のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

おひとりさまの老後、家計の実態。日本人が陥りやすい罠

おひとりさまの老後、家計の実態。日本人が陥りやすい罠
おひとりさまの老後世帯が増えましたよね。そんななかで、おひとりさまの老後世帯で募る不安は、健康・お金・孤独、の三つだと言われています。

 

ですから40代50代に差し掛かってきたら、おひとりさまの老後実態を理解して、対策が取れると安心です。例えば「孤独」への対策では、地域のコミュニティーに積極的に参加する方法があります。

 

まだまだ元気な世代から地域のボランティアや活動に参加すると、自分が援助が必要になった時に役立ちますし、地域の活動に詳しくなるために、自然と困った時の対策もできる上、何より地域の人脈が生まれるのです。

 

「健康」では50代から趣味にもなる、ヨガやマラソンなどの運動を始める方もいて、共に仲間を作って孤独対策にもつなげる方も増えました。

 

そんななか、誰もが危機管理が行き届かない項目が「お金」です。お金の危機管理は老後生活をリアルに感じなければ、なかなか節約ができません

 

そこで今回は、おひとりさまの老後世帯の家計の実態のデータと、傾向をお伝えします。


お墓の引越し、改葬・墓じまい


 

おひとりさまの老後、家計の実態。
日本人が陥りやすい罠

 

おひとりさまの老後家計の平均値


早速ですが総務省が出している、平成28年度版の高齢単身無職世帯の平均的な家計(月額)をお伝えします。

 

【 おひとりさまの老後、高齢単身無職世帯の家計平均 】

 

① 食費 … 36,200円
② 住居費 … 12,402円
③ 光熱・水道費 … 12,643円
④ 家事用品 … 5,512円
⑤ 洋服代 … 4,217円
⑥ 医療費 … 7,967円
⑦ 交通・通信費 … 12,480円
⑧ 娯楽費 … 17,401円
⑨ その他 … 35,137円
⑩ 税金・社会保険など … 12,445円

 

合計 … 156,404円

 

…これがおひとりさまの老後家計の平均です。一方、年金の一般的な受給額の一例では、自営業で約9万円前後、サラリーマンで14万円前後(月計算)ですから、年金のみでは赤字家計になることが分かるのではないでしょうか。

 

 

おひとりさまの老後家計、住居費に差


ここで注目したい点は②の住居費です。総務省が出す平均値では住居費が12,402円となっていますが、老後の住居費は人によって大幅に違います。

 

【 おひとりさまの老後、それぞれの住居費 】

 

★ 公営住宅やすでに住宅ローンを完済済みの世帯でなければ、住居費用は大幅に高くなります。特におひとりさまの老後の場合、高齢者住宅や老人ホームなどを利用すれば、住居費は月々10万円を超えることも多いです。

 

・ 現役時代に賃貸を選んでいた場合には、住居費が負担になったら公営住宅への引っ越しもおすすめします。

 

公営住宅には一般に知られるものの他、高齢者や障碍者、母子家庭を対象とした「福祉住宅」や、所得の高い方々を対象とした住宅(都民住宅・特定優良賃貸住宅など)もあるので、所得や状況に合わせて検討してみてください。

 

 

年金生活を送る2人のケース


自分の年金額を調べるならネットで「ねんきんネット」に登録するのが、最も便利です。番号を登録するだけで、自分の将来もらえる年金が分かります。無料ですのでぜひ、試してみてはいかがでしょうか。

 

その上で自営業(国民年金)とサラリーマン(厚生年金)の方々の、実際の年金生活の事例をお伝えします。

 

【 おひとりさまの老後生活、家計の一例 】

 

① 自営業さんの年金生活の一例

 

・ 月々の年金受給額 … 94,000円
・ 収入(仕事) … 68,000円

 

合計 162,000円+貯蓄を崩して生計を立てています。

 

② サラリーマンさんの年金生活の一例

 

・ 月々の年金受給額 … 143,000円

 

合計 143,000円+貯蓄を崩して生計を立てています。

 

自営業さんの場合には、現役時代から自分で仕事をしていたために定年がありません在職老齢年金制度(一定額以上を稼ぐと年金が軽減・停止する制度)の範囲内で、自分で調整をしながら仕事をしていました。

 

一方、サラリーマンさんの年金は厚生年金が入るため、自営業さんの年金よりも何万円も高くなっているのが分かります。貯金を切り崩してはいますが、この事例では退職金もあります

 

 

住宅ローンの罠


このように、現役時代からおひとりさまの老後へ向けて、仕事や貯蓄を備えていれば、多くの方が恐れる老後破産に陥らずに済むのですが、今の日本で陥りやすい罠のひとつが、住宅ローンなどの返済です。

 

【 晩婚化が進む現代の住宅ローン事情 】

 

★ 現代では晩婚化が進み、30代後半や40代で住宅購入に踏み切る方々も増えました。そして住宅ローンの完済年齢も延長されたため、定年後も住宅ローンを払い続けなければならない世帯が増えています。

 

・ これから住宅を購入するのであれば、支払い可能限度額上限までムリをせず、定年退職後の返済計画も立てた予算で検討してください。

 

また、すでに住宅ローンを組んでいて、定年退職後も支払う計画があるのなら、現役時代に少しでも繰り上げ返済に努めて対策を取るよう、意識して家計を節約してみてはいかがでしょうか。

 

 

日本人が陥りやすい出費の罠


老後に備えなければならない40代50代の方々が、貯蓄ができない現状を調べていくと、「教育費」「医療費」「介護費」が上がります。

 

【 おひとりさまの老後への備えが一番! 】

 

① 教育費の罠 … ひと昔前とは違い、身の丈にあった教育費計画は不可欠です。子供の力を信じて、奨学金を狙ってもらったり、塾や習い事も「本当に必要なのか」冷静に判断してください。

 

② 医療費の罠 … 50代を超えると病気にもなりやすく思わぬ出費になりがちです。高額医療に関しても冷静な判断が必要ですが、民間の医療保険を利用する方法はおすすめです。

 

③ 介護費の罠 … 「両親の介護費で自分の老後対策ができなかった。」と、自分が老後になって老後破産に陥るケースが増えてきました。まずは地域包括センターで公的介護サービス範囲内で検討するようにしてください。

 

 

 

いかがでしたでしょうか、今回はおひとりさまの老後家計の実態と、対策を取るべき40代50代で、老後対策ができなかったケースで分かる「罠」をいくつかお伝えしました。

 

おひとりさまの老後や定年退職後の対策は、今までも多くお伝えしてきましたが、どの調査を見ても日本人の陥りやすい罠の先には「見栄」がありました。

 

これは地方ほどその傾向が強く、「隣の人は何する人ぞ」の言葉まである都心部の人ほど、自分の身の丈に沿った暮らしをしている傾向にあります。(ただ、周囲の目は気にせずとも、地域との交流は積極的に行うことはポイントです。)

 

お葬式ひとつでも、「立派な恥ずかしくない葬儀をしてあげよう!」と、ムリに200万円・300万円などの葬儀をあげ、葬祭ローンを組んでしまったりしますが、都心部ではシンプルな50万円ほどの家族葬を選んだりしています。

 

ぜひ、自分の暮らしも大切にした老後計画で、老後の暮らしを満喫してください。

 

 

まとめ

単身高齢者世帯の家計実態と注意点

・総務省調べでは月々の支出平均は約15万円
・住居費用で困ったら公営住宅も検討する
・自営業とサラリーマン、それぞれの老後計画
・定年退職後の住宅ローンは繰り上げ返済で対策
・教育費・介護費は冷静に判断する
・医療費は民間の保険で計画的に対策できる

 


遺骨・位牌の年間預り


free_dialshiryou_seikyu

関連記事

合わせて読みたい

人気記事ランキング

カテゴリ

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp