のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

沖縄で建てる墓石の種類。適した石材や人気の種類とは

沖縄で建てる墓石の種類。適した石材や人気の種類とは
沖縄では墓石の種類も意識してお墓を建てたいですよね。ひと昔前は沖縄のお墓は大きいものが多かったため、コンクリート造りが多かったのですが、今になって毎年のひび割れなど、何かと不具合に悩む家も増えてきました。

 

そのため、近年沖縄でも新しいお墓での墓石の種類は、本州と同じように、雨風にも比較的強い御影石が人気です。

 

沖縄の素材を利用した琉球石灰岩も、昔ながらの風合いがあり人気でしたが、少し軟度が高いため水を吸いやすく、耐久性で考えると弱い側面もあります。そのため、一時期よりは見られなくなりました。

 

そんななか沖縄で新しくお墓を建てるなら、沖縄に適した墓石の種類も気になりますよね。そこで今回は、現代、沖縄の墓石でおすすめの種類や、人気の石材をお伝えします。

 


遺骨・位牌の年間預り


 

沖縄で建てる墓石の種類。
適した石材や人気の種類とは

 

沖縄でおすすめの墓石の種類


冒頭でお伝えしたように、沖縄は高温多湿の地域です。その上、夏には毎年台風が到来しますし、島国沖縄では海からの風が吹くため、塩害にも気をつけなければなりません。

 

そんな沖縄の風土に適した墓石の種類は、御影石ではないでしょうか。昔の沖縄では前述した琉球石灰岩や、大理石の需要が高い時代がありましたが、どちらも耐久性で考えると、塩害を受けやすい側面があります。

 

【 沖縄におすすめの墓石の種類と特徴 】

 

★ 沖縄では今、雨風に強い御影石が人気です。耐久性から考えると、下記の3点に注意をして選んでください。

 

① 硬度がある … 大理石や琉球石灰岩は柔らかく、彫刻などを施すには加工しやすいメリットがありますが、一方で傷つきやすいとも言えます。

 

② 水はけが良い … 水を吸水しやすい石材は、寒くなるとひび割れの原因になりやすいです。

 

③ 目が細かく、キメが細かい … 石の性質が詰まっているほど硬度もあり、水はけの良い石材が多いうえ、磨くと光沢が増すので美しさの面でもおすすめです。

 

多くの石材店を回ったり、多くのお墓を見学することで目が肥えてきますが、突然素人がこの特徴を見極めることは難しいかもしれません。迷ったら「良い石材業者さんと出会う」事を意識すると、後々安心して進められます。

 

 

御影石の色は「グレー」だけではない!


沖縄では琉球墓に合った、グレーの御影石に需要があるものの、御影石とひと口に言ってもさまざまな色合いがあります。全国で御影石の人気色が違うのは、地域で採取された石材を利用することが多いためです。

 

【 沖縄でおすすめの墓石と種類:色 】

 

★ 全国的には東北地方(東京から北の地域)では黒御影石が多く見られ、関西へ行くと白御影石が主流になります。

 

・ 九州エリアでは黒御影石が人気なのですが、沖縄ではグレーの御影石が多いです。

 

ただし、御影石は白と黒だけではありません。愛知県で採取される「大島石」は青いですし、桜色の万成石も美しく人気のある色です。輸入石材を合わせると緑やクリーム色など多様な色目を見つけられます。

 

 

国産の御影石


沖縄のお墓の墓石では、国産の種類も多く利用されます。ただし、国産は産出量が海外と比べて少ないため、比較的割高になる点は否めません。

 

【 沖縄でおすすめの墓石と種類:国産 】

 

★ 沖縄に限らず、御影石の墓石の種類と言えば、花崗岩(かこうがん)・安山岩(あんざんがん)です。ただ、花崗岩・安山岩とひと口に言っても、産地などにより銘柄があります。

 

・ 花崗岩なら香川県産出の「庵治石(あじいし)」や、兵庫県の「本御影石(ほんみかげいし)」が有名です。安山岩では「小松石(こまついし)」などがあります。

 

ただし、これらは最高級品ですので、沖縄で建てる墓石の種類としては、「予算や大きさにより」選びたい墓石です。ムリをせず一般的な御影石を選ぶことも検討してください。

 

例えば、庵治石などの高級石材で小さなお墓(本州の和墓が目安)を建てた場合、400万円以上掛かってしまう事例も多いのです。これがよりランクの低い御影石に変更した場合、予算が180万円前後で済んだ事例もあります。

 

 

価格で選ぶ輸入石材


大勢の門中で模合予算が充分にある場合、前項のような国産石材を選ぶ事例もありますが、お墓の大きい沖縄での墓石の種類なら、輸入石材はいかがでしょうか。

 

【 沖縄でおすすめの墓石と種類:輸入石材 】

 

★ 前項でお伝えした、(400万円以上掛かっていた)高級国産御影石での小さなお墓で比較検討すると、輸入石材を選ぶことで、同じ大きさでも100万円以内に収まることも多くあります。(墓石のみの費用です。)

 

・ 世界各国から輸入される石材は、定番の中国の他にも、黒御影石ならインドやアフリカ、白やグレーの御影石ではポルトガルや韓国からの輸入石材があります。

 

その他スウェーデンの赤御影石も有名ですし、多く輸入されるインドからの御影石では緑色も人気です。近年では特に中国産やインド産が手ごろで質も良く、安価に求めることができます。

 

 

 

いかがでしたでしょうか、今回は沖縄での建墓で役立つ、墓石の種類についてお伝えしました。結論としては御影石がおすすめです。ただ、御影石の種類の多さに驚いた方も多いのではないでしょうか。

 

永代に渡り残るお墓ですから、質が良く、沖縄でも耐久性がある墓石の種類を選びたい想いは当然です。そうなると、多くの方々が国産を求めがちですが、選ぶ石材によって価格帯は雲泥の差ですよね。

 

どうしても国産の石材は産出量が少ないため、価値が高騰してしまい価格が割高になってしまいます。反対に考えると、割安な輸入石材は決して質が悪い訳ではありません

 

産出量が多いために価格帯も安いのです。そう考えると、安い石材=質が悪い、とは限りません。最初に予算を立て、石材業者さんと相談をしながら、バランスの良い墓石を選んでください。

 

 

まとめ

沖縄でお墓を建てるための、石材の基礎知識

・硬度があり水はけが良い、キメの細かい石を選ぶ
・見極めは難しいので、石材業者選びは重要
・多くの石材を見ると、目も肥えてくる
・国産なら花崗岩・安山岩が定番
・花崗岩なら庵治石、安山岩なら小松石が人気
・高級石材は高いので、ランクを下げるのも一案
・割安な輸入石材でも質が良いものも多い

 


お墓の引越し、改葬・墓じまい


free_dialshiryou_seikyu

カテゴリー:
タグ:

関連記事

合わせて読みたい

人気記事ランキング

カテゴリ

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp