のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

沖縄で生前墓、終活で建てるなら。スムーズに進む手順

沖縄で生前墓、終活で建てるなら。スムーズに進む手順

沖縄での生前墓、終活をしている方々であれば、自然に受け止めることができるかもしれませんが、なかなか一般的には広がっていないこともあり、「えっ?」と驚く方も多いですよね。

 

けれども実は、終活をしている方々にとっては言わば「常識」。終活の大きなイベントでもあるのです。生きている時の住まいがマイホームなら、亡き後の最期の住まいがお墓、と言った感覚でしょうか。

 

生前墓はそもそも、寿陵墓と呼ばれて縁起の良いもの。生前にお墓を建てることで、ひとつ得を積むとされているので、ひと昔前に避けられていたような、タブーでもないのです。

 

そう考えると、最期の時まで自分の選択ができるお墓、沖縄でも生前墓を終活で建てられるなら、探してみたいですよね。そこで今回は、沖縄で生前墓を終活を通して建てたい方々へ、基礎知識と流れをお伝えします。

 


soudan_bnr_600c


 

沖縄で生前墓、終活で建てるなら。
スムーズに進む手順

 

生前墓とは


沖縄では生前墓も終活をしている方でない限り、あまり聞かない言葉かもしれません。もともと、歴史的には王家などで扱われる「寿陵墓」などから、この考え方が広まってきました。

 

【 沖縄で生前墓、終活で建てる① 】

 

★ 生前墓とは寿陵墓(じゅりょうぼ・じゅりょうばか)とも言われ、名前の通り生前に建てるお墓のこと。

 

・ そのため、本人が生前に自分で、理想のお墓を選ぶことが出来る、と言うのが何よりのメリットであり、特徴。

 

霊園などでお墓を見学すると、墓石の彫刻の文字が朱色に塗られているものを、見掛けたことはないでしょうか。あれが生前墓(寿陵墓)です。

 

 

生前墓が終活で支持される理由


沖縄に限らず生前墓は、終活の流れのひとつ。多くの方が生前墓、葬儀の生前契約、相続の三つの柱を軸に、終活を進めています。少し前ならば、生前にお墓の事を話すのはタブー視されて来ましたが、やはり金額的にもコストが掛かるもの…。

 

【 沖縄で生前墓、終活で建てる② 】

 

★ 沖縄では生前墓は、終活をしている高齢の方々により広まった感があります。

 

・ 「子供や孫に経済的な負担を掛けたくない。」「門中墓には入らない」と決断するケースが増えてきました。

 

特に「門中墓には入らず、自分の世代からお墓を建てたい。」と言う方が目立つのが特徴。さらに、自分亡き後の葬送のイメージを持つことが出来るため、「より穏やかに生に向き合える。」と言う意見も多く見受けられます。

 

 

生前墓を検討する前に


このように沖縄では生前墓を、終活を通して検討し始めるケースがほとんどなのですが、終活が広まってから時が経ち始めた今、いくつかのトラブルが発生しているのは確か。

 

そこで、そのトラブルを参考にした、いくつかの注意点をお伝えします。

 

【 沖縄で生前墓、終活で建てる③ 】

 

★ 家族、そして親族の理解を得て、自分亡き後にも事情が分かる家族を複数人、残しておくと、安心。一人では負担が大きいので、複数の人に、その詳細を説明しておいてください。

 

・ 沖縄で生前墓を終活で決める場合、特に門中への理解を得てからの購入は必須。と言うのも、従来沖縄では納骨式は告別式当日に行われるからです。

 

ただでもバタバタしている告別式当日に、門中墓に入ると思っていた、などとトラブルの種を作っては、残された家族が困ることに…。事前に親族・家族に理解を得て、公認で進めていくのがベストではないでしょうか。

 

また、複数人の理解を得る理由は、一人では賛同者がいない場合に孤立する恐れがあるため。やはり理解者は複数いた方が、より伝えやすいのかもしれません。

 

 

生前墓を建てる場所を決める


沖縄では生前墓を終活を通して建てるなら、まず「どこに」建てたいか、と検討しなければなりません。昔ながらの個人墓地か、それとも近年ポピュラーになっている霊園か…。自分の状況を考慮して、安心できるものを選ぶのが一番!

 

【 沖縄で生前墓、終活で建てる④ 】

 

★ 個人墓地 … この場合には、後々まで継承者がいることを確認してから決めると安心。

 

・ 現在の門中墓を生前に改葬したい、などの理由で、親族が多く集まる可能性が高いのであれば、広いスペースが取りやすい個人墓地は便利です。

 

★ 霊園墓地 … 霊園墓地の場合、寺院や民間の施設管理者がいるのが、個人墓地との大きな違い。

 

・ 最近では「永代供養」と言って、永代に渡り子供や子孫に変わって管理や供養してくれるサービスが付加していることが…。無縁仏を避けるなら、霊園墓地がおすすめ。

 

 

現地へ見学、打ち合わせ


前項で個人墓地か霊園かのどちらかに決めたら、個人墓地であれば墓地探し~墓石屋さん探し。霊園であれば、まず霊園見学と進みます。墓地はいわゆる土地探しの流れと同じですが、霊園の場合はまず、希望の霊園へ資料請求しても良いかもしれません。

 

【 沖縄で生前墓、終活で建てる⑤ 】

 

★ 霊園の場合は現地見学をし、気に入った場合にはそこで契約に進めるはず。まだ迷うところがあれば「仮予約」もひとつの方法です。

 

・ 個人墓地のケースでは自分で石材業者探しに移りますが、霊園の場合には提携している墓石業者があることがほとんどなので、そのまま、墓石業者との打ち合わせに移る流れとなります。

 

 

墓石業者との打ち合わせ


ここで墓石業者との打ち合わせに移りますが、ここで霊園の場合には、選んだ区画によって、ある程度墓石デザインが決められているケースも。コストが少なく同じような墓石が並んでいるタイプでは、彫刻などのデザインのみ自由、などの括りがあるかもしれません。

 

【 沖縄で生前墓、終活で建てる⑥ 】

 

★ その他のケースでは、個人墓地・霊園共に、墓石デザインや石材(御影石など)、墓石に彫る彫刻などのデザインを決めていきます。

 

・ 多くの墓石業者でそれぞれの予算に分かれた、いくつかのプランがあり、打ち合わせでは提示されることがほとんど。そのため、まず予算を伝えることで、後々の打ち合わせがスムーズです。

 

 

いかがでしたでしょうか、沖縄で生前墓を終活の中で建てる際の、一連の流れをお伝えしました。ただ終活、生前墓、と聞いてもピンと来ないかもしれませんが、こうして流れまでイメージしていくと、とても身近なものに感じるのではないでしょうか。

 

本人が自分のお墓を建てることが出来る生前墓、お墓デザインの打ち合わせでは、従来の「○○家」ではなく、「ありがとう」などの言葉を注文する方々も増えてきました。

 

自分らしい言葉を残したり、自分の好きなデザインを選ぶ…。新居を建てるように訪れるさまざまな選択をこなしていく内に、自然と「死」へのイメージも前向きなものに変る…、と言う体験談も目立ちます。

 

建てられたお墓も、従来のものと変わりなく、お墓参りをしたり供養をすることで、仏教的には得を積む行為に…。縁起が悪いと気負うことなく、この記事をきっかけにして、一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

沖縄での終活、生前墓の探し方

・生きているうちに建てるお墓が、生前墓
・自分の目でお墓を確かめられるのがメリット
・家族と親族の理解も得て進めると安心
・個人墓地か霊園墓地かを、まず決める
・霊園の場合は、資料請求と見学
・墓石業者でデザインを決める


soudan_bnr_600


free_dialshiryou_seikyu

カテゴリー:
タグ:

新着記事

  • 沖縄での相続、継承問題☆お墓を継承する時に理解したい事柄
  • 沖縄で改葬をする時。相談前に検討したい5つの事柄
  • 【沖縄の御願、歳時記】火の神(ヒヌカン)の仕立て方
  • 【沖縄の御願、歳時記】独立した家で祀りたい、ヒヌカンとは
  • 沖縄での納骨トラブル。お墓にまつわる5つの注意点

カテゴリ