のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

沖縄のお墓や位牌を永代供養。決断して分かる5つの事柄

沖縄のお墓や位牌を永代供養。決断して分かる5つの事柄
沖縄でお墓に向き合う時、やはり位牌やお墓の継承問題は避けては通れませんよね。終活をしている方々で多いのが、「その後の継承問題が心配。」と言う声や、「子どもや孫をお墓や位牌の継承への負担を掛けさせたくない。」と言うもの。

 

今では沖縄でもお墓や位牌(トートーメー)の継承も、ずい分緩くなってきましたが、多くの親族や門中が集まるなかでの継承は、確かに親としては気掛かりであることは否めません。

 

とは言え、やはりお墓事は、特に門中墓を継承する場合になると、自分達一家だけの問題ではないだけに、多くの経験談を聞いて決めたいですよね。

 

そこで今回は、そんななかで、終活を通してお墓や位牌の永代供養を決断した方々の、5つの体験談をお伝えします。

 


soudan_bnr_600c


 

沖縄のお墓や位牌を永代供養。
決断して分かる5つの事柄

 

永代供養とは


日頃からお墓事に関心がないと、そもそも永代供養自体も分からないもの。何となく知っている…、くらいの理解の方々には、永代供養=合祀墓と言うイメージを持っていることが多いのも事実。

 

けれども実際に終活を通して、お墓問題と向き合うなかで、具体的に動きながら「永代供養とは何か?」を理解していく方々は多いのです。

 

【 沖縄のお墓:永代供養とは 】



★ 永代供養とは、お寺や施設が永代に渡り、子どもや子孫に代わってお墓の管理や供養をすること。そのため、合祀墓でなければ永代供養をお願いできない訳ではありません。

 

・ 従来のお墓であっても、そこに永代供養を付加することは可能。民間霊園や寺院の霊園であれば、最近では沖縄でもお墓を購入すると自動的に永代供養が付加される施設も多いです。

 

 

沖縄のお墓、門中墓を墓じまい


この永代供養ですが、もちろんイメージのような他の複数の遺骨と一緒に、大きな墓標(観音様やモニュメントなど)の元に埋葬される、合祀墓での永代供養もあります。この場合の注意点は、一度埋葬されると改葬などは出来ない、と言うこと。

 

【 沖縄のお墓、門中墓を墓じまい 】

 

★ 昔ながらの大きな門中墓を墓じまい、改葬した事例では、お墓の中に多くの遺骨が眠っていました。ただ、改葬の際には狭いスペースでコンパクトなお墓を建てるため、その全てを移動する訳には行かなかったのです。

 

・ そこで、とても昔で誰のものかも分からない遺骨を、改葬先の霊園にある合祀墓へ埋葬することにしました。

 

このケースでは合祀墓に埋葬される前に、一定年数、個別の墓標の下に埋葬されるプランでしたので、暫くは個別にお墓参りをすることもでき、毎年の合同での供養にも参列できるので、納得できるものでした。

 

 

位牌堂や納骨堂での永代供養


沖縄のお墓や位牌の継承問題が解決しないまま、時だけが過ぎてしまった事例では、次の継承者がまだ未成年の子どもであることも。従来であれば、ある程度判断できる年頃まで、親が預かる方法が一般的ですが…。

 

【 沖縄のお墓、継承者が子どもの場合 】

 

★ なかには両親がすでに離婚していて、継承者本人は母方に育てられたなど、親が沖縄でお墓や位牌を預かるには、少し複雑な事情があることも見受けられます。

 

・ そんな時、ある事例では沖縄のお墓とともに、位牌の永代供養を相談したケースがあります。位牌堂で永代供養をすることにより、三十三回忌までなど、一定年数は継承者に代わって管理や供養をしてもらえるからです。

 

継承者である子どもが、事情が分かり判断できる年頃になった時、あらためて沖縄のお墓や位牌の継承を考えることも、ひとつの方法なのかもしれません。

 

 

個人墓地から改葬、永代供養を付けた事例


沖縄のお墓での昔ながらの形である個人墓地。自分の敷地にお墓を建てるため、自由度が高くスペースも広いものが数多くあるのではないでしょうか。ただ、昔ながらの門中墓などになると、修繕がしきれないものや、森と同化しているものも…。

 

【 沖縄のお墓、個人墓地から改葬 】

 

★ 個人墓地の場合、どうしてもその管理や掃除は、全て個人の責任ですから、管理が行き届かないことも少なくありません。コンクリート造のお墓などになると、年月が経てば、ひび割れも目立ち、修繕してもいたちごっこになることも…。

 

・ そこで個人墓地から、沖縄のお墓の改葬を決断。自分達もお墓参りや年忌焼香などの法要をしながらも、日頃の管理がお任せできるよう、霊園に引っ越して永代供養を付加した事例があります。

 

 

お墓への自由な考え方


霊園などが付加している、このような永代供養について詳しく理解して行くと、特に独身であったり、お墓の継承を子ども達に期待できない夫婦などにとっては、「とても気が楽になる。」と言う声も終活では多いです。

 

…と言うのも、沖縄でお墓を建てたいものの、そのお墓は自分一代で終わるかもしれないと思うと、生前墓の購入に躊躇するケースも。そんな時、永代供養を知ることによって、より気楽に希望に近づくことができるから。

 

【 沖縄のお墓:終活と共に増えた「墓友」 】

 

★ 「門中墓に入りたくない。」など、自分達が沖縄でお墓を建てたい方々が、終活をするなかで知り合い、血縁などは全く関係がなくても、共同でお墓を購入して、一緒に入る仲間が「墓友」。

 

・ 同じ世代の「終活仲間」が約束し合って、共同でお墓に入る訳ですから、当然継承者はいませんが、永代供養を選択することによって、無縁仏になる心配も解消され、寺院や施設が供養をしてくれるのです。

 

 

 

いかがでしたでしょうか、昔ながらの沖縄でのお墓や位牌の継承を考えていた方々にとっては、このような体験談や選択肢は驚く事ばかりかもしれません。実際に沖縄のお墓に限らず、この体験談には全国的にも新しい考え方、選択肢が多々あります。

 

それは終活の広がりに比例している傾向に。昔はタブーと言われていた、「死」に対して明るく冷静に本人が向き合うようになり、お墓に入るであろう方からの本心が、語られるようになったのかもしれません。

 

最後の墓友については、驚く方々も多いものの、「よくよく考えると、共同墓や村墓と同じ考え方…。」と言う理由も。終活を通してしきたりよりも「誰と入りたいのか。」を意識するようになったとも言えます。

 

本記事を参考にしながら、今抱えている沖縄のお墓や位牌の、悩ましい問題が解消されるよう、業者や周囲に相談してみるのも一案です。

 

 

まとめ

お墓や位牌を永代供養した事例とは

・永代供養とは子孫に代わって供養してくれること
・墓じまいした門中墓の遺骨を、合祀墓で永代供養
・継承者が決まらない位牌や遺骨を永代供養
・管理しきれないお墓を改葬、霊園で永代供養
・終活やホームで出逢った「墓友」と永代供養墓を建てる

 


soudan_bnr_600b


free_dialshiryou_seikyu

新着記事

  • 納骨式の案内が来たら…。参列前に理解したい基本マナー
  • 納骨式を家族のみで執り行う。理解したい3つの「配慮」
  • 納骨式を行う費用の目安。墓主が準備する5つの項目
  • 納骨堂に決める時の流れ。選び方から契約までの手順とは
  • 納骨堂からお墓へ改葬。骨壺を移動する基本の流れ

カテゴリ

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp