のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

ナンカスーコーは沖縄の週忌法要。四十九日までの習わし

ナンカスーコーは沖縄の週忌法要。四十九日までの習わし
「ナンカスーコー」は、ナンカが「週忌」、スーコーが「焼香」、つまり「週忌焼香」を差しています。沖縄では昔ながらの、四十九日までの法事ですよね。

 

ただ現代では初七日のみ執り行い、次は四十九日の法要とする家が増え、若い世代では「どのような手順でナンカスーコーを行えば良いか…。」迷う方も多いです。

 

家や地域によって違うものの、一般的な流れを理解すると安心しますよね。そこで今回は、沖縄では昔ながらのスーコー(焼香=法事)である「ナンカスーコー」についてお伝えします。

 


遺骨・位牌の年間預り


 

ナンカスーコーは沖縄の週忌法要。
四十九日までの習わし

 

ナンカスーコーは「週忌焼香」


ナンカスーコーは冒頭でお伝えしたように、四十九日まで毎週執り行う焼香(法要)です。葬儀からすぐの法要は「初七日」…、全国的には「ショナノカ」と言いますが、沖縄では「八ナンカ」と呼ばれます。

 

【 ナンカスーコーの日にち 】

 

★ ここから七日毎、四十九日までの法要がナンカスーコー(七日焼香)、つまり「週忌法要」です。ただし最初の八ナンカでは、亡くなった日を入れて七日で計算をします。

 

・ そのため、曜日で言えば最初だけずれます。例えば6月1日(金)に亡くなった場合、八ナンカは6月7日(木)、翌週のタナンカは6月14日(木)です。

 

 

「ウフナンカ」と「マドゥナンカ」の違い


このように、四十九日までの周忌法要がナンカスーコーですが、そのなかでも初七日から始まる奇数週と、タナンカから始まる偶数週とでは、違いがあります。

 

【 ウフナンカとマドゥナンカ 】

 

① ウフナンカ … 初七日から始まる奇数週を「ウフナンカ」と言い、弔問客を招いて行う法要です。

 

② マドゥナンカ … 二週目の「タナンカ」から始まる偶数週が「マドゥナンカ」と言います。ごく身近な者のみで執り行う家が多いです。

 

ここで整理してみると、このようになります。

 

【 四十九日までのナンカスーコー 】

 

★ 6月1日(金)に亡くなった場合…

 

・ ハチナンカ(初七日)…6月7日(木)→ウフナンカ(奇数)
・ タナンカ(二七日)…6月14日(木)→マドゥナンカ(偶数)
・ ミナンカ(三七日)…6月21日(木)→ウフナンカ(奇数)
・ ユナンカ(四七日)…6月28日(木)→マドゥナンカ(偶数)
・ イチナンカ(五七日)…7月5日(木)→ウフナンカ(奇数)
・ ムナンカ(六七日)…7月12日(木)→マドゥナンカ(偶数)

 

★ シジュウクニチ(四十九日)…7月19日(木)→ウフナンカ

 

…以上になります。

 

 

ウフナンカの特徴


前項でお伝えしたように、ウフナンカは弔問客をお招きするため、身内のみで執り行うマドゥナンカよりも、お客様へのおもてなしが必要です。

 

【 ナンカスーコー:ウフナンカの流れ 】

 

★ 施主(身内)は朝からお墓参りを行い、午後からはお仏壇に重箱料理やお菓子(ムイグァーシ)、果物やハーガー(丸いお菓子)、ダーグ(ダーグ)をお供えします。重箱料理は四段の「チュクン」です。

 

・ お仏壇へもお膳料理を供えるとともに、弔問客の方々へのおもてなしとして、仕出し弁当やお膳料理を準備します。

 

便利なので今では仕出し弁当を注文する家が多いです。沖縄では「スーコー用のお弁当」と言えば、合わせたおかずで揃えてくれます。

 

★ 以前は身内や親族のユタさんの御願で供養を済ませる家が多かったのですが、最近では初七日や四十九日のナンカスーコーでは、お坊さんに読経供養を依頼する家も増えて来ました。

 

 

マドゥナンカの特徴


一方、マドゥナンカは身内のみで執り行う法要です。そのため、お墓参りも行いますし、お仏壇へも供えますが、その規模が違います

 

【 ナンカスーコー:マドゥナンカ 】

 

★ まず、ナンカスーコーのお墓参りは両方とも行いますが、ウフスーコーでは重箱料理を供えるものの、マドゥナンカでは供えない家が多いの傾向にあります。

 

・ さらにお仏壇への重箱料理も半分の「チュクン」のみで、おかず重とおもち重の二段です。

 

その他のお供え物は、ウフナンカでは果物やお菓子は一対の二皿ずつだったものが、マドゥナンカでは一皿ずつに変わる家もあります。

 

もちろん、弔問客が来ないので仕出し弁当の準備は不要です。お仏壇にもお膳料理を供えない家が多いのですが、自分達が食べる夕食をお供えすることはあります。

 

 

 

いかがでしたでしょうか、今回は沖縄の初七日から始まる週忌焼香、ナンカスーコーの基礎知識をお伝えしました。

 

ただし、今回はあくまでも概要をお伝えしたので、より詳しく知りたい方は、それぞれのナンカスーコーの流れを書いた別記事、「ハチナンカのお墓参り、施主が押さえる5つの手順」などでご確認ください。

 

この他にも、ナンカスーコーでのお供え物の詳細や、重箱料理の注意点を書いた記事もあります。合わせてチェックして、ぜひ、沖縄の昔から伝わる方法で、故人を弔ってください。

 

 

 

まとめ

沖縄、ナンカスーコーの基礎知識

・初七日から四十九日まで週忌焼香を行う
・奇数週がウフナンカ
・偶数週がマドゥナンカ
・ウフナンカでは弔問客も訪れる
・マドゥナンカは身内のみで行う
・それぞれの規模に合わせてお供え物が変わる


永代供養特集


free_dialshiryou_seikyu

関連記事

合わせて読みたい

人気記事ランキング

カテゴリ

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp