のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

沖縄のお墓、今と昔☆選ぶ前に知りたい歴史と流れ

沖縄のお墓、今と昔☆選ぶ前に知りたい歴史と流れ
沖縄のお墓と言えば、何と言ってもあの大きさが特徴的ですよね。そして本州から沖縄に移り住んで、沖縄でお墓を買うとなると、「まず墓地を探す」と言う選択肢があることに、驚かれる方々もいるのではないでしょうか。

 

民間霊園や公営霊園はあるものの、まだまだ歴史は浅く、その上本州のように霊園が付いている寺院はほとんどありません。昔ながらの沖縄のお墓購入の流れでは、まずは家を購入する時のように、「個人墓地」を購入していました。

 

ただ現在では無縁仏が増えた影響から、行政でも新規の個人墓を個人墓地で建てるのは、推奨されてはいません。沖縄でお墓を建てるなら、こんな沖縄独特のお墓の歴史や流れを理解したいですよね。

 

そこで今回は、沖縄のお墓の歴史と現代事情、ちょっとした豆知識をお伝えします。

 


soudan_bnr_600b


 

沖縄のお墓、今と昔☆
選ぶ前に知りたい歴史と流れ

 

沖縄のお墓が大きい理由


沖縄のお墓は「家のように大きい」と、よく伝えられますがその通り。初めて観光で訪れた方々のなかには、家と間違えるほどの大きさの沖縄のお墓は数多くあります。これは実は、これだけ大きなお墓を必要とした、葬送の風習のためなのです。

 

【 沖縄のお墓が大きい理由 】

 

★ 沖縄ではその昔、火葬でも土葬でもなく「風葬」の風習がありました。遺体をそのまま安置して、自然に戻る方法であったため、その周りに石を積み上げて室にしたのです。

 

・ その名残りから、今でも大きな沖縄のお墓が一般的となっていますが、今でも沖縄のお墓が大きい理由には門中制度もあるのかもしれません。

 

 

沖縄の「門中」とは


本州では「先祖代々墓」などがありますが、沖縄ではあまり見かけないのも特徴的。実は沖縄では「門中(もんちゅう・ムンチュウ)」と呼ばれる、父系の血族の繋がりで、お墓や位牌を継承する歴史があります。

 

【 沖縄の「門中墓(ムンチュウバカ)」 】

 

★ そのため、沖縄に残る大きなお墓の多くは、その門中の一族が入る「門中墓」。父系の血族と括りが広いため、納骨される骨壷も多いのが特徴。

 

・ 現在でも門中で資金を持ち寄って、新しくお墓を建てたり、お墓を修繕・改葬するための費用に充てる習慣を持つ門中墓だけに、資金的に大きなお墓を建てられるのも、お墓が大きくなる理由のひとつ、とも言えます。

 

ただし最近では、そのしきたりの難しさや住まい方の変化などから、門中から独立する人々も多くなりました。そのため、門中墓の継承問題も増え、改葬により、お墓を小さなものにする流れも出ています。

 

 

沖縄のお墓人気、昔と今


沖縄のお墓と言えば、亀甲墓と破風墓ではないでしょうか。現在に向けて少しずつ小さいタイプの需要が高くなっている、現代の沖縄では、破風墓が人気デザインですが、戦前では亀甲墓がよりニーズがありました。

 

【 沖縄のお墓の歴史 】

 

★ 実は破風墓(はふばか)は琉球王朝独自のデザイン。以前は一般民衆は、この破風墓を建てることは許されなかったのです。

 

・ とは言えそれは1800年代のこと…。1879年に廃藩置県が施されたことがきっかけに、破風墓も一般層に広がっています。

 

ちなみに亀甲墓は女性の子宮を象ったデザインとされ、人は亡くなったら母の子宮に戻ることを意味していると解釈することも。この意味合いから、亀甲墓を選ぶ方も少なくありません。

 

 

昔の沖縄のお墓


冒頭の項でもお伝えしたように、沖縄ではその昔、風葬の習慣がありました。そのためか、昔のお墓の多くが海沿いの崖や、険しい山中など、人目の付かないような人里離れた場所に建てられたのです。

 

【 昔ながらの沖縄のお墓 】

 

★ このような事情から、沖縄の昔のお墓を訪ねると「どこにお墓があるの?」と迷うほど、周囲と同化しているものも…。

 

・ 近年ではこのようなお墓が無縁仏化していることも多く、より管理がしやすいように改葬する事例が増えてきました。

 

ちなみに沖縄のお墓参り行事「清明祭(シーミー)」では、最近では神ウシーミーを行う家庭も少なくなりましたが、このような昔ながらのお墓を先に参る「神清明祭(カミウシーミー)」もあります。

 

 

風化しやすい昔のお墓


このように大きなお墓が特徴的な沖縄。それだけに、お墓に使う石材もあまり高いものではコストが掛かかることも影響して、ひと昔前まではコンクリートやブロックが主流でした。今でもコンクリート造りのお墓は多く見受けます。

 

【 風化しやすい沖縄のお墓 】

 

★ また昔の沖縄のお墓は石灰岩(琉球石灰岩)も少なくありませんでした。ただ、これらの素材は塩害の多い沖縄では、細かな修繕が必要なケースも増えてきました。

 

・ コンクリートはある程度まではキレイに保つのですが、経年劣化によりひび割れが出始めると、次から次に修繕が必要になる事例が…。

 

このような素材の問題からも、改葬や大幅なお墓の立て替え事例が、増加傾向に。近年ではコンパクトでも丈夫に、同じ費用でも小さな御影石でのお墓を望むケースが増えてきたのです。

 

 

 

いかがでしたでしょうか、昔ほど大きな沖縄のお墓は少なくなってきたものの、便利さや管理のしやすさを残しながらも、沖縄らしさを維持する流れが、沖縄のお墓の特徴。小さいながらも沖縄独特のデザインを残したものが主流なのです。

 

沖縄の門中墓は琉球王家の墓、玉陵などもある歴史を持つだけに、少し寂しく感じる方々もいるかもしれませんが、良い部分を残しながら、新しい文化を築きつつあるとも言えます。

 

無縁仏が増えてきた影響から、現在では沖縄県も集団墓地を推奨し、最近では民間霊園が主流になりつつありますが、その霊園内でも本州とは一風変わった、沖縄のお墓やお墓参りの様子を見ることができるのです。

 

昔から沖縄でお墓は怖いものではなく、身近にある温かな場所。その歴史を引き継ぎながら、気持ちの良い納得できるお墓を選んでください。

 

まとめ

沖縄のお墓の歴史と特徴

・沖縄では風葬の習慣があった
・父系血族の遺骨が納められる「門中墓」
・破風墓はその昔、琉球王朝のものだった
・昔は人里離れた辺境にお墓があった
・コンクリートや石灰岩で作ったお墓もある


soudan_bnr_600b


free_dialshiryou_seikyu

カテゴリー:
タグ:

新着記事

  • 仏壇を購入する時に気になること☆専門家が答えるQ&A
  • 沖縄のお墓をリフォーム☆決断する5つの目安とは
  • 沖縄の霊園でお墓参り☆集合墓でのお参りマニュアル
  • 沖縄の霊園でお墓を選ぶ。快適にお参りできるスタイル
  • 沖縄で人気のお墓を建てる☆今ニーズが高い5つのスタイル

カテゴリ

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp