のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

沖縄の納骨式で欠かせない、ヒジャイガミの作法とは

沖縄の納骨式で欠かせない、ヒジャイガミの作法とは
沖縄の納骨式では、本来の納骨ももちろん大切な儀式ですが、その前に沖縄のお墓にいらっしゃる「ヒジャイガミ」への祈願を先に行います。例えば他の地域から沖縄に嫁いだ場合など、一般的な納骨マナーや流れは理解していても戸惑いますよね。

 

沖縄は納骨に限らず、その独特なお墓の様子からも分かるように、ことお墓事に関しては独自の風習を持っています。お供え物から一連の流れ、日取りの決め方まで、多くの違いがあるので、沖縄の方自身も、自分が施主となると戸惑うことも…。

 

けれども大切な故人をしっかりと弔うためにも、墓主としての責任としても、きちんと理解して沖縄の納骨を執り行いたいですよね。そこで今回は、沖縄の納骨式のなかでも、独特である「ヒジャイガミ」への祈願の儀式を詳しくお伝えします。

 


soudan_bnr_600


 

沖縄の納骨式で欠かせない、
ヒジャイガミの作法とは

 

沖縄で納骨が行われるまでの遺骨


沖縄の納骨式、ヒジャイガミへの祈願の前に「沖縄で納骨式が執り行われるまで、遺骨はどこに保管するのだろう…。」と、疑問に思う方々も多いですよね。

 

実は沖縄の納骨は主に告別式後に行うことが多いのですが、門中墓に入らないなどの選択から、なかにはお墓の準備ができていないケースも多くなりました。

 

【 遺骨の保管 】

■ 新しくお墓を建てる場合など、長く遺骨を納める場所がない事例が多くありますが、現在では遺骨を自宅で供養する「手元供養」にして、納骨の日を待つ家庭が増えています。

 

・ お墓を建てるなどの理由から、長い期間遺骨を納めたい時には、納骨堂と言う選択も。納骨堂であれば長く安置できるので、一周忌や三回忌に合わせてお墓を作ることもできます。

 

ちなみにお墓は、沖縄では告別式に、全国的には四十九日で納骨される事が多いのですが、「いつまでに納骨しなければならない。」と言う規定はありません。

 

 

沖縄の納骨で見られる「野辺送り」


沖縄の納骨を知るには、まず沖縄ではその昔、風葬の習慣があったことを理解しなければなりません。その風習の名残りとして、大きなお墓や人目につきにくい場所のお墓、…などがありますが、「野辺送り」の習慣もそのひとつです。

 

【 沖縄の納骨で見られる「野辺送り」とは 】

■ 沖縄の納骨式では、お墓まで行列で(葬列)歩いて見送る儀式があります。それが「野辺送り(のべおくり)」。「野辺送り(のべおくり)」とも言われますが、「タビ」とも呼ばれています。

 

昔ながらの野辺送りでは、旗を持った人や松明を持った人々が先に立ち、続いて葬列を組んでお墓まで歩きますが、環境の変化や火葬への葬送方法への変化から、都心部などでは見られることも少なくなりました。

 

 

沖縄のお墓にいらっしゃる「ヒジャイガミ」


さて、沖縄の納骨式の前に祈願する「ヒジャイガミ」ですが、漢字では「左神」と書き、その名前の通り、お墓の左側に位置します。沖縄の納骨式では、まず左神(ヒジャイガミ)への祈願から始まるのです。

 

【 沖縄のお墓にいらっしゃる「ヒジャイガミ」 】

■ 左神(ヒジャイガミ)は、言わば沖縄のお墓の守護神。沖縄では納骨に限らず、お墓参りなど、全てのお墓事の際にまず祈願する神様でもあります。

 

・ 間違えやすいのがお墓の「左側」と言うことです。つまり、お墓に向かっている人間にとっては、向かって「右側」に左神(ヒジャイガミ)がいらっしゃる、と言うこと。

 

沖縄で納骨やお墓参りをする際には、真ん中(故人やご先祖様)へ向かって手を合わせる前に、必ず向かって右側にいる左神(ヒジャイガミ)へ手を合わせてください。

 

 

沖縄で納骨前に行う、ヒジャイガミへの祈願


では沖縄の納骨式の前に行うヒジャイガミへの具体的な祈願は、どのように進められるのでしょうか。基本的にはヒジャイガミへのお供え物と拝み(ウートゥートゥー)です。

 

【 ヒジャイガミへのお供え物 】

■ 地域によって違いはありますが、基本的なお供え物は以下の通り。

・ 沖縄のお墓事に欠かせない重箱料理
・ ウチカビと線香
・ お酒
・ 水
・ ウチャトゥ(お茶)

 

重箱料理はおかず7品から9品の重箱と、おもち9個から15個のもの、それぞれひと箱ずつ用意する「カタシー」で大丈夫。あの世のお金「ウチカビ」と、沖縄の納骨式では線香も「ヒラウコー」であることは、基本ですね。

 

 

墓を開けるべき人とは


さらに沖縄の独自の文化として、沖縄のお墓を開ける人が決められている、と言うものがあります。故人の干支に「相(そう)」を合わせる必要があるのですが、実はこの相合わせ、地域によって大きく違う点がややこしい側面でもあります。

 

【 お墓を開ける「相(そう)の合った人」 】

■ 例えば沖縄のある地域では、故人の干支からの数えで判断し、交互に「フミ」と「ハナシ」とに分けられる風習があります。「フミ」はこの世に近く、「ハナシ」はあの世に連れて行かれやすい、とされるのです。

 

・ そのためこの地域では「ハナシ」がお墓を開けることは避けられます。つまり、「フミ」の干支に産まれた人がお墓を開けるのです。

 

とは言え「お墓を開ける」と言っても、実際にはカロートは重いので、石材店の業者が開けるもの…。儀式としてカロートをたたいたり、墓地の草をむしるなどをする役割です。

 

 

いかがでしたでしょうか、ここまでお伝えしましたが、本記事ではまだ沖縄の納骨式の始まりである、ヒジャイガミへの祈願までしか書かれていません。そのことからも分かるように、沖縄ではお墓事がとても大切なものとされているのです。

 

…とは言え、沖縄の納骨式に限らず、日本では仏教の教えを基本として、広い地域や人々の心のなかで、お墓やご先祖様を大切にしています。他の地域の風習が身に付いている時、新しい風習は複雑で難しくも感じますが、その基本の心は同じ。

 

もしも沖縄のお墓事に慣れていないのであれば、ご先祖様や神様を敬う気持ちを大切に、その行事の時々で分からないことは、素直に聞くことで、問題なく解決することも多いはず。

 

気負わず素直に、沖縄の納骨式を乗り越え、ひとつひとつの法事をこなしていきましょう。

 

まとめ

【沖縄の納骨式】ヒジャイガミへの祈願とは

・納骨式まで遺骨は自宅で供養する事例が多い
・葬列を組んでお墓まで見送る「野辺送り」(タビ)
・ヒジャイガミはお墓の左側にいる、お墓の守護神
・納骨の前にヒジャイガミにお供えをして拝む
・「相の合った人」がお墓を開ける


soudan_bnr_600b


free_dialshiryou_seikyu

カテゴリー:
タグ:

新着記事

  • 沖縄での相続、継承問題☆お墓を継承する時に理解したい事柄
  • 沖縄で改葬をする時。相談前に検討したい5つの事柄
  • 【沖縄の御願、歳時記】火の神(ヒヌカン)の仕立て方
  • 【沖縄の御願、歳時記】独立した家で祀りたい、ヒヌカンとは
  • 沖縄での納骨トラブル。お墓にまつわる5つの注意点

カテゴリ