできるのか、公的介護保険との違いは何か…、詳細を理解してから、加入の有無を決断したいですよね。

 

そこで今回は、民間の介護保険への加入に迷っている方へ向け、公的介護保険との違いやそれぞれの概要をお伝えします。

 

→ 続きを読む…

カテゴリー:
タグ:

遠距離介護を成功させるコツ☆サービスを積極的に利用する

遠距離介護を成功させるコツ☆サービスを積極的に利用する
遠距離介護を決断すると、日本では多くの家族が少しの罪悪感を持ちますよね。けれども、実際には家庭の状況や被介護者の状態によっては、お互いに丁度良い距離があるからこそ、上手くまわることもあります。

 

それでも、遠距離で介護をすると言うことは、毎日の様子を逐次チェックしている訳ではないので、やはり心配になること、気になることも多いかもしれません。

 

けれども、遠距離で介護をしているために起きる不自由やデメリットは、現代では介護に関わるサービスを知り、賢く利用することで改善できることも多いのです。

 

例えば、携帯電話ではなく、スマホやipadを贈って活用すれば、顔を見ながら話もできて、背景にある部屋の様子で暮らしぶりを確認できますよね。

 

そこで今回は、遠距離介護を決断した時に知っておきたい、困った時に活用できる、いくつかのサービスをお伝えします。

 

→ 続きを読む…

新着記事

  • 自筆証書遺言が「危険」な理由☆無効になる5つのポイント
  • 秘密証書遺言とは☆他の遺言書との違い、5つのポイント
  • 民間の介護保険を選ぶなら。決断に役立つポイントとは
  • 民間介護保険は入った方が良い?公的介護保険との違い
  • 遠距離介護を成功させるコツ☆サービスを積極的に利用する

カテゴリ

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp