のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

葬儀を執り行う手順。喪主が理解する7つの基礎知識

葬儀を執り行う手順。喪主が理解する7つの基礎知識

葬儀を喪主として進行することは、長い人生のなかでもそうそう起きる経験ではありませんから、突然のことに「何をどうすれば良いのか…。」と戸惑いますよね。

 

冷静に動いているように自分では思っていても、やはり喪主だけに、悲しみや動揺もあります。仕事や日常の事柄は段取りが良い方でも、どうしても、いつものようには行かないのが常ではないでしょうか。

 

そんな時、やはり信頼のおける葬儀社のサポートはとても心強いです。それでも喪主や、喪主だけではなく、周囲の遺族も、葬儀全体の流れと段取りを知ることはとても大切です。まずは、自分が何をすれば良いのか、確認したいですよね。

 

そこで今回は、葬儀を執り行うに当たり、喪主としてどのように進めて行けば良いのか、故人が亡くなってから葬儀までの手順を解説します。段取りを確認しながら、葬儀社スタッフや周囲の人々と、故人を温かく見送ってください。

 


soudan_bnr_600b


 

葬儀を執り行う手順。
喪主が理解する7つの基礎知識

 

まずは葬儀社に連絡を


親族間で喪主を決めたら、やはり最も頼りになるのは葬儀社です。まずは葬儀社に連絡をして、一緒に通夜や葬儀まで進行を相談するのが一番。

 

【 葬儀社へ連絡する時 】

■ 葬儀社と病院双方に、故人のフルネームの他、亡くなった病院(搬送する葬儀社)と搬送先(搬送日時)を伝えてください。

 

告別式を行うに当たり「死亡診断書」が必要です。故人が病院で亡くなった場合には、その後の手続きもそんなに難しくはありませんが、家で亡くなった場合には、警察の立ち入りと難しくなります。真っ先にかかりつけのお医者様に連絡をするか、救急車で搬送するのが一般的です。

 

ご遺体を受け入れるまで


ここでご遺体の搬送先ですが、ひと昔前までは故人に馴染みのある、自宅がほとんどでしたよね。昔ながらのお通夜は自宅の一室で、一晩中お線香をあげていました。

 

【 ご遺体の搬送先 】

■ けれども最近ではマンションなどの家事情から、自宅へ搬送できない事例も多いです。その場合には、葬儀社や斎場の遺体安置所や保冷庫を借りることが多いのです。

 

ただし、最近では遺体安置所の確保も難しくなっています。通夜が早い段階で執り行える場合には、自宅で安置することも多いです。

 

 

次にお寺へ連絡を入れる


ここでお寺へ連絡を入れます。もちろん通夜や告別式での供養もありますが、まずは枕経をお願いする旨を伝えてください。

 

【 枕経 】

■ 故人が亡くなってすぐ、まず最初に唱えるお経です。本来はもうすぐ死を迎える人へ、少しでも心穏やかに死が迎えられるよう、唱えられたお経ですが、現代では最初のお経としての役割を持っています。

 

 

通夜や葬儀について相談する


ここで初めて、葬儀社、お寺の僧侶双方に、今後の通夜や葬儀の相談をすることになります。最近では「終活」も広まり、細やかに決まっている場合もありますが、ここで初めて検討するならば、下記の2点をまず決めてください。

 

【 通夜や葬儀の相談 】

・ 一連の葬儀の見積もりをもらう。
・ 見積もりに含まれている内容を確認する。

 

金額はもちろんですが、「何が含まれているのか」はとても重要です。葬儀の金額の他、お花や祭壇、それぞれにまず予算を立ててから見合うものを選んでください。

 

 

周囲に訃報を知らせる


お通夜の日程が決まったら、ここで周囲に訃報を知らせます。この時、葬儀社では故人の遺体を清めて死装束に着替えをし、納棺をします。

 

【 周囲へ訃報の知らせ 】

■ ここで特に急ぎ連絡したい方々がいます。まずは弔辞をお願いしたい相手、そして、葬儀を行うにあたり手伝ってもらいたい相手には、早急に連絡をしてください。

 

葬儀社のスタッフが代わってくれることも多いですが、お手伝いには受付や接待係、駐車場係があります。遺族は出棺時に遺影を持つ人や遺骨箱を持つ人など、それぞれの役割も決めなければなりません。

 

 

精進料理の手配


通夜や告別式の法要後には、精進落としがあるため会食の準備が必要です。葬儀社のプランに入っていることも多く、葬儀場であれば会場と料理まで、手配してくれている場合も多いです。

 

【 精進料理の手配 】

■ 自宅やお寺の会場などで葬儀社の手配がない場合には、仕出し料理店などへの手配が必要です。1人5,000円~10,000円を目安に、用意してください。

 

葬儀では参列者の人数が前後することは多々ありますので、多めに準備をしておくと安心です。

 

 

通夜や告別式に向けての準備


最後に通夜や告別式に向けての、喪主の準備が必要です。喪主自身の服装はもちろん、遺族全員の服装にも気を配り、供花が届いたら贈り主や並び順も確認しなければなりません。

 

【 喪主が行う、当日の準備 】

■ また、「喪主の挨拶」の文面を準備する必要があります。

 

インターネットで調べても、いくつかの定例文や構成のマナーが調べられますし、書店でも喪主の挨拶に関する本がいくつかあります。さほど長くはありませんが、喪主の挨拶では参列者に失礼があってはなりませんから、事前の準備は不可欠です。

 

 

いかがでしたでしょうか。突然、喪主を勤めることになる時、悲しみも束の間、押し寄せるやらねばならない事柄の数々に、頭もいっぱいになってしまう遺族も多いです。けれどもここは、喪主ひとりが頑張らなければならない場面でもありません。

 

遺族をはじめ、周囲の人々に充分に協力を仰いで、落ち着いて、ひとつひとつを丁寧にこなせば、真心の込もった葬儀を執り行うことができます。そして、信頼のおける葬儀社は、とても心強い存在でもあるため、何でも相談しながら進めるのも大切です。

 

また、故人亡き後は「死亡診断書」を七日以内に提出しますが、この死亡診断書が受理されると、故人が契約していた銀行口座などは締結されてしまいます。葬儀で必要な費用も出てきますので、事前に引き出しておくなどの準備も重要な事項のひとつ。

 

本記事を参考にしながら、落ち着いて周囲の力を借り、真心の込もった葬儀を進行してください。

 

 

まとめ

喪主が行う葬儀の手順

まとめ箇条書き挿入・葬儀社に故人の氏名と病院、搬送先を連絡
・遺体の安置場所を確保する
・僧侶へ連絡し、枕経を依頼する
・通夜と葬儀の見積もりと内容を検討する
・訃報とともに弔辞やお手伝いの依頼をする
・精進落とし(通夜振る舞い)の手配をする
・喪主の挨拶の文面を準備する

 

 


soudan_bnr_600c


free_dialshiryou_seikyu

カテゴリー:
タグ:

新着記事

  • 沖縄での相続、継承問題☆お墓を継承する時に理解したい事柄
  • 沖縄で改葬をする時。相談前に検討したい5つの事柄
  • 【沖縄の御願、歳時記】火の神(ヒヌカン)の仕立て方
  • 【沖縄の御願、歳時記】独立した家で祀りたい、ヒヌカンとは
  • 沖縄での納骨トラブル。お墓にまつわる5つの注意点

カテゴリ