のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

沖縄で家族葬を小さく行う。選択した人の、3つの注意点

沖縄で家族葬を小さく行う。選択した人の、3つの注意点 沖縄では家族葬の名前は聞くものの、実際に執り行うとすると、まだまだ広まってはいませんよね。特に沖縄の場合、荼毘広告を掲載して、関わりのある多くの方々が会葬する風習もありますから、あまり小さいお葬式も思い付かないもの。   けれども近年では、終活をしていた故人本人の意向や、若い世代を中心に、「本当に近しくお付き合いをしてきた人々だけで、温まる葬儀を行いたい。」と、沖縄でも家族葬の選択をするケースが見受けられるようになりました。   せっかく親しい人々のみで穏やかに送り出す家族葬を選ぶのなら、寂しく感じない温かなものにしたいですよね。そこで今回は、沖縄で家族葬を執り行う際、後々まで悔いの残らない温かな葬儀にするための注意点と、価格帯の目安をお伝えします。  


soudan_bnr_600b


 

沖縄で家族葬を小さく行う。 選択した人の、3つの注意点

 

沖縄での家族葬、業者選びまで


沖縄でも家族葬を執り行うケースは年々増えてきましたが、まだまだ終活を通して故人本人が葬儀社と生前契約をしている場合が多いため、そもそも葬儀社選びをすることなく、家族葬に移る体験談を良く見掛けます。   ただ、同じく故人の希望であったとしても、それが遺言書であったり、エンディングノートで記してあるだけで、具体的に進めている訳ではないことも…。そんな時には、早い段階で沖縄で家族葬に詳しい葬儀社を選ばなくてはなりません。  

【 沖縄での家族葬、急ぎの業者選び 】   ■ Aさんの体験談では、病院の霊安室に故人の遺体を安置できる時間が限られていたため、思うように葬儀社の比較検討が出来なかったのですが、いくつかの葬儀社をピックアップし、ネットの口コミを参考にしました。   ・ ネットでの口コミでも、賛否両論交わされていた掲示板を参考にしたところ、ピックアップした中から、あまり評価が高くない葬儀社と、比較的満足しているらしき葬儀社の名前を発見し、比較的評価が高い葬儀社を選ぶことができました。  

また、お金の支払いや選択を急かすような担当者の場合は、ちょっと気を付けて打ち合わせをしたいところ。   沖縄でも家族葬はまだまだ新しい葬儀スタイルですが、そのお陰もあって思っている以上に多くの家族葬プランがあるので、プランまでチェックすると、より安心です。    

沖縄での家族葬、さまざまな葬儀プラン


故人が亡くなってすぐ、半日~一日以内には葬儀社を決定して病院から移送し、その夜もしくは翌日の夜には通夜が行われるのが、昔からの流れ。そのため喪主となる遺族はまだ、心の整理が付いていないことも多々あります。   けれども葬儀社との打ち合わせは、最も大切なポイント。後々まで心にしこりを残す体験談も中にはあるので、もしも自信がなければ親族を呼び、しっかりとチェックしながら、プランを選ばなければなりません。  

【 沖縄で家族葬、葬儀プランのチェック 】   ■ 近年の沖縄での家族葬は価格帯もプランも多種多様。ひと口に沖縄で「家族葬」と言っても、20万円前後のものから100万円前後のものまで、さまざまに見受けられるもの。   ・ ただ、安ければそれなりに、安く押さえるべきところがあるのは否めません。祭壇があまりにも簡易的なものであったり、祭壇のお花を安く押さえているために、いざお葬式となると、物足りない寂しいものになってしまったり…、と言う体験談も。  

祭壇や会場、読経をお願いするお坊さんの手配まで、ここで確認し、安いプランを選んだ場合には、こだわる点を自分を優先順位として、内容欄をチェックしてみてください。    

沖縄で家族葬をする際に決めたいこと


このように比較的価格帯も安い家族葬だからこそ、葬儀社との打ち合わせ時には内容まで入念に確認したいものですが、そもそも、沖縄での家族葬の場合、出来れば打ち合わせ前に決めておきたい事柄があります。  

【 沖縄での家族葬、事前に決めたい事柄 】   ① 参列者の人数 ・ 正に家族のみ、周囲には伝えずに執り行うか、親族まで呼ぶのか…、ごく親しい友人や知人まで呼ぶのか、人数によってプランも値段も変わるため、先に決めるとスムーズです。  
② 荼毘広告の有無 ・ 沖縄での家族葬ですので、大勢の参列者が来る可能性も…。少人数対応のプランでは対応出来ないこともあるため、荼毘広告は載せない事例は多くあります。載せる場合には「会葬はお断りしております」などの一文が必要。  
③ お香典受け取りの有無 ・ 沖縄に限らず家族葬の場合、ごくごく身内の方のみが集まる葬儀スタイルですから、お香典を辞退し、その代わり香典返しも用意しないケースもあります。  

特にこの三点を遺族で話して決めた上、前項でお伝えした「こだわり」を確認してから打ち合わせに入ると、より納得出来るお葬式が執り行えるはずです。    

沖縄での家族葬の目安


一般会葬者の対応に追われず、故人との最期の時間をじっくりと噛み締めたい…、そんな想いで選ばれることが多くなった沖縄での家族葬。ただ選ばれる理由には、葬儀スタイルの魅力の他に、価格帯の安さもひとつの理由。   前項でも少し金額について触れていますが、もう少し価格帯の目安をお伝えします。  

【 沖縄での家族葬、価格の目安 】   ■ ひと口に家族葬と言ってもピンからキリまで。20万円前後のものを選ぶと、時に家族葬と言うよりは「シンプル葬」に近いものも見受けられます。それなりにしっかりとした葬儀にするなら、50万円は見ておくと良いかもしれません。   ・ シンプル葬とは名前の通り、昔で言う直葬も入っていて、ごくごくシンプルに行う葬儀。火葬にちょっと葬儀をプラスしたようなタイプもあります。  

お葬式の満足度はやはり葬儀社との相性、葬儀プランをしっかりと見ること。気になる部分を補うことで、結果的にそれなりの金額になることも多いので、打ち合わせ段階でトータル金額を提示しながら、内容まで確認しておきたいところです。     いかがでしたでしょうか、まだまだ沖縄では家族葬が広く認知されている訳ではありませんから、ひと口に「家族葬」と言っても、その内容は多種多様。一般葬に近いものもあれば、直葬に近いものもあり、その振り幅は広いと言えます。   そんな中での沖縄での家族葬ですから、「何故、家族葬を選んだのか。」を確認しながら、自分達の納得出来るものを選びたいもの。葬儀費用を抑えるなら、例えば小さいながらも自宅でしめやかに葬儀を行うのも一案。   会場や祭壇の費用によって大きく価格帯は変わるものの、広い貸し会場で安い祭壇が並んでいると、「何とも寂しかった…。」と言う体験談もあるからです。人数に見合った会場でそれぞれがアレンジ花を持ち寄り「花葬」になった体験談も。   本記事を参考にしながら、自分たちらしく故人を見送ってください。   まとめ

沖縄で温かな家族葬を行うポイント

・急ぎの葬儀社選びでは、ネットの口コミも有効 ・葬儀プランは金額の他、内容までチェックする ・人数・荼毘広告・お香典について決めておく ・シンプル葬寄りか一般葬寄りかで価格も決まる

 


soudan_bnr_600c


free_dialshiryou_seikyu

カテゴリー:
タグ:

新着記事

  • 沖縄での相続、継承問題☆お墓を継承する時に理解したい事柄
  • 沖縄で改葬をする時。相談前に検討したい5つの事柄
  • 【沖縄の御願、歳時記】火の神(ヒヌカン)の仕立て方
  • 【沖縄の御願、歳時記】独立した家で祀りたい、ヒヌカンとは
  • 沖縄での納骨トラブル。お墓にまつわる5つの注意点

カテゴリ