のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

沖縄の終活で生前整理☆子どもと進めたいメリットとは

沖縄の終活で生前整理☆子どもと進めたいメリットとは
沖縄の終活では生前整理の項目は、少し優先順位が低いですよね。どちらかと言えば、お墓や位牌継承の問題、相続問題に注力している方が多いのではないでしょうか。けれども沖縄の終活をきっかけに生前整理を行うことを勧める経験者は多いのです。

 

沖縄で終活を通して生前整理を行い、「とても良かった!」と周囲に勧めている方の多くは「その後の暮らしがスッキリして、快適、シンプルになった。」と言う感想が少なくありません。そして「子どもとの仲が深まった…。」と言うものも。

 

相続やお墓が「死後の自分や家族」に対して行う比重が高い終活なら、生前整理は「残された生きている時間」のために行う比重が高くなる…、と考えれば、分かりやすいでしょうか。ならば残りの人生を充実させるためにも、生前整理を行いたいですよね。

 

そこで今回は、沖縄での終活を通して、生前整理を始める際に知っておきたい、特に片付けに焦点を当てた基本を、子どもと進めるメリットとともにお伝えします。

 


soudan_bnr_600b


 

沖縄の終活で生前整理☆
子どもと進めたいメリットとは

 

生前整理を始めるタイミング


沖縄の終活、生前整理は家によっては、まず最初に行いたい終活かもしれません。昔ながらの家などでは、押入れやたんす、土間などから、思っている以上に大量の物が出てくるもの…。

 

【 沖縄の終活、生前整理のタイミング 】

 

★ 何と言っても、まだまだ体が動く内に、早い段階で整理をしてしまうこと!

 

・ 生前整理と言っても生きるための整理。現在生きているなかで不必要なものを捨て、必要なものを残す、言わば断捨離をしている状況なのです。

 

この大きなメリット、一分一秒でも長く享受しない手はありません。ただし、どの年代でもやはり荷物は重く危ないことも多いので、子どもや家族とスケジュール調整をしながら進めると安心です。

 

 

生前整理を手伝ってもらう楽しさ


このように、家中を掃除することになる、沖縄での終活を通した生前整理では、若い手となる子どもや孫達に、助けてもらうのがおすすめ。

 

「親」を続けていると、ついつい素直にお願いをすることが出来ないこともありますが、ここは素直に甘えたいもの。「一緒に片付けをワイワイとすることで、楽しく親子の絆を感じる事ができた!」と喜ぶ声も少なくありません。

 

【 沖縄の終活動、生前整理を親子でするメリット 】

 

・ 今は疎遠になっている子どもとも、子どもが赤ちゃんや小学生時代など、昔の思い出の品々や写真を共に発見!見ることで、思い出が蘇り、絆が深まる体験談も。

 

・ 財産目録で見落としがちなのが、骨董品などの高級な品々。一緒に片付けをすることで見つけて、「これ、いつかもらっていい?」などと、気軽に会話が進み、よりカジュアルに形見分けができます。

 

・ 一戸建てなどの大きな家を、高齢の方だけで片付けるのは一苦労。さらには足腰も自分達が思っている以上に弱っているかもしれません。

 

などなどの、嬉しい体験談がたくさん報告されています。ただし、二項目目の形見分けは、兄弟などが皆いる場合でなければ、後々他の家族にも理解してもらえるよう、遺言書などに記しておくと、より安心ではないでしょうか。

 

 

物を捨てるポイント


普段片付け慣れない方にとって、沖縄での終活でも生前整理は大きな難関。実はこの生前整理で立ち止まってしまう方々は多いのです。けれども、日ごろの片付けとは違うのが、この沖縄での終活を通した生前整理。

 

「遺族が最も体力的に大変だったと感想を言うのは、遺品整理。」と言うアンケート結果にも配慮して、家族に負担を掛けないつもりで、出来るだけミニマムにする必要があるのです。

 

【 沖縄の終活、生前整理を進めるコツ 】

 

★ 「思い出の品・価値のある品・日常品」の三種類の山に分けた後、思い出の品は日付などを整理して、誰が見ても分かりやすいように整理。価値のある品はそのまま残し、日常品を断捨離していきます。

 

・ 「日常品」とは日々の暮らしのなかで、いつの間にか増えていくもの。例えば衣類や雑誌、本などなど。この際、捨てるかどうかを決めるために、「1年以内に使ったもの」「3年以内に使ったもの」「しばらく使っていないもの」に分けるのもアイデア。

 

1年と言えば春夏秋冬。洋服が一巡する日数です。ここで着ていなければ今後もその服は着ないかもしれません。このように、「何となく捨てられないけど、実は使っていない。」ものがあれば、思い切って処分も一案。

 

また、作業が得意な子どもがいたら、アルバムやビデオの編集などは、そのまま任せても良いかもしれません。

 

 

路頭に迷ってしまったら、専門家に頼る


このように家族と進めていけば、自然と家はスッキリと断捨離され、生前整理もまとまりが見えてくるはずですが、「片付け」や「掃除」の量によっては、家族総動員でも「どうしよう…。」と頭を悩ますことがあるかもしれません。

 

【 沖縄での終活、生前整理の専門家 】

 

■ 例えば終活の協会などでは、整理の専門家を紹介してくれたり、掃除関連の業者でも、掃除を請け負ってくれるので、相談してみるのもひとつの方法。

 

・ 自分達は、「捨てるか、捨てないか」だけをどんどん判断すれば良いのです。

 

また、大量のゴミ処理に困っているのなら、オフィスや家庭の引越し時などにお願いできる、ゴミ収集専門業者に連絡してみるのも良い方法。なかなか捨てられないパソコン類や粗大ゴミまで、まとめて回収してくれる、頼もしい存在です。

 

 

いかがでしたでしょうか、今回は親子で進めるメリットをお伝えしながら、沖縄の終活でも珍しい、生前整理の方法やコツについてお伝えしました。

 

部屋や家に必要な物だけが残され、スッキリすることにより、掃除ひとつをとってもシンプルに。暮らしに余裕が生まれるため、残された時間をより充実して過ごすことができるのが、生前整理の大きなメリット!

 

また家の様子と心の様子は連動している、とも言われるほど、もともと片付けは快適な暮らしのためのポイント。そのため、沖縄での終活では生前整理をきっかけにして、「今後の終活の段取りや、残りの人生でやっておきたい事を整理できた…。」などの声も多いのです。

 

そして、もしも家族が同居しているなら、思い切って生前整理を進めているものの、「あれ、いつの間に捨てちゃったの!」「あの置き物、好きだったのに…。」など、家族共通の品などに対して、後々思わぬ反応を受けることにも注意!

 

事前に「捨てないリスト」をそれぞれに準備をしてもらい、箱などに入れて守りつつ、生前整理を進めてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

生前整理を子どもと進めるポイント

・足腰が元気なうちに、生前整理をしてしまう
・家族との生前整理で、親子の絆を深める
・物の区分をしながら、捨てるものを決める
・どうしても難しければ、専門家を頼る

 


soudan_bnr_600c


free_dialshiryou_seikyu

カテゴリー:
タグ:

新着記事

  • 老後のお金を50歳から貯める!貯金0からの貯蓄術とは
  • 沖縄のお墓、門中墓。全国的なお墓との5つの違い
  • 沖縄での終活、今の傾向☆人生を演出する5つの事柄
  • 沖縄での相続、継承問題☆お墓を継承する時に理解したい事柄
  • 沖縄で改葬をする時。相談前に検討したい5つの事柄

カテゴリ