のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

沖縄のお墓を建てる特徴。地鎮祭とハカヌスージ

沖縄のお墓を建てる特徴。地鎮祭とハカヌスージ
沖縄のお墓は昔からとても大切にされていますよね。毎年の清明祭や旧盆などを見ていると、他県の人々も注目するように、独特の文化を持っています。そしてそれが、明るく温かな印象を持たれているのも特徴的。

 

そこには沖縄のお墓文化のなかに、「お墓の前でお食事会をする」と言うものがあるからではないでしょうか。この風習は毎年の行事だけではなく、沖縄のお墓を新しく建てる時にも同じことが言えます。

 

沖縄でお墓を建てる時、契約をしたらもちろん業者による工事が始まるのですが、その前には地鎮祭、完成後にはお祝いのハカヌスージがあります。

 

施主になればその準備の流れ、気になりますよね。そこで今回は、お墓を建てる時に知っておきたい、地鎮祭とハカヌスージの基礎知識をお伝えします。

 


soudan_bnr_600b


 

沖縄のお墓を建てる特徴。
地鎮祭とハカヌスージ

 

沖縄のお墓、建設前の地鎮祭


沖縄でお墓を建てることが決まれば、もちろん建設に入るのですが、その際には施主は自分で地鎮祭(じちんさい)の段取りを進めなければなりません。

 

地鎮祭はその土地を守る氏神様に、お墓を建てる許しをいただくためのもの。その内容は他県と同じく、神式と仏式がありますので、ご自身の信仰に沿ったスタイルを選んでください。

 

【 沖縄のお墓、地鎮祭 】

■ 沖縄では神式の地鎮祭が多いです。

 

・ 一般的には大安の日が良いと言われていますが、正式には厳密な決まりはありません。集まりやすく、より良い日にちを選んで問題ありません。

 

地鎮祭は供養のための供え物などの準備の他にも、設営が必要になるため、チェックしながら進めなければなりません。

 

 

地鎮祭に必要な設営


地鎮祭は墓地で行われるため、最低限の設営は不可欠です。お墓業者によっては設営道具を準備してくれるところもありますので、業者と相談しながら段取りを進めていくと、良いサポートが受けられるかもしれません。

 

【 地鎮祭の設営 】

 

必要なものは以下の通りです。(神式の場合)

・ テント
・ 盛り塩用の塩
・ しめ縄
・ 青竹(杭)
・ ガジュマル(杭)
・ ツルハシとシャベル
・ テーブル
・ パイプ椅子

 

テーブルやパイプ椅子は、規模によって業者と相談をしながら、準備を進めてください。

 

 

地鎮祭のお供え物


沖縄のお墓の地鎮祭では、神様へのお供え物をさまざま準備する必要があり、急に揃えることは難しいです。事前に確認してお供え物を準備してください。

 

【 地鎮祭のお供え物(神式) 】

地鎮祭の一般的なお供え物は以下の通りです。(神式の場合)

 

・ 米一升
・ 泡盛一升
・ 海のもの(鰹節、昆布、スルメなど)
・ 野菜(大根、白菜、ナスなど)
・ 果物(バナナ、みかんなど)

 

これらのお供え物と、塩と水が一般的なお供え物の準備。地鎮祭ではお塩は多く使うため、十分に用意しておくと安心です。

 

 

ハカヌスージは「納骨式」


沖縄ではお墓が完成したら、「ハカヌスージ」と言われる「墓のお祝い」があります。このように聞くと、他県とは違う風習のように聞こえるかもしれません。

 

ただ、ハカヌスージでは遺骨を室に入れて、住職による読経をお願いしますから、他県で言うところの「納骨式」に当たると考えれば、その様子も窺い知れるのではないでしょうか。

 

【 沖縄のお墓で見られる「ハカヌスージ」 】

■ ハカヌスージでは納骨をした後、お供え物を施し、住職による読経が始まります。この流れを見ると他県の納骨式で行われる、「開眼供養」に似ています。

 

・ お墓の前で僧侶が読経するなどは同じなのですが、途中で完成を祝う曲が流れたり、墓前で食事などが行われるなどが特徴的。

 

さらに最後には沖縄らしく「カチャーシー」を踊って、お開きになる流れが一般的。ただし、この完成時のハカヌスージも地域性が強く、それぞれの地域で違いがあります。

 

 

基本的なハカヌスージの流れ


ハカヌスージを執り行う施主は、いくつかの「祝いの曲」を準備するのが、興味深いところ。ラジカセなどを準備して、カセットテープに曲を準備していきます。長さは曲3曲前後を用意すれば、問題ありません。

 

この「祝いの曲」は、ハカヌスージが始まる冒頭から流れます。

 

【 ハカヌスージの流れ 】

 

① 祝いの曲が流れてから納骨

② 閉めた場所に供え物を供えます。

③ ここでお坊さんが読経をして、供養が終わります。

④ そのままお墓の前でお食事会が始まります。

⑤ カチャーシーで、最期に皆で踊ります。

 

お食事会の前後では、挨拶も行われますので、他県で言うところのお斎(おとき)の役割に近いものがありますが、お墓の前で食事会が行われること、カチャーシーで終わることなどが、独特な風習なのです。

 

 

いかがでしたでしょうか、お墓は亡き故人の住まい。新しい土地に住まいを建てる訳ですから、やはり家と同じように建てる前と完成後で、行事を執り行うのは施主の役割でもあります。

 

とは言え、お墓を建てる機会はそうそうありませんから、地鎮祭をハカヌスージを…、と言われても、施主としてもどうしたら良いのか、迷ってしまうことも、ムリはありません。

 

お墓業者の方々は、その点も理解しているケースがほとんどですので、契約時から相談しながら進めれば、安心して施主の役割を全うできるはず。

 

さらに、それぞれの行事では、読経をしていただくお坊さんへのお布施も忘れず、準備をしてください。

 

今では個人墓なども多いためか、沖縄のお墓も地鎮祭やハカヌスージの規模も小さいものも増えてきました。なかなか1人では負担が大きいので、ムリをせず周囲と相談、協力を仰ぎながら、執り行ってください。

 

まとめ

地鎮祭とハカヌスージの流れ

・氏神様に許しをいただく地鎮祭がある
・地鎮祭には設営の準備も必要
・神様へのお供え物は数日前から準備しておく
・ハカヌスージとともに、納骨行う
・ハカヌスージは祝いの曲とカチャーシーが特徴的

 

 


soudan_bnr_600


free_dialshiryou_seikyu

新着記事

  • 納骨堂からお墓へ改葬。骨壺を移動する基本の流れ
  • 納骨堂の見学をする。契約前に確認したいチェック項目
  • 仏壇を購入する時に気になること☆専門家が答えるQ&A
  • 沖縄のお墓をリフォーム☆決断する5つの目安とは
  • 沖縄の霊園でお墓参り☆集合墓でのお参りマニュアル

カテゴリ

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp