のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

沖縄の相続、負の財産☆験談から見る疑問と注意点

沖縄の相続、負の財産☆験談から見る疑問と注意点
沖縄で相続をする際、もちろん財産がプラス…、つまり預貯金や不動産などの財産が残っていれば、「誰がその財産を相続するか?」が焦点になりますが、沖縄に限らず相続が、借金などの負の財産であった場合には「誰が払うか?」を話し合いますよね。  

 

借金だけではなく、故人が住んでいた家が賃貸住宅で、孤独死などのあまり歓迎されない逝き方だった場合には、部屋の掃除や片付け、原状回復などの費用も掛かりますが、これも「負の財産」のひとつとなるのではないでしょうか。  

 

両親や家族の負の財産、気持ちとしては「何とかしてあげたい…。」と思っても、現実的には難しいことも多いですよね。  

 

そこで今回は、沖縄での相続問題において、負の遺産を受けた際に、沖縄で相続放棄の際に気になる事柄や、失敗談の多い事柄について、注意点をお伝えします。

 


お墓の引越し、改葬・墓じまい


 

沖縄の相続、負の財産☆
体験談から見る疑問と注意点

 

相続放棄をする理由


冒頭で孤独死などのケースでの原状回復の事例をお伝えしたように、沖縄に限らず相続放棄をする理由は、「負の遺産」は借金だけではありません。  

 

【 沖縄での相続、放棄の理由 】

 

★ その他にも、例えば故人の家がゴミ屋敷であった場合の、家の整理整頓も、相続人が負担をしますが、相続放棄をした場合には、その作業も放棄することになります。

 

・ また事故などで亡くなった際、加害者の立場であったなら、財産を相続することで被害者への損害賠償も負担することに…。借金の他には、このようないくつかの理由を見受けられます。

 

借金の存在を知っているかどうか


借金は通常、あまり人に知らせるものではありませんから、故人が亡くなってすぐに借金の存在を知るとは限りません。 

 

【 沖縄での相続、借金の存在 】  

 

★ 他の沖縄では他の相続をしてから、後々になって借金の存在を知る事例も見受けられます。この事態を防ぐためには、多少の費用は掛かりますが、弁護士などに相談して財産目録を作ってもらう方法も安心。  

 

・ 相続放棄は故人が亡くなった事を知ってから、三ヶ月以内に行わなければなりません。思うよりも短い時間内で財産の全てを把握しなければならないため、専門家の力を借りる方は多いです。  

 

この三ヶ月の間では、四十九日や百か日と言った法要もあります。沖縄では相続はもちろん、四十九日も位牌に魂を入れる大切な法要ですので、遺族は忙しくしている事が多いのではないでしょうか。    

 

気になる方の多い、仏壇やお墓の継承


沖縄で相続放棄をする際、躊躇する理由に多いのが、仏壇やお墓の継承問題。沖縄では遺産相続はもちろんですが、それ以上に焦点になりやすい事柄が、故人が墓主であった場合の位牌やお墓の継承…。  

 

【 沖縄の相続、位牌やお墓 】  

 

★ 沖縄では「相続放棄をすると、位牌やお墓の継承も出来ないから放棄できない。」と考える方が多いのですが、実はこれは勘違い。  

 

・ お墓や位牌などは「祭祀財産」。借金を含む預貯金や不動産などの「相続財産」とは全く別物として考えられているので、相続放棄をしてもお墓や位牌の継承はできるのです。  

 

不動産は相続できる?


沖縄で相続の際に、お墓や位牌に次いで間違えが多いのが、不動産に関する事柄。  

 

【 沖縄での相続、不動産 】  

 

★ 時々、「相続放棄をしても、家などの不動産は持っていられる。」と考える方がいるのですが、これは間違え。家なども「相続財産」に入るため、例え住んでいたとしても、相続放棄をしたならば引き継ぐことはできません。  

 

・ ただし家のローンが残っていたなら、家の保険が適用されて、その後の支払いが免除になるケースがほとんど。家のローンだけならば、相続放棄をする必要がないケースが多いのです。  

 

相続放棄をするなら連絡を


故人に背負いきれない借金があるなどして、相続放棄をするのであれば、事前に親族に話しておくとトラブルになりません。  

 

【 沖縄での相続、話し合い 】  

 

★ 相続放棄をする事は一人でも出来ますが、相続放棄と言うことは、その相続が次に相続権を持つ方へ移行する、と言うこと。  

 

・ これがプラスの遺産であれば問題もないのですが、マイナスの遺産である場合、次に受けた方も相続放棄をしなければ、思わぬ負担がのし掛かってしまいます。  

 

相続放棄には期限もあるため、その内容も話し合い、皆で決めた後に放棄をする方法が一番円満ではないでしょうか。    

 

 

 

いかがでしたでしょうか、実は沖縄では負の相続問題も多々見受けられるのですが、基礎知識を理解していないと、周囲の知識をうのみにしてしまい、いらぬ借金を背負うことにもなり兼ねません。  

 

例えばお金を貸す立場であれば、やはり貸したお金を返してもらいたいですから、十分な知識を教えてくれないことは多々あるもの…。冒頭でお伝えした賃貸住宅の場合には、相続を放棄した場合、その家主が解決しなければならないのです。  

 

そう考えると、それぞれが正しい知識を蓄えて、賢く立ち振る舞いたいもの。周囲に流されず、周囲にも配慮しながらも、自分にとっても無理な負担のない選択が出来れば、その後も安定した暮らしが出来る、と言えるのではないでしょうか。  

 

沖縄に限らず相続に関する、知っておくと助かる事柄は、まだまだあります。日ごろから理解しておくだけで、選択も変わってくるので、意識を向けておく事をおすすめします。

 

 

まとめ

負の財産を放棄する際の注意点

・相続放棄の理由は借金だけではない
・借金の存在を知るため、まず確認
・相続放棄をしてもお墓は継承できる
・放棄をしたら不動産も相続できない
・次に相続が移る方へ報告すると安心

 


永代供養特集


free_dialshiryou_seikyu

関連記事

合わせて読みたい

人気記事ランキング

カテゴリ

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp