のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

墓石の種類と価格。石材屋さんを選ぶ、7つの注意点

墓石の種類と価格。石材屋さんを選ぶ、7つの注意点

墓石の種類は、簡単に言えばお墓のデザインによる種類と、石材による墓石の種類に分けられます。「お墓を建てる」とひと口に言っても、それぞれの種類から選ぶだけでも驚くほどのパターンになることは、想像がつきますよね。

 

さらに墓地の種類もありますから、いざ「お墓を建てよう!」と動き出してから、思いがけず、どんどんとやって来る選択や決定事項の多さに驚くかもしれません。亡き後に建てられるものがお墓ですが、少し「家選び」に似ています。

 

若い時代の一大イベント「家選び」と同様に、亡き後に立てるお墓選びもまた、一大イベントなのかもしれません。ならば、事前に調べて、ある程度の知識を持ってから、たくさんの墓石の種類から「理想のお墓」を選びたいですよね。

 

そこで今回は、お墓を建てる時に選ぶ墓石について、その種類や石材屋さんについてご説明します。

 


soudan_bnr_600


 

墓石の種類と価格。
石材屋さんを選ぶ、7つの注意点

 

墓石の種類


墓石の種類はお墓自体のデザインによる種類と、石材の種類で分かれます。デザインによる墓石の種類はある程度分類されますが、覚え切れないのも当然!なのは、石材の種類です。

 

【 墓石の種類とデザイン 】

■ 全国的には最もニーズの高い和風墓が多く、シンプルな和風墓から細やかな彫刻やデザインが施されたものまで様々あります。この彫刻の複雑さによっても、墓石の価格は変わります。

 

・ 全国的に次に需要があるのが、洋墓。墓石の種類のなかでも洋墓は、石材の使用量が少なく、デザインもプレート型とシンプルなため、比較的価格帯が安いです。

 

沖縄では和風墓や洋墓に代わり、破風墓や亀甲墓が多いでしょうか。どちらも、以前よりずっとコンパクトなタイプもニーズがあり、今は本土のような墓石デザインも多く、一般的になっています。

 

人気の石材や特徴を知る


前の項でも少しお伝えしましたが、驚くべきは石材の種類!現代では中国産の石材を中心にインドをはじめ世界各国から、お墓の石材を輸入しています。この石材による墓石の種類は数限りありません。

 

【 石材による、墓石の種類 】

■ ある程度の判断材料にはなりますが、墓石の価格が高いから、良い石材とは限りません。石材の価格は産出量によって設定されているためです。

 

良い石材はしっかりと詰まっていて、水の吸収率の少ないもの。やはり人気が高い石材は日本産の御影石ですが、中国産の御影石も質が良くリーズナブルなものが多く、需要は高いのです。

 

 

墓石の価格は、主に石材と使う量


墓石の種類には、石材とデザインが関係することはお伝えしましたが、高級な石材でシンプルな墓石を注文する場合も多くあります。

 

日本人には素を良しとする道徳感もありますから、西郷隆盛の妻のお墓をはじめ、質素で凛とした佇まいの歴史的なものも多いからです。

 

【 墓石の価格は、石材とデザイン 】

■ 墓石の価格は石材の値段と使用量、彫刻などのデザインによって決まってきます。大きく、豪華で石材も価格も高い墓石の種類は、その分価格も高くなる、と言うことになるのです。

 

ただし、前述したように、日本では豪華=良いお墓とも限りません。また、特注のお墓を選択する方々も多いです。

 

 

お墓は、墓石と墓地で決まる


墓石の種類を知ることも大切ですが、「お墓を建てたい」と考えた時に外せないのが「墓地」ではないでしょうか。人によっては墓石の種類に重きを置く方々もいますが、先に墓地を準備したいところです。

 

【 墓地を先に探して墓石を選ぶ 】

■ 個人墓地の場合には自由も利きますが、公営墓地や霊園など、施設によってはお墓を購入するに当たり、指定の石材屋さんで注文しなければならない場合が多くあります。

 

 

石材屋さんには、臆せず質問をする


もしも自由に石材屋さんを選ぶことができる場合に、自分達で探すことになりますが、この場合には、やはり信頼できる業者に依頼したいですよね。

 

【 石材屋さんには臆せず質問 】

■ 分からないことや疑問点を聞きながら、営業担当者が丁寧に対応してくれているか、その様子も観察してください。

 

人生でお墓を建てる経験など、普通に暮らしていればそうそうありません。そのため、さまざまな疑問や分からないことが出てくるのは当たり前のこと。それを丁寧に説明するのは、石材屋さんにとっては当然のことなのです。

 

 

石材屋さん選びの、失敗例


このように石材屋さんの対応をチェックするのには、購入後のケアを考えてのことでもあります。購入してから後悔はしたくないですよね。

 

【 石材屋さん選びの失敗例 】

■ あまり深く考えず、提示された墓石を購入し、その時はスムーズに決まったものの、購入後のケアを全くしてくれない。相談に乗ってくれずに途方に暮れた…。などの体験談もあります。

 

 

石材屋さん選びは、人間を見る


霊園や寺院などで指定の石材屋さんがなかった場合、自分で石材屋さんを選ぶ時には、やはり石材屋さん選びは、後々までも響く大切なポイントです。

 

【 石材屋さん選びは、人間を見る 】

■ もちろん石材屋さん自体がキチンとしたHPを持っている、施工事例を見学することができる、と言うポイントはありますが、営業担当者の対応を冷静に観察すると、おのずと購入後の様子も想像できます。

 

 

いかがでしたでしょうか。お墓の種類を自ら知って、さまざまな知識を得ることで、今までは漠然としていた自分達のお墓のイメージができますよね。お墓は私達が亡き後に建てられるものではありますが、魂の住む家でもあります。

 

「千の風になって」のヒットから、魂への価値観は多様化しましたが、それでも、お墓には故人を偲ぶ遺族や愛する人々が、故人に会いに来る場所であるのです。少しでも故人を思い出し、偲ぶことができる「らしい」墓石の種類を選びたいもの。

 

また、先祖代々墓や門中墓を今後も維持するために、改葬してお墓参りをしやすくする方々も多いです。本記事を参考にしながら、事前に希望の墓石の種類や石材、そしてもっとも大切な予算を決めながら、みんなで理想のお墓を選んでください。

 

 

まとめ

お墓の種類と選び方

・全国的には和風墓が人気
・石材は高い=良質とは限らない
・日本では、豪華=良いお墓とは限らない
・石材屋さんが決まっている霊園も多い
・石材屋さんに質問をしながら、対応を観察
・購入時はもちろん、アフターケアも大切
・業者とともに、営業担当者の人間性も見る

 


soudan_bnr_600b


free_dialshiryou_seikyu

カテゴリー:
タグ:

新着記事

  • 納骨堂からお墓へ改葬。骨壺を移動する基本の流れ
  • 納骨堂の見学をする。契約前に確認したいチェック項目
  • 仏壇を購入する時に気になること☆専門家が答えるQ&A
  • 沖縄のお墓をリフォーム☆決断する5つの目安とは
  • 沖縄の霊園でお墓参り☆集合墓でのお参りマニュアル

カテゴリ

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp