のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

沖縄での永代供養の費用が気になる。お墓のタイプ別の目安

沖縄での永代供養の費用が気になる。お墓のタイプ別の目安
沖縄では永代供養は費用はもちろん、個人墓地で代々供養をしている家が多いだけに、その知識自体もまだまだ広がってはいませんよね。寺院や民間の霊園でお墓を建てる方法が主流の地域では、永代供養は随分詳しく知られるようになりました。

 

「永代供養」とはお墓などに付加される、子や孫、子孫に変わって永代に渡り管理や供養をしてくれる「サービス」のこと。最近では永代供養が付加されたお墓を差す「永代供養墓」と混同されて勘違いが多いのですが、「お墓」ではありません

 

沖縄でも永代供養は別に費用を付けることで、どのようなお墓でもお願いすることができますが、「永代に渡り管理や供養をする」サービスの特性上、沖縄特有の個人墓地では永代供養は不可能

 

現在個人墓地であれば、霊園に改葬しなければなりません。そうなると大掛かりなだけに、沖縄での永代供養の費用、そして特徴や種類も気になりますよね。

 

そこで今回は、沖縄で永代供養をする際の費用相場や、予算に合わせた期待できるお墓の種類などをお伝えします。

 


soudan_bnr_600c


 

沖縄での永代供養の費用が気になる。
お墓のタイプ別の目安

 

予算が少ない場合の、沖縄での永代供養の費用


家族が急逝したなどの理由で「ともかく予算がないけれど、永代供養をしたい。」と言う方も案外多いもの…。さらに最近では、終活をしている方々や若い世代を中心に、「お墓には気持ちが大切。大きさや豪華さは必要ない。」との考え方も増えてきました。

 

そんな方々を中心に、注目されている葬送スタイルが「納骨堂(霊廟)」

 

【 沖縄での永代供養の費用:納骨堂・霊廟 】

 

★ 納骨堂や霊廟ではお墓ではなく、ロッカーのようなスペースに骨壷を納める葬送スタイル。個人で納めるなら10万円~が目安で、プラスアルファーを支払うことで、夫婦や家族で納められる施設もあります。

 

・ 「ロッカーのようでは…。」と躊躇する方もいるかもしれませんが、いざ見学をしてみると、とても丁寧に納められているイメージの施設も多く、見学前は悩んでいたものの、見学後はスッキリと納得して即断する方も多く見受けられるのが特徴。

 

ひと昔前の「納骨堂」と言えば、お墓を準備して納骨するまで預かる施設でしかありませんでしたが、現代ではお墓として機能している納骨堂が増えているのです。

 

 

たくさんの予算は出せないけれど…、集合墓


それでも、どうしても納骨堂や霊廟には抵抗がある方々もいるはず。「予算は多くはないけれど、小さくてもお墓に埋葬したい。」と言う方が選ぶことの多いお墓が、小さなお墓が集まる「集合墓」

 

お墓が一戸建て、納骨堂がマンションであれば、言わば集合墓は小さな建売住宅、と言ったところでしょうか。そのため、ある程度入るスペースや墓石デザインは決められているものの、小さいながらキチンとお墓になっていてくれるのです。

 

【 沖縄での永代供養の費用:集合墓 】

 

★ 集合墓になると納骨堂や霊廟と違い、墓石や墓地スペースはどうしても予算に含まれるため、沖縄での永代供養の費用相場は50万円前後~が目安。さらにお墓のデザインや墓地スペースの広さによって、価格帯の幅は広いです。

 

・ 納骨堂などと比較するとやや高めではありますが、全国的なお墓を建てる費用相場は300万円。墓石を置いたお墓としては、低予算で実現するので、驚く方々が多いのではないでしょうか。

 

…とは言え、50万円は最も安い価格帯の相場であり、お墓の規模によって価格帯の幅が広いと考えるとスムーズです。

 

 

全国的なスタイルに近いお墓


沖縄では永代供養はともかく、費用で気になるのは、改葬を検討するケースが多いだけに、新しくお墓を建てる総費用ではないでしょうか。沖縄のお墓が高くなるのは、一重に「家のよう」と例えられる、その大きさがひとつの理由。

 

沖縄の霊園で永代供養を付加した費用を、安く抑えたいのであれば、やはり墓地スペースと墓石の使用量を少なくして、予算を抑えるしかありません。そうなると参考にしたいお墓のスタイルが、全国的に見るコンパクトなお墓です。

 

【 沖縄での永代供養の費用:コンパクトな個人墓 】

 

★ コンパクトなお墓になれば、沖縄での永代供養を付加したお墓の費用も、最低ラインで100万円前後~。彫刻や石材の質によって、上を見ればいくらでも高くはなりますが、シンプルなタイプであれば随分と価格帯を抑えることができます。

 

・ さらに沖縄では「軸石型」と呼ばれる沖縄と日本のお墓を折衷したような、上部分がプレートで、下部分が沖縄独特の骨壷を納める室になるお墓も登場。実際に人気があるデザインです。

 

少し価格帯は高めにはなりますが、狭いスペースで建つ、コンパクトな沖縄ならではの亀甲墓や破風墓のデザインもあるので、予算に合わせて検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

やはりしっかりと!昔ながらのお墓


個人墓地に建てられた沖縄の門中墓は、観光地にもなっているほど巨大なものも見受けられるので、その規模はさまざま。あまり大きなお墓となれば難しいものの、予算が許すのであれば、墓地スペースを確保して、それなりのお墓を建てることはできます。

 

【 沖縄での永代供養の費用:琉球墓 】

 

★ ただそうなると予算はピンキリ300万円~600万円の予算が最も多い価格帯ですが、その幅は大きいです。清明祭を想定して屋根を付けるなど、墓地スペースだけではなく、墓石デザインによっても、その価格帯は大きく変わります。

 

・ 永代供養はそのお墓に付加する形になるため、墓石代+墓地スペース代(永代使用料)に永代供養料をプラスし、その費用相場は10万円~40万円が最も多い価格帯として、100万円などのケースも…。

 

沖縄では事例はないものの、全国的には永代供養料が破格のものがありトラブルになったケースもあるので、あまりに高い永代供養料を提示された際には、他の霊園などにも相談をするなど、注意してください。

 

 

 

いかがでしたでしょうか、沖縄で永代供養を考えると、費用はやはり気になるところ。沖縄の霊園では永代供養の費用も付加された、納骨堂や集合墓なども多く発見できるようになり、お墓全体の価格帯が明瞭になっているものが増えました。

 

このように、後々プラスアルファーの費用が出てこない霊園は、信頼できる要素のひとつ。ただし、霊園に改葬する事例が増えてきた沖縄では、永代供養の費用はもちろんのこと、改葬費用まで含めたトータルで予算を考えなければなりません。

 

改葬だけ、他の石材業者へ依頼しようとする方々も多いのですが、沖縄では霊園でも改葬の相談も受け付けてくれる施設が多いです。まずは改葬先の霊園に相談をして、ひとつの業者でまとめてしまうのも、予算が明瞭になるコツです。

 

 

 

まとめ

沖縄で永代供養を選ぶ予算相場

・永代供養をお願いするなら、霊園
・納骨堂なら10万円~が予算相場
・集合墓は50万円前後~が予算相場
・コンパクトな個人墓なら100万円~
・昔ながらの琉球墓は300万円~600万円が多い
・お墓にプラスするなら10万円~40万円前後がコア
・改葬予算も考慮して、まず霊園に相談もアリ


soudan_bnr_600


free_dialshiryou_seikyu

新着記事

  • 納骨堂からお墓へ改葬。骨壺を移動する基本の流れ
  • 納骨堂の見学をする。契約前に確認したいチェック項目
  • 仏壇を購入する時に気になること☆専門家が答えるQ&A
  • 沖縄のお墓をリフォーム☆決断する5つの目安とは
  • 沖縄の霊園でお墓参り☆集合墓でのお参りマニュアル

カテゴリ

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp