のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

沖縄での葬儀、費用の支払い方法。気になる5つの事柄

沖縄での葬儀、費用の支払い方法。気になる5つの事柄
沖縄での葬儀、費用の支払いが心配になることも多いですよね。沖縄に限らず、突然の訃報で執り行うことの多い葬儀ながら、それなりの費用が掛かるだけに、遺族としてはどのように立派なお葬式をしてあげようかと、頭を悩ませるのも、仕方がありません。

 

そうなるとやはり、沖縄での葬儀費用、支払いの時期や方法も気になるのではないでしょうか。葬儀前の打ち合わせで前払いをすべきなのか、それとも葬儀後に手渡しをするのか…。前と後とでは、香典の有無もあるだけに、大きく違うもの。

 

さらに、出来るだけ立派なお葬式にしてあげたいと思う遺族にとっては、もしも予算オーバーしたら、どうなるのか…、などなど不安にもなりますよね。そこで今回は、沖縄で葬儀を行う際の費用、支払い方法と、金額の相場や借り方などをお伝えします。

 

沖縄での葬儀、費用について不安を感じている方々は、まず一度、本記事を読んでみてください。

 


soudan_bnr_600b


 

沖縄での葬儀、費用の支払い方法。
気になる5つの事柄

 

沖縄での葬儀費用の例


沖縄での葬儀で費用も高額になる事例では、ほとんどのケースで参列者が多く規模が大きいため。そのため一般的な葬儀であれば、人数を調整して、予算内で納めるのが賢明。人数や会場によって沖縄での葬儀費用には幅があるので、二例お伝えします。

 

【 沖縄での葬儀費用の例 】

 

① 参列者200人前後の規模で、通夜~告別式まで斎場で執り行った場合…。

 

・ 会場代金と祭壇料金(香典返しや礼状など)の他、お坊さんへのお布施、火葬代金、荼毘広告料金など、一式を葬儀社に依頼して100万円前後の事例がありました。

 

② 参列者30人~40人前後の規模で、通夜~告別式まで自宅で執り行った場合…。

 

・ 上記もろもろの費用を含めて、40万円前後。ただし規模の小さい葬儀を選んだため、一般会葬者の数を抑えるために荼毘広告は出していません

 

ちなみに荼毘広告とは、沖縄の新聞で見られる訃報欄に載せるための掲載料金。沖縄では多くの方々が荼毘広告を掲載する風習がありますが、家族葬のように内々で済ませたいケースでは、敢えて伏せて進めることも増えてきました。

 

 

支払いのタイミング


初めて喪主や遺族として葬儀に関わった時、どうしても気になるのが「いつ葬儀代金を支払うのか…。」支払いのタイミングです。50万円~100万円前後と、驚くほど高い費用ではない、とは言っても突然の訃報。手元にないことも多いのではないでしょうか。

 

【 沖縄での葬儀費用、支払いのタイミング 】

 

■ 葬儀当日~一週間、長くて一ヵ月後までの振込みにて、支払いを設定している葬儀社が多いのが特徴。ただし自分の希望があれば、当初の葬儀の打ち合わせで話してみると、調整してくれることもあるかもしれません。

 

・ 時々「葬儀当日に手渡しで渡すのでは…。」と考えている方もおり、実際にそう言う支払い方法も見受けられるではありますが、後々の振込みが現在はほとんど。そうなるといただいたお香典を整理して、支払いに回すことができて有難いです。

 

そもそもお香典は、相互扶助の意味合いを持っています。通夜や告別式だけではなく、四十九日や納骨などでも、このお香典は不可欠。突然の訃報などの悲しみが少しでも楽になるよう、せめて経済面だけでも、と言う想いもあるのです。

 

 

沖縄で葬儀費用を安くするには


このように当日のお香典を充てることが出来るので、葬儀をより良いものにすることが出来そうなのですが、例えばとても少ない人数での葬儀などでは、お香典も多くはありませんし、最近ではお香典を辞退するケースも増えてきました。

 

【 沖縄での葬儀、費用を安くするポイント 】

 

■ 沖縄で葬儀費用の差が付くのは、祭壇と会場。特に祭壇はピンからキリまであります。人数の少ない小規模な家族葬を設定し、シンプルな祭壇の葬儀を、自宅で行う方法などの工夫をすると、費用も安く収まるはず。

 

・ 小さい葬儀なら荼毘広告料金となる十万円前後もいりませんし、会場代十五万円前後もなくなります。祭壇も自宅であれば、小さいものでも違和感はありません

 

この他にも、特定の宗旨宗派を持たない日本では、仏教的な供養を省いた「直葬」や、遺骨自体を残さない「0葬」なども、終活をしている方々の間で話題にはなっていますが、一般的には規模を小さくした「家族葬」で費用を抑える方法が現実的です。

 

 

葬儀やお墓の費用を借りる


このように自分達やお香典で、沖縄での葬儀費用を賄う方法を考えてきましたが、それでも「どこからか借りて、葬儀費用を準備しなければ難しそうだ…。」と言う場合には、ローンと言う方法もあります。

 

【 沖縄での葬儀費用、ローンの場合 】

 

■ 葬儀やお墓と言ったものを扱うためにあるのが、メモリアルローン。メモリアルローンを選ぶメリットとしては、専用の商品であるため審査が早く、ある程度高額になっても審査が通りやすいところ。

 

・ ただし、金利面から言えば便利な分、7%前後が多く割高。もしも大丈夫そうであれば、通常の銀行系多目的ローンなどもひとつと考え、比較検討してから決めても良いかもしれません。

 

その他、多くの方がカードでの支払いをしていますが、もしも葬儀をきっかけに新規でカードを作って借りたい場合、葬儀ほど高額の借り入れは難しい場合もあります。

 

 

市民葬や保険の補助を検討する


メモリアルローンなどの方法もお伝えしましたが、故人の社会保険や国民保険からでる補助金を利用するのもひとつの方法。また、高齢のケース(75歳以上)で後期高齢者医療制度に入っていれば、ここから費用を賄うことができることも…。

 

【 沖縄での葬儀費用、補助を検討 】

 

■ 社会保険や国民保険からの補助金の内容は、自治体によってさまざま。東京近郊では7万円前後が見込めますが、全国的には3万円~4万円ほど。ただし、こちらも申請をしなくてはなりません。

 

・ 生活保護などを受けていた場合には、国からの負担で葬儀を行う「葬祭扶助制度」もありますので、該当する方は問い合わせてみてください。

 

また、自治体や地域の会館を利用した「市民葬」と言う方法も。市町村の指定する斎場などでの葬儀のため、比較的安い金額で執り行うことができます。

 

 

いかがでしたでしょうか、沖縄での葬儀は費用はもちろん、その葬儀スタイルや会葬客の数など、喪主や遺族としては決めること、こなす事柄がたくさんあって、ただただ戸惑うだけのことも、少なくありません。

 

それでも沖縄に限らず、葬儀費用などに関わる金銭面はシビア。そのため突然だったから…、とも行きません。何も準備をしていないケースでの準備の方法は、以上のようにローンや補助金などがありますが、日ごろから意識して貯蓄するのもおすすめ。

 

沖縄の葬儀費用関連で言えば、互助会や共済などもありますし、「互助会や共済では、葬儀会場も何も自由が利かない!」と感じるのであれば、個人的に積み立て口座を用意して、葬儀やお墓の費用として、日々貯蓄をするのもひとつのアイデア。

 

この機会にぜひ一度、具体的に葬儀やお墓に掛かる費用を考え、その対処法や備えを検討してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

葬儀費用の支払い方

・葬儀費用は会葬者の人数によってさまざま
・費用は葬儀の一週間後~一ヶ月の後払いが多い
・葬儀費用を押さえるなら、祭壇と会場で調整
・葬儀費用をローンで借りる方法もある
・保険や国の補助を申請する方法もある

 


soudan_bnr_600c


free_dialshiryou_seikyu

カテゴリー:
タグ:

新着記事

  • 納骨堂からお墓へ改葬。骨壺を移動する基本の流れ
  • 納骨堂の見学をする。契約前に確認したいチェック項目
  • 仏壇を購入する時に気になること☆専門家が答えるQ&A
  • 沖縄のお墓をリフォーム☆決断する5つの目安とは
  • 沖縄の霊園でお墓参り☆集合墓でのお参りマニュアル

カテゴリ

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp