のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

沖縄での霊園選びと納骨。納得してすすめる5つのポイント

沖縄での霊園選びと納骨。納得してすすめる5つのポイント
沖縄の霊園での納骨式、時には戸惑う施主の方も見受けられるのは、もともと個人墓地でのお墓が多いから、ではないでしょうか。全国的には霊園は良く知る存在であっても、沖縄の霊園は納骨式も戸惑うくらい、年齢層によっては「新しい存在」ですよね。

 

このように、沖縄の霊園で納骨などの法要を行う際に、その手順に戸惑う一番の理由は、墓前スペースの大きさ。けれども沖縄の霊園だけに、納骨だけではなく、清明祭や十六日祭と言ったお墓参りの風習も把握しているもの。

 

そんな時、信頼できる相談しやすい霊園選びは、後々まで気持ち良くお墓参りをするためのポイント!まずは沖縄でも霊園に納骨の相談をしつつ、他の方々はどのように法事法要を行っているのか理解できたら、安心して進められますよね。

 

そこで今回は、沖縄の霊園選びとで納骨式をはじめとする、法要を執り行う際の段取りや手順をお伝えします。

 


soudan_bnr_600b


 

沖縄での霊園選びと納骨。
納得してすすめる5つのポイント

 

沖縄の霊園の選び方


冒頭でも少し触れましたが、全国的な霊園の選び方である、清潔感や立地環境などに加えて、沖縄の霊園では納骨式や、毎年の清明祭などのお墓参りが、スムーズに出来る霊園環境がポイント!

 

【 沖縄の霊園で納骨、お参りの不安解消 】

 

★ 墓前スペースは小さくとも、霊園内にレジャーシートを広げられるような、広いスペースなどがあるかを確認。霊園内に施設があれば、雨風も凌げるようなスペースがあるかどうかも見てみるとバッチリ。

 

・ この際、事前に予約や相談が出来るような、霊園スタッフかどうかもチェックしておくと、より後々までスムーズなお墓参りができます。

 

ただ、もちろん、霊園でも広い区画を購入すれば、個人墓地同様に、親族が心置きなく集まることは問題がないケースがほとんど。屋根つきのお墓を霊園で購入する事例も少なくありません。

 

 

沖縄の霊園、見学時のポイント


沖縄に限らず霊園の魅力は、民間や寺院で霊園内を管理してくれること。近年では永代供養が付いているお墓がほとんどで、無縁仏の心配もありません。ただ、個人スペースは基本的に購入した家が、掃除をしていきたいもの…。

 

【 沖縄の霊園で納骨、区画選び 】

 

★ なかにはその施設自体が気に入ったなどの理由で、「霊園ありき」でお墓を検討しているケースも…。霊園が決まったら区画選びですが、掃除や管理のしやすい区画を選ぶと後々まで便利!

 

・ 例えば、樹木の真下にあるお墓は風情はありますが、落ち葉が落ちてくるので掃除はこまめにしなければなりません。

 

また、蛇口がお墓から遠い区画では、水の運搬が大変になるため、少しばかり不便に…。同じ金額を出すのなら、より便利で気軽に掃除ができる区画選びをしてみてください。

 

 

霊園や墓石業者の見極め方


霊園の選び方でも少し触れましたが、個人墓地と違い霊園の場合には、何よりも霊園施設の管理会社やスタッフが、どれだけ頼りになる存在か、信頼できる存在か、は重要な要素。その見極めは不可欠です。

 

【 沖縄の霊園で納骨、業者を見極める 】

 

★ 霊園や石材業者を訪れる前には、まず資料を請求してみたり、HPを閲覧してみると、その会社の規模やサービス概要が理解できるはず。信用度を考えると、やはりHPや資料がしっかりと整えられている会社は安心。

 

・ ただ、それだけでは足りません。実際に見学するなどして担当者と話し、お墓の契約を急かしていないか(考える時間を与えてくれているか)、こちらの質問に丁寧に応じてくれているか、なども確認したいもの。

 

とは言え、窓口となる担当者との相性こそ、後々まで気持ち良くお墓参りができるポイントなのです。

 

 

お墓を購入、契約時に確認すること


霊園を選び、区画を選び、お墓を選んだら、いよいよ購入。契約に入りますが、契約を終えれば支払いとなりますので、ここでの書類はきちんとチェック!

 

【 沖縄の霊園で納骨、契約書類のチェック 】

 

・ 工事内容詳細
・ お墓スペースの確認(区画)
・ お墓の図面(完成予想図)
・ 許可証など使用に関する権利書
・ 年間に掛かる費用(管理費/永代使用料
・ 明細書
・ 規約

 

特にアフターサービスと、年間の使用料の確認は必須。一定期間分を前納するか毎年、入金をするかも重要なポイントです。また、墓石に彫る内容も一緒に確認し、この契約時に、沖縄の霊園でも、納骨の法要などの相談をしておくことをおすすめします。

 

 

いかがでしたでしょうか、沖縄の霊園での納骨、個人墓地では広い土地があったり、自由にスペースが使える便利さ、気楽さがありますが、一方で霊園でも、法事や法要の際に相談できる相手がいて、施設も清潔に管理してくれる頼もしさが魅力。

 

個人墓地も霊園も、お墓を建てる際にはそれぞれに魅力があるため、迷うのも仕方ががありません。本記事の他にも個人墓地に焦点を当てた記事なども読みつつ、比較検討して、後々まで納得できるお墓を建てたいもの…。

 

新しくお墓を建てる場合、沖縄の霊園で納骨をする前に、お墓に魂を入れる「開眼供養」も一緒に執り行わなければなりません。このような一連の法要の流れも、業者はスペシャリストですので、相談しながら進めることが出来れば安心。

 

ぜひ、信頼できる業者や担当者との出会いを果たし、安心できるお墓を購入してください。

 

まとめ

沖縄での霊園の選び方

・ウサンデーが出来るスペースを確認
・管理や掃除のしやすい区画を選ぶ
・相性の良い担当者は頼りになる
・契約時の書類は入念に確認する

 


soudan_bnr_600


free_dialshiryou_seikyu

カテゴリー:
タグ:

新着記事

  • 納骨堂からお墓へ改葬。骨壺を移動する基本の流れ
  • 納骨堂の見学をする。契約前に確認したいチェック項目
  • 仏壇を購入する時に気になること☆専門家が答えるQ&A
  • 沖縄のお墓をリフォーム☆決断する5つの目安とは
  • 沖縄の霊園でお墓参り☆集合墓でのお参りマニュアル

カテゴリ

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp