のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

【沖縄の御願】旧暦五月五日、グングァッチグニチの拝み

【沖縄の御願】旧暦五月五日、グングァッチグニチの拝み
沖縄で旧暦五月の御願行事と言えば、ハーリー大会で盛り上がる「ユッカヌヒー」ですよね。
 
このユッカヌヒーは旧暦五月四日の豊漁祈願の行事ですが、実は翌日旧暦五月五日には、邪気払いの日となる「グングァッチグニチ」があります。
 
沖縄では年間を通して御願行事がさまざまありますが、特に邪気を払って、家族の健康や子どもの健やかな成長を祈願する行事は大切な拝みとして、欠かさない家も多いです。
 
そこで今日は、旧暦五月五日「グングァッチグニチ」の沖縄の御願をお伝えします。
 


遺骨・位牌の年間預り


 

【沖縄の御願】旧暦五月五日、
グングァッチグニチの拝み

 

家族の健康を祈る、グングァッチグニチ


2018年の旧暦五月五日は新暦6月18日の月曜日、本バーリー(子どもバーリーなどもあるので)が行われるであろう、ユッカヌヒーの翌日です。新暦で言えば、子どもの日に当たる日取りですね。
 

【 沖縄の御願、グングァッチグニチの拝みとは 】
 
★ 日ごろから家を守ってくださるヒヌカン・お仏壇(祖霊)へ、家族の健康を祈願するために、邪気払いを行う行事です。

 

 

グングァッチグニチのお供え物


グングァッチグニチの沖縄の御願では、邪気払いに効果的とされる食べ物を供えます。
 

【 沖縄の御願、グングァッチグニチのお供え物 】
 
★ 「邪気」を蹴散らしてくれる神様へは、沖縄で今も人気のデザート「あまがし」をお供えします。ヒヌカン・お仏壇両方へ供えてください。
 
・ さらに強い香りで、「ヤナカジ・シタナカジ」と呼ばれる悪い霊や悪疫を追い払うとされる、しょうぶの葉や匙(さじ)をお供えします。

 
もちろん、あまがしとしょうぶの他に、日ごろからお供えする基本として、ヒヌカンではお酒・塩・お水(チャーギなどの)供え花は供えてください。お仏壇にはお酒と一対のお茶、一対の供え花が基本です。
 
他の沖縄の御願と同じく、ヒラウコー(沖縄のお線香)は、神様(ヒヌカン)へはタヒラと半分(二枚と半分)、お仏壇へはタヒラ(二枚)を拝してください。
 

 

グングァッチグニチに拝むこと


家族の健康を祈願するグングァッチグニチには、ヒラウコーを拝しながら、日ごろの感謝とともに、今後も見守ってくださることを願います。
 

【 沖縄の御願、グングァッチグニチの拝み 】
 
★ 「ウートゥートゥー、ヒヌカン(ウヤフジ)ガナシー
(あな尊き ヒヌカン(御先祖)様)
 
本日は五月五日、グングァッチグニチの日です。
 
日ごろから私たち家族をお見守りいただき、ありがとうございます。お蔭様で、皆元気に健やかに暮らしております。
 
本日、あまがしをお供えしましたので、お受け取りください。
 
そして、今後とも家族にふりかかる病気や災いを払いのけ、家族皆、健やかでありますよう、お見守りください。
 
ミーマンティー ウタビミスーリー ウートゥートゥー」
 
…以上です。

 
病気や災いを払いのけていただくこと、今後も健やかに暮らしていけることを、御願立て(祈願)をしてください。
 

 

沖縄のスイーツ、「あまがし」


沖縄の郷土料理、伝統菓子でもある「あまがし」は、今ならスーパーへ行けば、レトルトパックや缶詰めでも販売されています。現代でも人気の沖縄スイーツです。
 
購入もできますが、作り方も簡単なので、ちょっとご紹介します!
 

【 沖縄の御願、お供え物の「あまがし」 】
 
★ 材料 ★
 
・ 金時豆…200g
・ 押し麦…100g
・ 砂糖…250g(黒糖も美味しい!)
・ 塩…少々
(約5人分)

 

★ 作り方 ★
 
① 金時豆と押し麦は前夜に水洗いして水に浸し、柔らかくしておきます。押し麦は多めの水(倍くらいが目安)で浸すことがポイントです。
 
② 金時豆を付けておいた汁ごと一緒に鍋に入れ、中火でひと煮立ちさせてください。ひと煮立ちしたら、汁は捨ててOKです。
 
③ 再び金時豆と押し麦を、約4~5倍の水で煮てください。ゆっくり弱火で柔らかく煮るのがコツです。
 
④ 豆の柔らかさを確認!プルッと簡単に豆がつぶれたら合格です。
 
⑤ 砂糖と塩を鍋に入れて、味を決めます。
 
⑥ 火を止め、荒熱が取れたら冷蔵庫で冷やして完成です!

 
味を美味しくするポイントはお砂糖の入れ方です。豆を柔らかく煮る工程を丁寧に、完全に柔らかくなったことを確認してから、少しずつ砂糖を加えて味を見ていきます。
 
最後に塩で引き締める感覚です。
 
 

いかがでしたでしょうか、今日は旧暦五月五日の沖縄の御願行事、「グングァッチグニチの拝み」についてお伝えしました。グングァッチグニチと言えば、何と言ってもあまがしですよね。
 
あまがしは本文中でもお伝えしましたが、今でも沖縄の人々に人気が高い、沖縄の伝統スイーツです。夏頃になるとかき氷にあまがしを掛けたデザートも、よく食べられています。
 
作り方も簡単ですが、豆をしっかり水に浸けて、しっかり煮て、何度も指で柔らかさを確認しながら、柔らかく仕上げると、とても美味しいです。
 
レトルトでもたくさん販売されていますが、簡単なのでぜひ、試してみてはいかがでしょうか。
 

 
まとめ

グングァッチグニチの旧暦行事とは

・家族の健康を祈願する、邪気払いの行事
・沖縄伝統菓子あまがしとしょうぶの葉を供える
・災いを払い健康であることを祈願する
・あまがしはレトルトでも多く販売している
・金時豆を押し麦と煮て砂糖で甘くするだけ
・あまがしは今でも沖縄で人気のスイーツ

 


永代供養特集


free_dialshiryou_seikyu

関連記事

合わせて読みたい

人気記事ランキング

カテゴリ

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp