のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

沖縄の葬儀、費用が心配。安心して生きる、3つの方法

沖縄の葬儀、費用が心配。安心して生きる、3つの方法
沖縄での葬儀、費用は誰でも心配ですよね。ただ、何となく漠然と不安にはなるものの、あまり向き合って検討する機会もないのではないでしょうか。けれども葬儀を執り行う時は、自分達がコントロールできるものではありません。

 

大切な家族や子ども達に、精神的な悲しみだけではなく、経済的な負担まで掛けるのは本意ではないはず…。元気なうちに何らかの対策を取ることで、少しでも家族の負担が軽減するのなら、何かしらの行動をしたいですよね。

 

そこで今回は、日ごろから漠然と心配になることの多い、沖縄での葬儀の費用、一般的なお葬式スタイルでの目安や傾向、費用を事前に準備しておくための豆知識をお伝えします。

 

ちょっとした気遣いが、後々大きく助かることになるかもしれません。ぜひ一度、目を通してみてください。

 


soudan_bnr_600b


 

沖縄の葬儀、費用が心配。
安心して生きる、3つの方法

 

沖縄での葬儀、費用の目安


沖縄での葬儀費用は会葬者の人数…、つまりお葬式の規模によってまちまち。昔ながらの一般葬を選ぶ場合には、100人~200人前後の会葬者を想定したものがよく見られます。この場合には、祭壇や会場によって大きく違いながらも、100万円前後が目安。

 

【 沖縄での葬儀費用、最近の事情 】

 

■ 沖縄では会葬者の多い葬儀のイメージがありますが、近年では家族やごく身内のみで執り行う、費用の掛からない葬儀プランを選択する家族が増えました。このケースでは30万円~40万円と、50万円以内に収まる場合も…。

 

・ これはコスト面を考慮して選ぶケースもあるものの、一方で終活の広がりとともに、「大勢の浅い関係の知人に見送られるのではなく、少数の深い縁故ある家族や友人知人に、穏やかに見送られたい。」と考える方々が増えてきたため。

 

「遺言書」と言う形で、ハッキリと残す方はまだまだ少ないものの、今やエンディングノートの存在はよりカジュアル。自分なりの理想の葬儀の形を、エンディングノートに書き記しているケースは、意外と多いのです。

 

このように、沖縄での葬儀費用の現状や傾向を知り、大まかな目安を持っておくのも、安心できるひとつの方法と言えます。

 

 

家族で話し合い、葬儀信託に預けておく


このような事情から、まだ元気なうちから家族で理想の葬儀や葬送プランについて、話し合っておきたいもの。終活となると高齢の方々が一人で行うようなイメージがありますが、実際に一人で何もかも行った事例では、トラブルの体験談も少なくありません。

 

【 沖縄での葬儀費用、信託に預ける 】

 

■ 暮らしのためのお金や引き落としをしている、メイン口座は誰にでもあるもの。多くの家庭でこのメイン口座と、積み立て口座を持っていますが、そのどちらも同じ人の名義ではないでしょうか。

 

・ 給料の振込みや財形をしていれば、その貯蓄口座も、やはり大黒柱となるお父さんかお母さん名義であることがほとんど。けれど、もしもの時に銀行は、故人の死亡が確認されると、一時凍結してしまいます。

 

この時困るのが、他の家族の名義の口座がなかったり、預貯金がない場合。亡くなってすぐに葬儀社との打ち合わせでは、打ち合わせ時に前金を求められることも、珍しくはありません。

 

そう考えると、あらかじめ葬儀プランを決定しておき、そのために必要な経費を、葬儀専用の「葬儀信託」に預けておくと安心ではないでしょうか。

 

 

沖縄での葬儀費用の積み立て方


このように沖縄での葬儀費用の目安と、口座が凍結しても安心のお金の預け方を知り対処をしておけば、ひと安心ではありますが、肝心の沖縄での葬儀の費用が、充分ではないことも、ありますよね。

 

やはり、日ごろから突然のことに備えて、沖縄での葬儀費用を積み立てておくと、安心。沖縄での葬儀費用の他、お墓や法要、葬送なども踏まえて多めに積み立てておきたいもの…。

 

【 沖縄での葬儀費用、積み立て方法 】

 

■ 沖縄では葬儀費用を、互助会や共済で積み立てている方も多いです。また、財形貯蓄や銀行の積み立て口座などで、毎月貯めて行くのも良い方法。

 

・ さらには「葬儀保険」に加入するのもひとつの方法。葬儀保険とは、互助会や共済と同じく、千円前後からの小額の掛け金で加入できる、葬儀のための保険。

 

この葬儀保険、近年人気が高まりつつある理由は、加入できる年齢層の幅広さと、医師の診断書を必要としないものが多いところ。50万円~60万円の他、100万円の葬儀費用が出るプランなども見受けられます。

 

ちなみに、葬儀費用の積み立ては、他の積み立てと別口座で続けていかないと、ついつい使ってしまいがち。給料日の日に引き落としがされるよう、当日に日にちを設定すると、より貯まりやすいかもしれません。

 

 

いかがでしたでしょうか、沖縄で葬儀の費用の心配なく、安心して過ごせるような方法をいくつかまとめました。まだまだ現実的ではない頃でも、いや、現実的ではない時期こそ、前向きに検討しておきたいもの…。

 

特に葬儀に関わる事柄は、同じ冠婚葬祭でも結婚式などとは違い、自分達で日程をコントロール出来るものでもありません。そんな突然の出来事のなかで、後々まで納得できる葬儀を執り行いたいと考えるなら、やはり備えの知識は不可欠

 

最後にお話した沖縄での葬儀費用の積み立て方法、特に近年人気が高まりつつある、気軽に加入できる葬儀保険は、金額こそ葬儀のみを対象にしているものの、医師の診断書なしでも、80歳でも加入できる条件のものもあります。

 

自分達に見合うプランと知識を得て、安心して毎日を過ごしてください。

 

まとめ

葬儀費用の準備方法

・近年では50万円以下の葬儀も増えている
・家族で葬儀プランを決め、葬儀信託に預ける
・もしもに備えて、葬儀費用を積み立てる
・互助会や共済での積み立て
・通常の積み立て口座での積み立て
・葬儀保険での費用の準備方法もある


soudan_bnr_600


free_dialshiryou_seikyu

カテゴリー:
タグ:

新着記事

  • 仏壇を購入する時に気になること☆専門家が答えるQ&A
  • 沖縄のお墓をリフォーム☆決断する5つの目安とは
  • 沖縄の霊園でお墓参り☆集合墓でのお参りマニュアル
  • 沖縄の霊園でお墓を選ぶ。快適にお参りできるスタイル
  • 沖縄で人気のお墓を建てる☆今ニーズが高い5つのスタイル

カテゴリ

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp