のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

沖縄の法要。年忌焼香(ニンチスーコー)の基礎知識

沖縄の法要。年忌焼香(ニンチスーコー)の基礎知識
沖縄の法要はお墓参りと同じく独特の文化がありますよね。お墓参りでも、年間行事である春先の清水祭や七夕などがありますが、沖縄の法要としても年忌焼香(ニンチスーコー)と呼ばれるものがあります。

 

この年忌焼香は、本州で言うところの一周忌や三回忌にあたるもの。沖縄の法要である年忌焼香は、その呼び方から回数など、少し全国的なものとは違いがあり、沖縄の法要ではお墓参りもしながら執り行うのが恒例。

 

初めての沖縄の法要への参列なら、ある程度の基礎知識を持って望みたいですよね。そこで今回は、沖縄のお墓参り、法要となる年忌焼香の基礎知識をお伝えします。

 

知人や友人、遠い親戚として参列する場合にも、身内として参列する場合にも、ぜひ本記事を参考にしながら、準備を進めてみてください。

 


soudan_bnr_600


 

沖縄のお墓参り。
年忌焼香(ニンチスーコー)の基礎知識

 

年忌焼香(ニンチスーコー)とは


沖縄の法要に当たる年忌焼香(ニンチスーコー)は、冒頭でお伝えしたように、全国的な法要で言うところの、一周忌や三回忌、七回忌などに当たるもの。沖縄の法要では一年忌、三年忌、などと呼びます。

 

【 沖縄の法要:年忌焼香(ニンチスーコー) 】

 

★ 故人が亡くなってから比較的時期が早い年忌焼香が、若焼香(ワカスーコー)、二十五年忌を越えた、時期が経っている年忌焼香を、大焼香(ウフスーコー)と言うのです。

 

 

若焼香(ワカスーコー)の基礎知識


沖縄の法要では比較的時期が早い若焼香(ワカスーコー)。十三年忌までを若焼香としている地域がほとんどですが、その時期は全国的なものとあまり変わりはありません。

 

【 沖縄の法要:若焼香(ワカスーコー) 】

 

・ 一年忌(イヌイ) … 亡くなった翌年
・ 三年忌(サンニンチ) … 亡くなった翌々年
・ 七年忌(シチニンチ) … 亡くなった年から六年後
・ 十三年忌(ジュウサンニンチ) … 亡くなった年から十二年後

 

 

大焼香(ウフスーコー)の基礎知識


大焼香(ウフスーコー)は、二十四年忌からの年月が経った沖縄の法要。若焼香では焼くウチカビの目安は一人につき3枚ですが、この大焼香からは年忌の数に合わせて用意することが多いのも違い。

 

【 沖縄の法要:大焼香(ウフスーコー) 】

 

・ 二十五年忌(ニジュウグニンチ) … 亡くなった年から二十四年後
・ 三十三年忌(サンジュウサンニンチ)… 亡くなった年から三十二年後

 

本州でも三十三回忌を最後に法要を終えたり、永代供養でも三十三回忌を目処として合祀墓に埋葬されることが多いですが、沖縄の法要でも、三十三年忌は「ウワイスーコー(終り焼香)」と呼ばれ、最後となるのです。

 

 

若焼香と大焼香の違い


沖縄の法要では、若焼香までは追善供養の意味合いがあり、用意するお供え料理などもナンカスーコー(初七日)などに倣いますが、二十五年忌からの大焼香には、お祝いの意味合いが出てきます。

 

そのため、大きく違う特徴として、沖縄の法要でのお供え物の違いがあります。

 

【 沖縄の法要:若焼香と大焼香の違い 】

 

★ 若焼香、沖縄の法要での供え物

 

・ かまぼこは
・ 昆布は返し昆布
・ 豚の三枚肉は、皮を上向きに飾る。

 

★ 大焼香、沖縄の法要での供え物

 

・ かまぼこは
・ 昆布は結び昆布
・ 豚の三枚肉は、皮を下向きに飾る。

 

 

本州と沖縄の法要の違い


本州の方々が沖縄の法要について間違えやすい事柄が、法要を行う日取り。できることなら忌日当日に執り行うことが理想的であり、昔は当日の法要も多かったのですが、忙しい現代、集まりやすい週末などに移動する事が多くなりました。

 

【 沖縄の法要:日取りの決め方 】

 

★ 本州の法要の多くが、命日当日に執り行われない場合には「日にちを早めて」設定しなければなりません。例えば、2月19日が命日であれば、2月19日よりも前の週末などに設定するのが基本。

 

・ 一方、沖縄の法要では「日にちを延ばして」設定します。前例と同じケースでは、2月19日より後の、次の週末に設定するのです。

 

本州から嫁いだ場合などは正反対ですので驚くのも当然。事前に知っておくことで戸惑うことも少なくなります。

 

 

沖縄の法要では、お墓参りが基本


本州の法要では、三回忌や七回忌など、お寺の本堂や自宅を利用してお坊様を呼び、読経をお願いして法要を済ませた後、用意していた会食会場へ移動して、会食をするのが風習。けれども沖縄では少し違います。

 

【 沖縄での法要:お墓参り 】

 

★ 沖縄の法要では、お墓参りをして故人を家へ迎え入れ、お仏壇にお供え料理であるウサンミなどのお供え物を準備するのです。

 

 

いかがでしたでしょうか、沖縄の法要は呼び名からしきたりまで、全国的なものとは大きく違うため、例えば本州から嫁いだ場合などには、学ぶこともたくさんあり、戸惑うかもしれません。

 

けれども実際にその日を迎えると、例え家の者であっても皆で集まって一斉にお供え料理を作りますし、必死に動いて終わることもしばしば…。年上の親族の指示を仰いで必死に動いているため、「難しいことが考えられない!」などの声も聞くほどです。

 

沖縄の法要では若焼香まで、特に三年忌までは親族やゆかりのある方々が大勢集まり、故人を偲んで語り合いますが、三年忌を越えると年数に比例して、規模も小さくなる傾向にあります。本州も似ているかもしれません。

 

本記事を参考にしながら基本を押さえ、当日は素直に親族の指示に倣いながら、自然に慣れて行ってください。

 

 

まとめ

沖縄の年忌焼香の基礎知識

・沖縄では若焼香と大焼香に分かれている
・一年忌、三年忌、七年忌、十三年忌が若焼香
・二十五年忌、三十三年忌が大焼香
・若焼香は追善供養、大焼香からは祝儀の意味合いがある
・沖縄では命日に行わない場合、延ばすのがならわし

 


soudan_bnr_600b


free_dialshiryou_seikyu

新着記事

  • 沖縄での相続、継承問題☆お墓を継承する時に理解したい事柄
  • 沖縄で改葬をする時。相談前に検討したい5つの事柄
  • 【沖縄の御願、歳時記】火の神(ヒヌカン)の仕立て方
  • 【沖縄の御願、歳時記】独立した家で祀りたい、ヒヌカンとは
  • 沖縄での納骨トラブル。お墓にまつわる5つの注意点

カテゴリ