のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

墓じまいを決めた理由。迷う時に聞く3つの体験談

墓じまいを決めた理由。迷う時に聞く3つの体験談
「墓じまい」と聞くと、何となくどこかで罪悪感を覚えたり、悪い事のように感じてしまいがちですよね。確かに故人の声を聞くことができない分、墓じまいの決断に踏み切ることは思い切りが必要。

 

けれども時には「墓じまいと言う選択肢もある。」と思いながら、お墓問題に向き合うことで、ぐっと残された者の負担が少なくなることは多いのです。さらに終活が広がるなか、実際には残された者の想いとは正反対の意見、声が聞かれるようになりました。

 

高齢の方々が進める終活。そのなかで多く耳にするのは「子どもや孫に、自分達のお墓で苦労や負担を掛けたくない。」と言うもの。それは現在、お墓に入っているご先祖様も同じ想いなのかもしれません。

 

年々深刻になってきているお墓問題、さまざまな選択があるなか、墓じまいがベストなのか、いくつかの体験談を聞いて解消したいですよね。そこで今回は、実際に墓じまいをした、墓じまいによってお墓の問題を解消した3つの体験談をお伝えします。

 


soudan_bnr_600c


 

墓じまいを決めた理由。
迷う時に聞く3つの体験談

 

両親の遺骨を散骨


両親の家族墓を建ててから30年、自分達も高齢になり終活の一環も踏まえて、生前整理の一歩手前として「老前整理」を行っていた体験談です。老前整理と言うのは、老後の生活のなか、足腰が弱り掃除などがしにくくなることも想定して、持ち物をミニマムに断捨離すること。

 

夫が両親から引き継いだ一戸建てでしたので、今回ほど徹底的に掃除をしたのは初めてでした。

 

【 両親の意向に沿って、墓じまい 】

■ 両親が亡くなった時代には終活はなかったものの、30年経ってはじめて遺言書が出てきました。ただしすでに30年。相続も済ませている状態なうえに、自筆遺言証書としては、効力をもたない体裁…。

 

・ そのため、遺言書の内容のほとんどが希望に添えなかったことばかり。「あの時に見つけていればね…。」と言いながら、読み進めるとお墓の項目が。そこには、「遺骨は海に流して欲しい。」とあったのです。

 

もともと、自分達も高齢になったことで、自分達亡き後のお墓の継承を考えて、永代供養墓に改葬していた矢先でした。そこで今のお墓を墓じまいし、両親の骨を散骨しに夫婦で旅行してセレモニーをしたのです。

 

 

お墓の継承を頼まれたものの


沖縄に多い門中墓の事例です。両親は体験談の本人がまだ小さい頃に離婚。母親と2人暮らし、二人三脚で頑張ってきました。父親の親族や家族とは、ほとんど疎遠で成人式でも特に連絡はない、遠い関係性が続いています。

 

成人後は母親を支えつつ、母方のお墓を引き継ぐことになりました。…と言っても、お世話になった祖父母2人が眠るお墓。当時母とお金を出し合ってお墓を建て、後々は母や結婚した妻、子ども達と入ろうと考えていた矢先の体験談です。

 

【 父親の親族から連絡が 】

■ 離婚した父親の訃報が届き、参列。その後から、ほとんど疎遠だった父方の親族から連絡がくるようになったのです。

 

・ それから暫くして、父方の実家へ訪れた機会に、「皆娘ばかりで、あなたのお父さんが入った門中墓(位牌)を引き継ぐ人がいない。あなたが継承してくれないか。」と相談を持ち掛けれるに至ります。

 

とは言え、自分達にはすでに継承しているお墓があります。さらに父親は小さい頃に離婚していて、ほとんど面識はありません。結局、お墓の継承ができないことを伝え、墓じまいを提案しました。

 

父方の親族も最後まで継承者が見つからず、墓じまいを決断しました。取り出された遺骨は、父とその祖父母のみ、霊園の永代供養墓に改葬され、残りの遺骨を合祀墓に埋葬することで、落ち着いたのです。

 

 

多大な修繕費の繰り返し…


比較的大きいコンクリート作りの門中墓の事例です。昔から代々継承されてきた門中墓だった事もあり、まず海風が当たる偏狭の地であったことも、前々から話題にはなってきました。

 

毎年のお墓事では海風も強く、天気が悪いとお墓参りも大変だったのです。けれども、お墓を大切にしたい想いもあり、親族で管理をしてきました。ところが、10年前は少しだったお墓の修繕費が、年々膨らみ、大きな負担になってきていたのです。

 

【 コンクリートのヒビ割れ修繕 】

■ はじめはひとつ、ふたつだったヒビ割れ。できるだけすぐに修繕していたものの、今ではヒビ割れとの「イタチごっこ」に…。お墓自体も侵食が進み、毎年かなりの出費を要してきました。もうギブアップ状態だったのです。

 

・ そこでお墓の修繕業者に相談したところ、思い切って墓じまい、改葬を進められました。そこで親族間で話し合ったところ、「賛成」と言うことで一致。

 

ところが、「どこに改葬するか」の話し合いが進まず、なかなか改葬が進みません。そこで取り合えずの策として、古い遺骨は合祀墓に埋葬供養、両親の遺骨のみ、納骨堂に納めて墓じまいに至りました。

 

 

いかがでしたでしょうか、なかには「致し方ない…。」と思えるような、墓じまいの体験談もありましたが、残された者が大きな負担にならず解決するため、「墓じまい」と言う選択肢が頭の片隅にあっても良いのかもしれません。

 

墓じまいをして取り出された遺骨は、本文中にもあるように、霊園などの合祀墓に埋葬されるケースがほとんどですが、洗骨した後に粉骨してもらい、自宅や手元に置いて供養するスタイルも増えてきました。

 

ご先祖様や故人を大切に供養したい、お墓を大切にしたい気持ちはあっても、現代ではどうしても費用面で大きなムリが生じてしまったり…、と、生きている者がお墓によって苦労する事態も起きてきています。それでは本末転倒、とも言えますよね。

 

大切な事は、生きている者が故人を想い偲ぶ気持ち。現在ではさまざまな葬送方法、葬送プランが提案されるようになりました。柔軟な気持ちで、現在のお墓問題と向き合ってみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

墓じまいを決断した、3つの体験談

・両親の遺言書を発見し、意向に沿い海洋散骨
・縁の薄いお墓の継承を依頼されて、墓じまいを提案
・修繕・立替費用に追われ、親族で墓じまいを決断


soudan_bnr_600b


free_dialshiryou_seikyu

カテゴリー:
タグ:

新着記事

  • 仏壇を購入する時に気になること☆専門家が答えるQ&A
  • 沖縄のお墓をリフォーム☆決断する5つの目安とは
  • 沖縄の霊園でお墓参り☆集合墓でのお参りマニュアル
  • 沖縄の霊園でお墓を選ぶ。快適にお参りできるスタイル
  • 沖縄で人気のお墓を建てる☆今ニーズが高い5つのスタイル

カテゴリ

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp