のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

沖縄での葬儀の費用。その目安と賢く貯める5つの方法

沖縄での葬儀の費用。その目安と賢く貯める5つの方法
沖縄で葬儀を執り行う際、時には200名を越える会葬者への対応が必要など、思う以上に費用が掛かることも少なくありませんよね。突然の訃報でバタバタとしたまま始める通夜や葬儀、ついつい、沖縄の葬儀社の方から提案されたまま流れてしまいがち。

 

喪主であると言うことは身近な家族の訃報であり、悲しみのなかで執り行うことになります。そんな時には、気は張っているものの、人によってはさまざまな事…、特にお金の事にまで頭が回らなくても仕方がありません。

 

けれども、祭壇はもちろん葬儀プランも青天井。ただただ周囲に任せてしまい、後になってローンの支払いに悩むことは避けたいですよね。故人も、それを望んでいるとは思えないもの…。

 

そこで今回は、突然の時にも冷静に選択できるよう、日頃から考えておきたい、沖縄で葬儀を執り行う際の費用の目安と、ローンや積み立てのポイントをお伝えします。

 


soudan_bnr_600


 

沖縄での葬儀の費用。
その目安と賢く貯める5つの方法

 

沖縄で葬儀を行う費用


沖縄での葬儀と言っても、その費用は実は千差万別。大まかに言えば200名ほどの会葬者を招待して、斎場を使って沖縄で葬儀を行った事例では70万円前後、ごく身内の家族や友人、知人と執り行った葬儀では30万円前後のものもありました。

 

【 沖縄での葬儀、費用目安と調整する物 】

 

■ 沖縄の一般葬、200名前後の目安では、斎場代金が15万円前後、お坊さんへの8万円前後のお布施や、新聞広告代金(訃報欄)への掲載料金や火葬料などを含めて、80万円と考えておくと納まる事例が多いです。

 

・ ただし、故人の遺志や遺族の希望で、花葬や音楽葬と言った特別な演出があれば金額も高くなるもの。また、祭壇は上質なものを選べば、より高くなりますので、上を見ればきりがない…、とも言えます。

 

反対に最近では費用を抑えるための「シンプル葬」も見られるようになりました。無宗教として、お坊さんを呼ばずに終わらせたり、香典を辞退して香典返しを用意しないケースでは10万円(直葬など)~30万円前後のものも見受けられます。

 

 

葬儀だけではない!掛かる費用


ただ、沖縄の葬儀で費用を抑えることができても、その後にはさまざまな場面で料金が発生することは覚えておきたいところ。例えば、沖縄で位牌を仕立てなければならない日は、四十九日(シジュウクニチ)。あっと言う間です。

 

【 沖縄で葬儀の他に掛かる費用 】

 

・ 位牌
・ 仏壇
・ お墓
・ 仏具

 

…などなど。

 

位牌にしろ仏壇やお墓にしろ、すでに門中に入っていて、決まっている門中墓に入る場合には費用なく、葬儀当日に納骨まで済ませることになりますが、門中墓に入れない、入らない場合には、お墓や仏壇、位牌まで、さまざまな費用が掛かります。

 

 

沖縄の葬儀ローン、メリットとデメリット


この際、根気良く手続きを踏めば大丈夫ではあるのですが、通夜や葬儀の際に故人の口座が凍結しているケースも、考えなければなりません。

 

例えば故人の口座で生活費を管理していた場合など、突然の訃報で口座が凍結してしまい、お金を引き出すことができなくなるのです。そうなると通夜や葬儀を執り行うことさえ危ぶまれるように感じますが、葬儀社では葬儀ローンを提案されることも…。

 

【 沖縄の葬儀ローン、メリットとデメリット 】

 

■ このような事例ではなくても、突然の葬儀、費用が賄えないことも多いもの。そんな時には沖縄では葬儀ローンでお金を借りるのが一般的。

 

・ 葬儀ローンのメリットは、審査が早くすぐにお金が借りられる(2時間~3時間)ことと、葬儀目的と言うことが分かっているため、比較的高額のローンができること。

 

一方、葬儀ローンは金利が比較的高め。金利は8~18%ですので、時間などに余裕があり、審査も通ると考えるなら、フリーローンや多目的ローンの方が、よりお得ではあります。

 

審査は葬儀ローンよりは厳しくはなりますが、金利で考えるならばクレジットカード母体の葬儀ローンは避けたいところです。

 

 

葬儀の積み立て、互助会のメリットとデメリット


そこで日頃から葬儀の費用について考えてきた方々は、葬儀の積み立てを検討する方々も多いですよね。そのためか、冠婚葬祭互助会(互助会)や葬儀積み立てなどの商品も、耳にすることがあるのではないでしょうか。

 

葬儀の積み立ては本来、銀行や郵便局で口座を設けて、葬儀用に積み立てれば良いものではあります。互助会は本来日頃から積み立てを行うことで、イザと言う時に葬儀が割安で執り行える…、と言うのが売り。

 

【 互助会に入るなら 】

 

★  けれども実際に利用する際には、「決められた葬儀プランしか利用できなかった。」と言う声もありました。

 

・ 互助会を利用するならば、入る時点から利用できる葬儀会場かどうか、その設備を確認するのがポイント。

 

また、互助会は葬儀だけではなく、成人式や結婚式、仏具の購入など、臨機応変に活用できる点も理解しておくと、活用できるのです。

 

 

終活から始める、葬儀費用の準備


終活を始めると、このような葬儀の費用やお墓まで、さまざまな場面でお金が掛かることを実感するもの。そのため「子ども達に負担を掛けたくない。」と、生前から葬儀やお墓の費用を積み立てる方々も少なくありません。

 

【 葬儀費用を準備するなら 】

 

★ ここで注意しておきたいのが、「自分が亡くなって口座が凍結された時のために。」と子どもの名義で葬儀費用を貯めているケース。

 

・ 口座名義が子どもなので、そのまま子どもが自由に使えるように思えますが、「名義預金」口座として、これも相続財産の一部として凍結されることがあるのです。

 

もしもまとまった金額を葬儀やお墓の費用のために残したいならば、葬儀信託などを利用するのも一案。その他、正式な遺言書を作成しておき、その執行人に子どもを指定することで、口座の凍結が速やかに解消する方法もあります。

 

 

 

いかがでしたでしょうか、沖縄での葬儀とは言えムリをせず、予算に合わせた葬儀を執り行うことが一番。故人もそれを望んでいるはずです。ただ、事前に葬儀費用の相場を知ることで、事前に備えて納得できるお葬式を執り行うこともできますよね。

 

悲しい事ではありますが、人はいつかは亡くなるもの。その準備をタブー視せず、学校進学や結婚式と同じように、葬儀についても詳しく調べて知識を得たり、そのための準備を整えるだけで、突然のことにも対応できるのかもしれません。

 

特に葬儀の費用は「タブーだから。」と目をつぶっているには、少し大きな金額。葬儀ローンで後々の暮らしが厳しくなることは、避けたいもの。本記事を参考にしながら、今から少しずつ備えていくのも良いのかもしれません。

 

 

まとめ

葬儀の相場と、ローンや貯蓄の基礎知識

・葬儀の費用は100万円あれば、賄える
・お墓や仏具、位牌などの費用も掛かる
・葬儀ローンより多目的ローンの方が金利が安い
・互助会に入るなら納得できる会場を持つところ
・子どもへ残す積み立てでは、名義預金を避ける

 

 


soudan_bnr_600b


free_dialshiryou_seikyu

カテゴリー:
タグ:

新着記事

  • 沖縄での相続、継承問題☆お墓を継承する時に理解したい事柄
  • 沖縄で改葬をする時。相談前に検討したい5つの事柄
  • 【沖縄の御願、歳時記】火の神(ヒヌカン)の仕立て方
  • 【沖縄の御願、歳時記】独立した家で祀りたい、ヒヌカンとは
  • 沖縄での納骨トラブル。お墓にまつわる5つの注意点

カテゴリ