のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

ヒヌカンをマンションで迎える☆最初の儀礼5つの手順

ヒヌカンをマンションで迎える☆最初の儀礼5つの手順

ヒヌカンは沖縄で「火の神」、全国的には「かまどの神様」とも言いますよね。

 

妻として母として家族を守る立場になると、いつしかヒヌカンを祀りたい想いが出る方も少なくありません。

 

けれども最近ではマンションやアパートなどの集合住宅も多く、昔ながらのヒヌカンの拝みでは、その手順が合わずに戸惑う方も多いです。

 

そこで今日は、ヒヌカンをマンションなどの集合住宅で迎え入れる時の、御願儀礼をお伝えします。

 


お墓の引越し、改葬・墓じまい


 

ヒヌカンをマンションで迎える☆
最初の儀礼5つの手順

 

ヒヌカンの灰はどうするか?


本来ヒヌカンは母親から娘や、義母から嫁へと、代々ウコール(香炉)の灰を引き継ぐ儀式があります。

 

けれども最近では、「厄災も引き継ぐ」と嫌がる若い夫婦も増えてきました。

 

【 ヒヌカンの灰を引き継ぐか否か 】

 

☆ …とは言っても、ヒヌカンの灰を引き継いだからと言って、厄災まで引き継ぐことはありません。

 

・ また、ヒヌカンの神様はウコール(香炉)の灰に宿るとされるので、新しく仕立てる(引き継がない)場合には、新たにヒヌカンを迎え入れます。

 

ヒヌカンの道具は沖縄であれば、お仏壇屋さんやホームセンター、地方なら大型スーパーなどでも見つけることができます。新しい灰も売ってはいるのですが…、神様を迎え入れる儀式をしてください。

 

 

新しくヒヌカンを迎え入れる場合


新しいヒヌカンを迎えるためには、灰を引き継ぐ訳ではないので、神様を改めてお迎えしますよね。

 

それには、地域の土地神様とガー(昔井戸だった場所)、若しくは、自分達が産まれた土地のガー(産川=ウフガーとも言う)を訪れ拝み、来ていただかなければなりません。

 

【 ヒヌカンの神様を迎える 】

 

① 出発前、自宅のヒヌカンには日ごろのお供え物「供え葉・ミジトゥ(水)・塩・お酒」を揃えます。

 

② さらにシルカビに乗せたウブク(ご飯)を3膳お供えし、ヒラウコー(沖縄線香)をタヒラ半(2枚半)を拝してください。

 

③ 最後に、「これから神様をお迎えに行きます。」と伝えて出発します。

 

これで出発できますが、拝所でもお供えが必要ですので、準備をして出かけてください。

 

 

拝所やガーで神様へ報告


拝所でのお供え物を準備するには、タッパーで用意する家も多いですが、ビンシーがあると便利です。お膳があると丁寧ですが、タッパーでも構いません。

 

【 拝所・ガーで報告の御願 】

 

① ビンシーなどにお酒(対の徳利と中央に盃に注いだお酒)、花米・洗い米(※1)・塩をセットし供えます。

 

② さらに、白い紙の上に乗せたウチャヌク(※2)を3セット、果物の盛り合わせ(りんごやバナナ、みかんなど)を供えてください。

 

③ ヒラウコー(沖縄線香)はタヒラ半(2枚半)です。

 

④ 家族の名前と干支、住所をお伝えし、「新居のヒヌカンへお越しいただき、末永く家と家族をお守りください。」と報告します。

 

…※1の花米・洗い米は炊いていない米粒で、花米はそのままの状態、洗い米は7回すすいだお米です。

 

※2のウチャヌクは白餅大・中・小の3段重ねの沖縄のお供え物で、スーパーなどで販売されています。

 

 

ミース・マースを準備


新しい家でヒヌカンを仕立てる時、沖縄では「ミース・マース」を小皿にお供えします。「ミース」は味噌、「マース」は塩です。

 

【 ヒヌカンへミース・マースもお供え 】

 

☆ 本来であれば、実家(母・義母)からもらってきたミース・マースをお供えするのですが、新しく仕立てる場合には、新たに用意します。

 

・ そのため、家庭によっては前項の神様への拝みの時に、準備したミース・マースもお供えする家も多いです。

 

…ただし、これは人や地域、家庭によって見解が違うので、自身の判断で問題はありません。

 

 

自宅で…、ヒヌカンを迎える拝み


自宅に帰宅したら玄関を開けて拝み、ヒヌカンを家のヒヌカンセットに迎え入れます。

 

【 自宅でのヒヌカンのお迎え 】

 

① 玄関を開け、拝所にお供えし持ち帰った塩・米を、ヒヌカンセットに用意したウコール(香炉)に、ひとつまみずつ入れてください。

 

② 自宅のヒヌカンへのお供え物は、日ごろのお供え物の他、拝所と同じお酒・花米・洗い米・ウチャヌク3セットを供えます。

 

③ 拝所で供えたヒラウコー(沖縄線香)、タヒラ半(2枚半)を灯して、ヒヌカンセットのウコール(香炉)に立てます。

 

④ 「本日、新居にヒヌカンの神様をお迎えしました。屋敷の神様と共に、この家をお守りください、ウートゥートゥー。」とお伝えします。

 

拝みを終えたら、前項でお伝えした「ミース・マース」をヒヌカンに供えて終わりです。

 

 

 

いかがでしたでしょうか、今日はヒヌカンを新居のマンションで迎える時の儀礼、5つの手順をお伝えしました。

 

実家や義実家からヒヌカンを引き継ぐ場合には、拝所がそのまま実家・義実家になればOKです。

 

実家・義実家のヒヌカンで供えていた「灰・塩・米」、それとは別に、実家・義実家の「ミース・マース(味噌・塩)」をいただいて帰宅してください。

 

ヒヌカンをお迎えしたら、地域によって違いますが、一般的には旧暦1日・15日が拝みの日です。神様との暮らしを楽しんでください!

 

 

まとめ

新しいヒヌカンの仕立て方

・本来は実家から灰を引き継ぐ
・近年は新しく仕立てる家庭も増えた
・新しい場合、土地神・川(産川)を訪れる
・出発前にヒヌカンに報告をする
・拝所では家族の名前、住所、干支を名乗る
・帰宅後に玄関を開け、迎え入れる
・拝み後は味噌、塩をヒヌカンに供える

 


遺骨・位牌の年間預り


free_dialshiryou_seikyu

関連記事

合わせて読みたい

人気記事ランキング

カテゴリ

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp