のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

沖縄でお墓を建てるなら石選び☆選択したい5つの条件

沖縄でお墓を建てるなら石選び☆選択したい5つの条件
沖縄でお墓では石材選びが建てる時の重要項目。大型台風が到来することで有名な沖縄。一年中湿度も高く、雨風への耐性が求められます。せっかく沖縄でお墓を建てるのなら、石材まで気を配り、長く美しく保ちたいですよね。

 

実際に、ひと昔前に建てられた沖縄のお墓の石材と言えば、コンクリートや琉球石灰岩などがありましたが、現在ではそのお墓の修復や修繕に頭を悩ませる墓主も多くなりました。

 

その時修繕すれば良い、と言う訳ではなく、もともと雨風に弱い沖縄のお墓の石材だと、一度ほころびが出ると、毎年の修繕を迫られるケースもあり、その出費が深刻な家も…。

 

できれば長く修繕の悩みなく、美しいお墓を保ちたいですよね。そこで今回は、沖縄でお墓を建てる際、意識したい石材の選び方とポイントをお伝えします。

 


soudan_bnr_600b


 

沖縄でお墓を建てるなら石選び☆
選択したい5つの条件

 

石材店を選ぶなら


沖縄で多い個人墓地のお墓。この場合には、自分達で石材店を選ぶことになりますが、そうなると信頼できる石材店は重要。専門家の知識や力を、借りることは不可欠です。

 

【 沖縄のお墓での石材選び☆石材店 】

 

★ 石材店を自分で選ぶのであれば、いくつかの候補をピックアップして、相見積もりを取りながら、営業担当者の様子を確認したいところ。

 

・ 契約を急いでいないか
・ 自分達の希望を、しっかりヒアリングしてくれるか
・ 現物(石材や墓石)を実際に確認できているか
・ 石材から施工まで、その石材店が責任を持っているか
・ アフターケアプランを提供してくれているか

 

…などなどが挙げられます。

 

ただ、近年増えつつある霊園などの施設であれば、信頼できる石材店と提携しているケースが多いので、霊園さえ選べばそのままスムーズに石材店も選べます。

 

 

沖縄のお墓の石材に必要な条件


冒頭でお伝えしたように、ひと昔前まではコンクリートや琉球石灰岩でも多く建てられてきた沖縄のお墓ですが、石材の問題により修繕・修復に悩む墓主が増えてきました。

 

これからお墓を建てるのであれば、沖縄のお墓に適した石材選びが、長持ちするためには何よりも重要。その条件とは、いったいどのようなものなのでしょうか。

 

【 沖縄でお墓、石材の条件 】

 

・ 硬度が高い
・ 吸水率が低い
・ 耐久性が高い

 

…などなど。

 

沖縄のお墓での悩みの特徴は、塩害、高温多湿、雨風による被害、の三つが挙げられます。このような沖縄の気候を踏まえた石材選びをすれば、後々の修繕・修復の悩みの軽減に繋がります。

 

 

沖縄のお墓、おすすめの石材


では具体的にどのような石材が、沖縄で重宝されているのでしょうか。何度か名前が挙がっている、琉球石灰岩は硬度が低く、塩害の被害により浸食が目立つ石材。コンクリートも経年劣化が目立ちます。

 

【 沖縄でお墓での石材☆おすすめ 】

 

★ 現在多く使われているのは「御影石」。御影石は硬度が高く吸水率が低い、沖縄のお墓の石材に必要な条件を満たしているのがポイント。

 

・ ただ、確かにコンクリートなどと比較すると、それなりのコストは掛かるかもしれません。

 

少しでも安く御影石を利用したいのであれば、お墓の値段の構造を理解して、予算と合わせて調整することがポイント。個人墓地であれば、自分で石材店を探しますから、相見積もりもひとつの方法です。

 

 

御影石にも種類はいろいろ


ひと口に御影石と言っても、値段から産地、色までその種類はいろいろ…。中国産の「青寿小目」から、日本産「庵治石」、インド産まで多くの御影石を選ぶことができます。

 

【 沖縄でのお墓、石材選び☆御影石の選び方 】

 

★ 御影石の種類は一説では何百種類もあるとか!それだけに多くの御影石の種類を、ランク分けしている会社も見られるほど…。

 

・ そのためランクもひとつの目安になりますが、自分で確かめて選ぶ時には、「模様が詰まっている(キメが細かい)こと」「硬さがあること」を意識して選ぶとバッチリ。

 

石材の金額は、その質はもちろんなのですが、産出量による相場もあるため、決して高い=質が良い、とも限りません。上質の石材を選びたい時には日本産を選ぶ方も多いですが、実際に見比べると納得して選べるのではないでしょうか。

 

 

石材の高さで迷ったら…


ただ、沖縄のお墓の場合、ともかく大きい!沖縄に限らずお墓は「石材の金額+使用料+施工料(デザインの複雑さ)」がひとつの目安ですので、当然、使用料が高ければ、お墓全体の金額も高くなることに…。

 

【 沖縄のお墓、石材選び☆価格を押さえる 】

 

★ ある事例では、昔ながらのお墓を建てるために六千万円掛かったとか…、そうも行かないので、コンクリートも多いのです。

 

・ 墓石自体を小さくする
・ 御影石のランクを下げる

 

…などなどの方法はあります。

 

霊園などでは墓石を小さくした、コンパクトな琉球墓デザインも多く見受けられますし、敷地を広くしながら墓石を小さくするケースも。御影石は多くを見て触ることで、金額ばかりに囚われず、良い石材を選ぶことも可能です。

 

 

 

いかがでしたでしょうか、今回は沖縄でお墓を建てる際に意識したい、石材の選び方をお伝えしました。いろいろポイントをお伝えしましたが、何よりも霊園業者や石材業者との出会いがポイント!

 

素人である購入者がいろいろな知識を得るのは、「信頼できる業者を選ぶ目を養うため」。ただ、この信頼できる業者選び自体が、なかなか難しいのです。

 

そのため、霊園施設や石材業者で信頼できる存在を見つけたら、悩みどころをどんどん相談するのが一番、やはり専門家にはかないません

 

そして本文中でもお伝えしたように、多くの石材に触れ、過去の実績を確認していくことで、自然と「この石材は良いかも…。」と判断できることも多いので、積極的に参加しながら、賢く選んでみてください。

 

 

まとめ

沖縄のお墓におすすめの石材とは

・霊園は石材店と提携していることが多い
・契約を急がず落ち着いた石材店を選ぶ
・沖縄でおすすめの石材は御影石
・キメが細かく硬い御影石を選ぶ
・墓石の大きさや、ランク選びで価格調整

 


soudan_bnr_600c


free_dialshiryou_seikyu

カテゴリー:
タグ:

新着記事

  • 納骨式の案内が来たら…。参列前に理解したい基本マナー
  • 納骨式を家族のみで執り行う。理解したい3つの「配慮」
  • 納骨式を行う費用の目安。墓主が準備する5つの項目
  • 納骨堂に決める時の流れ。選び方から契約までの手順とは
  • 納骨堂からお墓へ改葬。骨壺を移動する基本の流れ

カテゴリ

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp