のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

沖縄でのお墓の費用。メモリアルローンの概要と体験談

沖縄でのお墓の費用。メモリアルローンの概要と体験談
沖縄でのお墓、費用はやはり気になるところですよね。全国的にも昔からお墓を購入するとなると、平均的には300万円と言われる世界。家ほどではないにしても、やはり事前にどれくらい掛かるのか、ローンなどの分割払い制度はあるのか…、知りたいもの。

 

沖縄でお墓を建てる費用は、まず考えたい案件ですが、その前に知識や情報を出来るだけ得ることも大切!多くの事例や、石材店や霊園が庭園しているお墓のプラン、実際にお墓を建てた方々の体験談は、自分達の予算立てに大きく役立つのです。

 

とても豪華なお墓を、あまり安い予算で希望しても、いくら探しても見つかりませんし、適切な料金以上の金額を支払っていたとしたら、少しガッカリしますよね。

 

そこで今回は、現在の沖縄でのお墓事情、費用やニーズの動向と、お墓を建てる際に検討する方々も多い、メモリアルローンの概要をお伝えします。

 


soudan_bnr_600b


 

沖縄でのお墓の費用。
メモリアルローンの概要と体験談

 

沖縄でのお墓事情、費用の動向


冒頭で沖縄でのお墓、費用の目安は300万円前後が一般的、とお伝えしましたが、これはひと昔前の話

 

特に沖縄は門中墓が主流で、大きなお墓を建てていたため、それなりの予算は必要でしたが、今ではそんな沖縄のお墓事情、費用に関しても違いがあります。近年では大きな門中墓を、新しく建てる方も少なくなりました。

 

【 沖縄でのお墓、費用の動向 】

 

★ 昔ながらのお墓を修繕、建て替えの事例はあるのですが、新しく建てるケースでは、多くが管理のしやすい、もう少し小さめのものを選ぶようになっています。

 

・ そのため、価格帯もずっとコンパクトに。個人墓地ではなく霊園を利用する方々も増加傾向にあり、その区画内で収まるお墓プランとして、150万円前後のものも多く見られるようになりました。

 

 

沖縄でお墓の費用をより抑えたプラン


ただし、沖縄県でお墓の費用についてアンケートを取ると、50万円~500万円とその幅が広いのも特徴的。個人墓地の大きな敷地で、昔のようなコンクリートではなく、御影石を利用したしっかりとした、デザインも良いお墓を建てるケースはもちろんあります。

 

【 沖縄でのお墓、費用を抑えたプラン 】

 

★ 一方で、洋風のお墓を思わせる、プレート型のよりコンパクトなお墓では、50万円前後のものも…。

 

・ ロッカータイプの納骨堂などになれば、10万円前後で骨壷を納められるので、お墓の購入もより身近なイベントになったのではないでしょうか。

 

某人気ソングの影響もあり、「お墓には魂はない。」と言う考え方から、「墓標として拝む印があれば良い。」と、終活でコンパクトなお墓を生前契約する方も、多く見られるように。二極化が目立ちつつあります。

 

 

金額によっては、カード支払いの選択も


ここまでの話で、沖縄でのお墓の費用が、「思っていたよりもグンと安い…。」と感じた方も多いのではないでしょうか。「一桁違う。」と驚く方も多いように、数百万単位だったお墓も、選択肢によっては数十万単位からあるのです。

 

【 沖縄でのお墓、費用の支払い方 】

 

★ このように近年では十万円単位からのプランも多いため、現金やカード払いの事例も増えてきました。門中墓の場合には、門中で資金を集めることが多いのが特徴。

 

・ もちろん、個人のお墓でも日ごろからお墓のために積み立てをし、それなりの金額でも即金の事例もありますが、やはり多くは分割ローン

 

分割ローンには、葬儀やお墓などの事柄を目的とした「メモリアルローン」の他、車や進学など、葬儀やお墓以外にもあらゆる目的にも利用される、「多目的ローン」などがあります。

 

 

メモリアルローンとは


沖縄ではお墓の費用の他、葬儀などで扱われることが多いのが、メモリアルローン。特に急いで執り行う必要のある葬儀で利用される事例が多いものの、新しくお墓を建てる必要がある場合にも、メモリアルローンは可能。

 

【 沖縄でのお墓の費用、メモリアルローン 】

 

★ メモリアルローンのメリットは、その目的が限られているために、審査が早いこと、そして比較的他のローンより高額な金額も、通りやすいことが挙げられます。

 

・ ただし、葬儀やお墓関連の目的でローンを組むと金利が安くなるのか、…と言えばそうでもありません。金利は7%などの商品が多いです。

 

このような事情から、親族からの要望で四十九日までにお墓を準備しなければならない、など、急ぎのケースでないならば、事前にいくつかのローン商品と比較検討してみるのも、良いかもしれません。

 

 

多目的ローンか、メモリアルローンか


ちなみにお墓を購入する際に分割を希望するならば、メモリアルローン以外の商品では、多目的ローンもおすすめ。カードローンと言う選択肢もひとつの方法。カードローンの場合はカード会社が立替払いをしますが、通常ローンではお金を借りるしくみです。

 

【 沖縄でのお墓の費用、多目的ローン 】

 

★ 多目的ローンについても、信販系や銀行系、前述したようなカード系までさまざまで、最大500万円のものや大きいものでは1,000万円のものまで…。ただ、メモリアルローンのように、審査が通りやすい訳ではないため、そこも理解して進めてください。

 

・ そのため金利にも2.1%~18%と大きく差がありますので、より安い金利を望むなら、それぞれに見積もって比較検討しなければなりません。

 

例えば「○○ユーザーは金利優遇」などの、その商品ならではの措置もあるため、自分達の状況に最も良いものを探してみてください。

 

 

いかがでしたでしょうか、沖縄でお墓を建てる費用、出来ることなら何とか準備をして、故人にも自分達にも納得出来る、後々まで気持ちの良いものを購入したいもの…。

 

ただ、借りるにしても沖縄でのお墓の費用ならではの、予備知識を増やして、選択肢を広げることで、より負担の少ない買い物がが出来ます。メモリアルローンであれば、仕事をしていない高齢の方でも、年金での支払いが考慮されるケースも…。

 

それでも、ムリある返済額で生活があまりにも圧迫する事は、故人の望むところではないはず。大切な事は、会いに行く気持ちなので、ムリしなくても良い予算内で、お墓を建てることも検討してください。

 

また、霊園などでお墓を購入する場合、ローンの他にも管理費や永代供養料が必要になる施設がほとんど。毎月、毎年のランニングコストも加味しながら、ムリのない借り入れ計画を立ててください。

 

まとめ

お墓の購入費用の準備方法

・現在では150万円前後のお墓も増えた
・より価格を抑えた、50万円前後のお墓
・価格帯が低くなり、カード払いの事例も増えた
・メモリアルローンは審査が早く通りやすい
・余裕があれば多目的ローンとも比較する

 


soudan_bnr_600


free_dialshiryou_seikyu

新着記事

  • 葬送の違い、密葬と家族葬。選択前に理解したい5つの事
  • 沖縄での葬儀費用☆事前に備えるための3つの方法
  • 沖縄での葬儀費用、少ない予算で行うための基礎知識
  • 沖縄でお墓を建てる。体験者が迷った5つ選択とアドバイス
  • 沖縄の葬儀と通夜。両方出るべきか迷う方への基礎知識

カテゴリ

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp