のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

【沖縄の御願】十八夜拝みは観音様への感謝☆基本の拝み方

【沖縄の御願】十八夜拝みは観音様への感謝☆基本の拝み方
沖縄の御願では有名な清明祭などが有名ですが、その他にも毎月それぞれにいくつかの行事がありますよね。特に一月・五月・九月は沖縄の御願では忌むべき月とされ、お祓いの意味合いでの行事が多いです。

 

全国的な九月の行事と言えば、お月見で知られる十五夜がありますが、沖縄にも「十五夜」自体はあります。…ただ、月が昇る頃を見計らって沖縄でも御願を行うものの、それはお月見とは意味合いが違うもの…。

 

沖縄の御願で十五夜は「関帝」を祀る家々で商売繁盛など、金銭面での祈祷をするために拝むのですが、同じように十八夜拝みは観音様を祀る家々での行事。

 

子どもの健康を祈るなら観音様。せっかく十八夜拝みをするのなら、丁寧に風習に倣って行いたいですよね。そこで今回は、子どもの健康を祈る、観音様への十八夜拝みでの、お供え物や拝み方をお伝えします。

 


soudan_bnr_600b


 

【沖縄の御願】十八夜拝みは観音様への感謝☆
基本の拝み方

 

十八夜拝みは全ての家ではない


沖縄の御願では、十五夜拝みが「関帝」様を祀った家の風習であるように、十八夜拝みもまた、清明祭や旧正月のような、沖縄のほとんどの家々で行われるものではありません

 

【 沖縄の御願☆十八夜拝みをする家とは 】

 

★ 家に観音様を仕立てている場合、一月・五月・九月の十八日は観音様へ感謝を込めて沖縄で御願を行うので習わし。元々は門中を守護している神様が観音様である場合に、十八夜拝みが行われるのが基本。

 

・ 関帝様が商売や金銭の神様であれば、観音様は子育てを守護されていると言われ、特に家に病弱な子どもがいる家や、「子年」に子どもが生まれた家は、観音様を祀ると良い、とされています。

 

また、沖縄の神様と通信ができるとされる「ユタ」の方々も、天から指導をされる「チヂ」の導きにより、自分の観音様を仕立てることがあるのです。

 

 

一月・五月・九月(旧暦)は厄払い


沖縄の御願では、一月・五月・九月は禍(=災い)を避ける月とされ厄払いのために、沖縄では御願を行う家は多いです。そこで十八日拝みに当たるのが観音様なのです。

 

【 沖縄の御願:観音拝み 】

 

★ 家に祀っている観音様を拝むのが一般的ですが、子どもが病気であったり、相談したいことがある家は、この時期に地域の観音堂へ、観音拝みをしに行くことも…。

 

・ 全国的に最も有名な沖縄の観音堂と言えば、首里観音堂。あまり一般的ではありませんが、観音巡りをすることもあり、今では特に観光客の方などが巡ることも多いです。

 

ちなみにこの時期の沖縄の御願と言えば「神拝み(カミウガミ)」。自分達の祖先や関わりの深い拝所を巡るのが、このカミウガミなのですが、これもとても深いものなので、別記事でお伝えします。

 

 

十八夜で観音様に供える、ウサギムン


十八夜の観音様への拝みでも、従来の沖縄の御願同様、お供え物(ウサギムン)が必要です。

 

【 沖縄の御願:十八夜でのウサギムン 】

 

・ お酒
・ 花米(生米=洗っていないお米)
・ 洗った米
・ 果物(りんごやバナナなどを盛り付ける)

 

ヒラウコー(お線香)は、ヒヌカンへの拝みで多い「タヒラと半分」、つまり日本線香の本数で言うところの12本プラス6本で、二枚と半分

 

ちなみに、地域の観音堂へ出向いて拝む、観音拝みの際にもウサギムン(お供え物)が必要。内容は白ウブク(ご飯)に饅頭、果物(盛り合わせ)でOKです。

 

 

沖縄での御願、ちょっとした勘違い


昔から沖縄の御願に慣れ親しんだ方々なら当たり前のことですが、例えば、本州出身の方など、沖縄の御願に詳しくない方々に多い「ちょっとした勘違い」もここで理解しておきたいところ。

 

【 沖縄の御願:神様への拝みとご先祖様への拝み 】

 

★ 沖縄の信仰として、ヒヌカン信仰と言われるいわゆる「八百万の神様」の存在と、先祖崇拝のふたつがあります。

 

・ お盆などご先祖様に拝む際には、天国のお金「打ち紙」が燃やされますが(煙にして天国へお金を届ける意)、神様には必要ありません

 

同じく清明祭など、ご先祖様に関わる行事では重箱のお供え物、ウサンミが供されますが、神様の拝みではお米と果物程度。多くの料理は供しないのです。

 

【 沖縄の御願:神様への拝みとご先祖様への拝み2 】

 

★ さらに多くの行事でヒヌカンとお仏だんにウブク(ご飯)を供えますが、ヒヌカンへは三膳、お仏だんへは二膳であることが多いのも、覚えるのに便利。

 

・ ヒラウコーの枚数(本数)を覚える時には、ヒヌカンは「タヒラと半分(日本線香では12本+3本)」ですが、他の御願で多い本数と言えば「タヒラ(日本線香では12本)」と意識しておくと、覚えやすいです。

 

ちょっとした豆知識で、細やかな沖縄での御願の習わしがぐんと覚えやすくなるはず。ぜひ頭の片隅に入れてみてください。ただし、地域によって細かな風習が変わってくることも意識しておくと安心です。

 

 

 

いかがでしたでしょうか、今回は一月・五月・九月の十八日に行われる観音様への拝み、「十八夜(ジュウハチヤ)」について、少しお伝えしました。最近は観音様巡りのツアーを行う方もしばしば見受けます。

沖縄では観音様にまつわるお話も多く伝えられ、「観音様は星から生まれた」と言う方も少なくありません。先手観音様、正観音様など、「自分の観音様」を祀る方もいることは、沖縄らしいのではないでしょうか。

「十八夜拝み」と本文中ではお伝えしてきましたが、「十八夜祭り」と言う家もあり、月が昇る頃に沖縄では御願を始めることから、「星拝み」と伝える方も見受けます。

ぜひ果物をお供えして、キレイな星空を拝んでみてはいかがでしょうか。子育てや家族の健康に不安があれば、観音様巡りも良いかもしれません。観音様を前にして、惹きこまれる方々は意外に多いです。

 

 

まとめ

十八夜の観音様拝みのポイント

・観音様を祀っている家で行われる
・一月・五月・九月の十八日に行う
・花米、洗い米と果物の盛り合わせを供える
・神様へは打ち紙やウサンミは必要ない
・神様へはウブク三膳、仏壇へは二膳が多い
・ヒヌカンへタヒラ半、他はタヒラが多い
・観音様は星から生まれたとの言い伝えもある

 


soudan_bnr_600


free_dialshiryou_seikyu

新着記事

  • 納骨式の案内が来たら…。参列前に理解したい基本マナー
  • 納骨式を家族のみで執り行う。理解したい3つの「配慮」
  • 納骨式を行う費用の目安。墓主が準備する5つの項目
  • 納骨堂に決める時の流れ。選び方から契約までの手順とは
  • 納骨堂からお墓へ改葬。骨壺を移動する基本の流れ

カテゴリ

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp