のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

沖縄でお墓の改葬(引越し)。霊園選びのポイントとは

沖縄でお墓の改葬(引越し)。霊園選びのポイントとは
沖縄ではお墓の改葬(引越し)が増えてきましたよね。その背景には、個人墓地のお墓の無縁仏化が進み、沖縄県でも集合墓地でのお墓を推奨していることがあります。

 

かつては沖縄県で新しく個人墓を建てる際には、個人墓地を避け、集合墓地(霊園)でお墓を建てるように進めていましたが、一方で充分な集合墓地がない状態でした。

 

けれども近年になって、公営墓地以外の民間霊園や寺院墓地が沖縄県でも増加し、現代ではより多くの人々が霊園でお墓を建てることができるようになったのも、一因です。

 

本州と比べて沖縄では霊園の歴史が浅いため、今から霊園を探すとなっても、何を基準に探せば良いのか、ピンと来ない方も多いですよね。

 

そこで今回は、沖縄でお墓の改葬(引越し)を検討している方々が選びたい、霊園を見学する時のポイントをお伝えします。

 


遺骨・位牌の年間預り


 

沖縄でお墓の改葬(引越し)。
霊園選びのポイントとは

 

まずは霊園の宗旨宗派をチェックする


沖縄のお墓事では、独自の御願文化がありますよね。葬儀などでは僧侶による読経供養もある一方、家によっては読経供養も入れずに、家長が中心となって拝む方も多いのではないでしょうか。

 

このようなことも鑑みると、霊園を選ぶ際にまずチェックしたい事柄は、その霊園の宗旨宗派です。

 

【 沖縄のお墓を改葬、宗旨宗派 】

 

★ 霊園には三種類の運営母体があります。

 

① 公営墓地=自治体が運営
② 寺院墓地=お寺が運営
③ 民間霊園=民間企業が運営

 

…なのですが、ここで注意をしたいのは寺院墓地で、「寺院」ですからそのお寺の宗旨宗派があり、その寺院墓地にお墓を建てるとなれば、お寺の檀家となって宗旨宗派に倣わなければなりません。

 

全国的な寺院墓地では、墓主は檀家・寺院は菩提寺となります。例えば墓主が違う宗旨宗派で葬儀を上げたり、菩提寺以外の違う僧侶から戒名をもらった場合、その遺骨が埋葬を拒否される事例も多いです。

 

【 沖縄のお墓を改葬、寺院墓地の場合 】

 

★ そのため、沖縄でも寺院墓地のお墓に改葬したいと思うなら、納骨式を含めた法要の形式を確認しておくことをおすすめします。

 

・ その他の公営墓地や民間霊園は宗教色が薄く、宗旨宗派は自由であることがほとんどです。

 

 

提携している石材店をチェックする


沖縄でのお墓の改葬の際に驚く方が多い事柄が、霊園の多くが提携している石材店を持っていることでした。

 

沖縄では個人墓地が主流でしたので、お墓を建てる時には、墓地を探す→石材業者を探す→お墓を建てる、の三段階だったためかもしれません。

 

【 沖縄のお墓を改葬、提携する石材店 】

 

★ そのため沖縄の霊園でお墓を改葬する際には、見学時に他のお墓もチェックして、その老朽具合を確認したり、同時に石材店の善し悪しを確認しておくと安心です。

 

・ 基本的には多くの実績を残す石材店と提携している霊園が多いため、個人で探すよりも良質のお店が多いと言われています。

 

ただ、霊園も石材店もいくつか自分の足で見て回り、比較検討することで、自然と信頼できるお店が分かってくるため、複数の見学を行うと良いです。

 

【 沖縄のお墓を改葬、比較検討の仕方 】

 

★ まずは展示会などでその業者の墓石を、手で触りながら確認ができる会社をおすすめします。

 

・ お墓は長く続くものなので、アフターケアを明示しているとより安心です。インターネットでは「口コミ」や「評判」も確認してください。意外と役立つ情報が多く、役立ちます。

 

 

金額が明瞭に提示されている


沖縄でお墓を改葬するとなると、特に明瞭会計は欠かすことができません。…と言うのも全国的には少ない、個人墓地の撤去から始まるため、内容がより複雑になるからです。

 

【 沖縄のお墓を改葬、料金が明瞭 】

 

★ 沖縄の霊園にお墓を改葬するケースでは、これから入る霊園施設が現在あるお墓の墓じまいや撤去作業まで請け負ってくれるプランも見受けます。

 

・ 墓じまい作業のパックプランも多いですが、①内容の明細②追加料金が発生しないか、の二点を契約を進める際には確認してください。

 

全国的にはお墓の改葬に掛かる費用は、供養を行う僧侶へのお布施、新しいお墓も含めて200万円~300万前後が目安で、撤去作業だけでは30万円~60万円ほどです。

 

沖縄の個人墓地ではお墓を改葬する際に、寺院墓地にみられる「離檀料」が掛からないため、純粋な撤去作業だけの「墓じまいプラン」などを探してみても良いかもしれません。

 

 

霊園の清掃状況、環境をチェックする


霊園のメリットと言えば常に霊園全体が清掃され、気持ちよくお墓参りができることではないでしょうか。沖縄では本州と違い、むやみにお墓参りをするものではない、とされています。

 

そのため個人墓地ではお墓参りの前には大掃除が恒例で、山中にある古い門中墓にもなると、雑草がもうもうと茂り、男手がなくては掃除が進まないことも多いのではないでしょうか。

 

霊園に改葬までするのですから、そのメリットはしっかり享受したいですよね。

 

【 沖縄のお墓を改葬、お墓参りのしやすさを確認 】

 

★ 見学時には、霊園の立地環境を確認し、台風時などの水はけや地盤、風の通りまで見ておくことをおすすめします。

 

・ さらに日頃の管理状況をチェックするために、道のゴミやゴミ箱の様子、管理人の様子まで確認してみてください。

 

お墓の区画を選ぶ際には、秋の落ち葉夏の虫にも考慮して、大木が背面にあるような場所は避けると賢明です。

 

 

霊園の設備を確認する


さらには高齢になった時にもお墓参りがしやすいよう、バリアフリーになっているかまで見て、車がなくても行きやすい立地かどうかもチェックしてください。

 

沖縄では車での交通を前提とした霊園が多いので、シャトルバスなどの送迎の有無も見ておくと、後々まで安心です。

 

 

 

いかがでしたでしょうか、今回は沖縄で霊園にお墓を改葬する際、霊園選びでチェックしたいポイントをまとめました。お墓の改葬は一大行事、お金も掛かりますし、後々まで影響する決断です。

 

設備などまでチェックするようお伝えしましたが、毎年お墓行事もあり、今後も一族の遺骨が納められると考えた時、最も重要な事柄は「管理者との相性」ではないでしょうか。

 

特に住職のいる寺院墓地では、住職との相性は欠かせないため、寺院墓地でお墓を建てるのであれば、住職に会って、その人柄を確認しておくことはとても大切な手順となります。

 

検討時の担当スタッフの人柄…、遺骨へのしっかりとした誠意が見える対応を肌身で感じ、相談のしやすい管理者(スタッフ)がいることも、大切な判断材料になるはずです。

 

 

 

まとめ

沖縄での霊園の選び方

・寺院墓地では宗旨宗派を確認する
・霊園と提携する石材店までチェックする
・追加料金が発生しないか詳細まで確認
・霊園内が常に清潔になっているかチェック
・高齢になってもお参りがしやすいかを見る

 


お墓の引越し、改葬・墓じまい


free_dialshiryou_seikyu

関連記事

合わせて読みたい

人気記事ランキング

カテゴリ

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp