のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

初清明祭で困った事。近年のお墓事情5つの問題と体験談

初清明祭で困った事。近年のお墓事情5つの問題と体験談
清明祭(シーミー)は沖縄に住む方々には、当然とも言える毎年の行事。どの家庭でも春になると清水祭のスケジュールが組まれたり、スーパーでは清明祭に向けたお供えものや道具が、陳列される光景を目にしますよね。

 

そして沖縄のお墓参り行事は他地域のものとは一味違い、門中墓にもなると門前に親族が大勢集まって、「ウサンデー」が行われることは有名!「ウサンデー」とは、他地域で言うところのお斎(おとき)。つまり法要後の会食なのですが、これが墓前で行われるのです。

 

他地域の出身者から見ると、遠足やピクニックのようでにぎやか。楽しそうに感じられますが、近年では変化しつつあるお墓事情から、何かと戸惑う墓主も増えてきました。特に新しくお墓を新調した際の初清水祭では、戸惑う体験談も少なくありません。

 

できればスムーズに問題なく、清明祭を行いないたいですよね。そこで今回は、初清明祭で困った体験談と、その解決策をお伝えします。

 


soudan_bnr_600


 

初清明祭で困った事。
近年のお墓事情5つの問題と体験談

 

個人墓地から霊園へ


沖縄のお墓と言えば個人墓地。それぞれの墓地を購入して、自分達でお墓を建ててきましたが、これが近年ちょっとした問題になっていることは、あまり知られていません。…と言うのも、無縁仏が増加傾向にあるのです。

 

昔なら本州へ移住する沖縄出身の若者も多くはなかったのですが、今ではより気軽に移住できる時代。会社の事情などもあり、遠くに住んでいる方々も増えてきたのも、その一因。

 

【 個人墓地から霊園へ 】

 

■ このような事情から、現在では新しく個人墓を建てることが規制される…、などの対策も見られるようになりました。

 

・ また個人でも、後継者が身近に住んでいなかったり、高齢になって管理が難しくなったり…、などの理由で個人墓地から霊園へ引越し(改装)する方々も増えています。

 

そのため、故人が亡くなって新しくお墓を建てる、と言う時に、よりスムーズに建てやすく衛生面や管理面でも安心できる、霊園を選択する方々が増えているのです。

 

 

よりコストの低いお墓が増加


さらに家かと間違えるような大きなお墓が、沖縄の名物でもありましたが、やはりコストも管理の労力もなかなかのもの…。地元に残る若者や親族が少なくなってきた最近では、よりコストも下げて小さめのお墓が好まれるようになりました。

 

【 狭い墓地スペースで賄う、新しいお墓 】

 

■ 昔ながらの大きな沖縄のお墓の多くは、大きすぎて管理が行き届かないことが少なくない上に、都心部からは程遠く、工程も厳しい偏狭にあることも…。

 

・ このような問題が墓主の高齢化とともに、目立つようになってきています。

 

外から見ていると、沖縄らしさを残す大きなお墓が少なくなって行くのは寂しいものですが、前述した理由に加えて、このような様子を見てきたり、身を持って体験してきた墓主にとっては、よりコストも低く管理のしやすい、狭いスペースでのお墓が増えているのです。

 

 

思いがけない初清明祭での問題


このような事情から、故人がなくなって新しく建てたお墓での初清明祭(シーミー)では、当日になって思わぬことに戸惑う墓主も…。清明祭の時期は皆同じですので、「隣りのお墓とバッティングしてしまった!」と言う体験談が多数!

 

【 隣のお墓と重なった場合 】

 

■ 近年増えてきたこの体験談では、お坊さんの読経の時間をずらして対応し、その後のウサンデー(会食)の際には、どちらかの家族が霊園内の芝生に移動していたり、霊園にある施設内スペースを利用した…、などの解決策が見られました。

 

・ 本州の霊園でも多くあるように、霊園施設には「お斎(おとき=会食)」のための部屋が用意されていて、予約ができることもあるかもしれません。

 

沖縄では墓前で食べるウサンデーが中心ですが、重なる可能性がある場合には、施設に問い合わせてみても良いかもしれません。

 

 

納骨堂や霊廟のケース


近年ではより身近で、気軽にお墓参りができるよう、納骨堂や霊廟に遺骨を納めるケースも増えてきました。ここで気になるのが、「納骨堂や霊廟でも、清明祭(シーミー)はできるのか?」と言う疑問。

 

【 納骨堂や霊廟での清明祭 】

 

■ 納骨堂や霊廟でも、清明祭はできる施設がほとんど。この場合、骨壷が納められているスペースを前にお墓参りを済ませ、別の広いスペースを利用して、ウサンデー(会食)を済ませる流れがスムーズです。

 

・ 時々、「今年の清明祭(シーミー)では、読経を依頼して供養をしたい…。」と願う方もいますが、これも事前にスケジュールを伝えておけば、問題のない施設が多いです。

 

ただし室内で読経をすることになるので、周囲への配慮も考えて、少し時期をずらして人の少ない時期に行ったり、事前に施設へ連絡しておく、などの手順も踏まえておくと、よりマナーも行き届き安心ではないでしょうか。

 

 

初清明祭の時期はいつ?


現代のお墓事情に限った問題ではないのですが、親族間で初清明祭(シーミー)を行う時期について、意見が食い違うことも…。これは地域的なものだけではなく、個人個人の考え方にもよることが多いので、難しいところではあります。

 

【 初清明祭の時期 】

 

■ 基本的には喪が明ける、一年忌(イヌイ)を目処に、清明祭も行ってください。ただし、地域や家庭によっては、「三年忌」とする方も確かに少なくありません。

 

・ 風習としては、清明祭(シーミー)はお墓参りでありながら、お祝いの要素も含まれているので、お正月と同じく、喪中は避けるべきではありますが、一年忌(イヌイ)以降のタイミングであれば、三回忌まで待っても大丈夫。

 

門中としては三回忌以降の初清明祭、と決まっても、寂しく感じられるのであれば、お墓を掃除しに行ったり、少し時期をずらして純粋なお墓参りに、家族や個人で行ってみるのも一案かもしれません。

 

 

 

いかがでしたでしょうか、「初清明祭で思わぬ事態が起きた…。」、なんて戸惑う方もいるかもしれませんが、お隣さん同士でバッティングしてしまった体験談では、「二つの家族(門中)が一緒になってウサンデーをした…。」と言う話も。

 

その時々に合わせて冷静になり対処すれば大丈夫!どうしてもスペースがなかったりと、困ってしまった時には、霊園であれば施設の管理者に相談してみるのも、良い方法。本文でもお伝えしたように、施設にスペースがあることも少なくありません。

 

さらに、より確実に会食をしたいのであれば、内地方式で近隣の会館や施設内スペース、お食事処で場所を予約してしまのもアイデア。ただしこの場合には、事前にある程度の人数の把握が必要です。新しいお墓でも初清水祭。故人のためにもさまざまな体験談を踏まえて、スムーズなものにしてください。

 

 

まとめ

近年の清明祭(シーミー)事情と解決策

・霊園のお墓が増えてきた
・狭いスペースに並ぶお墓が増えた
・清明祭で隣のお墓とスケジュールが重なることもある
・納骨堂でも法要や清水祭はできる
・基本的には喪明けの一年忌後が初清水祭り


soudan_bnr_600c


free_dialshiryou_seikyu

新着記事

  • 仏壇を購入する時に気になること☆専門家が答えるQ&A
  • 沖縄のお墓をリフォーム☆決断する5つの目安とは
  • 沖縄の霊園でお墓参り☆集合墓でのお参りマニュアル
  • 沖縄の霊園でお墓を選ぶ。快適にお参りできるスタイル
  • 沖縄で人気のお墓を建てる☆今ニーズが高い5つのスタイル

カテゴリ

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp