のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

沖縄での葬儀費用☆事前に備えるための3つの方法

沖縄での葬儀費用☆事前に備えるための3つの方法
沖縄での葬儀費用はその規模によってさまざまながら、小さい規模で50万円前後~、一般的な規模で100万円前後のものなどがあります。口で言うのは簡単ですが、突然の訃報などになったりと、具体的な様子を考えると、ちょっと不安にもなりますよね。

 

沖縄での葬儀費用は、一般的に葬儀から数週間~十日間、長くても一ヶ月後までに葬儀社に振り込んで支払いをするケースがほとんど。そのためお香典などで賄うことも出来ますが、オーバーすることも多いですから、キチンと支払いができるようにしたおくと安心。

 

ただ、それには日ごろから「もしも」と向き合い、冷静に備えておかなければなりません。タブーとするのではなく、備えることで安心できて縁起が良い、と考えれば、冷静に進められそうですよね。

 

そこで今回は、沖縄での葬儀費用、日ごろから備えるための、準備のいくつかの方法と、注意したい方法をお伝えします。

 


soudan_bnr_600b


 

沖縄での葬儀費用☆
事前に備えるための3つの方法

 

沖縄の葬儀費用を互助会で貯蓄


沖縄では葬儀費用を「互助会」や「共済」を使って、貯蓄しているケースも少なくありません。沖縄で人気の互助会は大手二種類に分かれるところなのですが、二種類に限らず、大小合わせてさまざまな互助会や共済を見掛けることができるはず。

 

場所によっては互助会の営業ウーマンが、各家庭を回るので、チラシなどを見掛ける方は多いのではないでしょうか。

 

【 沖縄の葬儀費用、互助会で貯蓄 】

 

★ 互助会に入って貯蓄をするメリットは、入っておくと、仮に入会後比較的早い時期に、不幸が起きた場合でも、互助会によって葬儀を安心して執り行うことができる点。保険に似た役割を果たすので、約束した金額内で準備をしてくれるのです。

 

・ 一方で、提携する斎場などがあるため、互助会や共済を利用して葬儀を執り行おうと考えたら、定められた斎場やコースに限られてくる側面も否めません。

ただ、互助会は冠婚葬祭。お祝い事も互助会や共済で行うことができるものが多いため、結婚などの他の要素でも、利用することができるはず。

 

葬儀費用を作るために互助会や共済での貯蓄を選ぶなら、入会時にはいくつかの互助会の資料をもらい、斎場の質や特徴、結婚式まで、提携している施設の好き嫌いや良し悪しを入念にチェックして、「使いたい」施設が入っているものを選ぶのがポイントです。

 

 

沖縄の葬儀費用を積み立てで貯蓄


このように互助会などを利用して、毎月積み立てて行く方法は、いざと言う場合でも安心。けれども葬儀会場や葬儀スタイルなど、自由に組み立てたい方々にとっては、「結局オプション代金が高くなった。」などの感想も見られるのは確か…。

 

葬儀スタイルや会場にこだわりがあるケースでは、自分達で冠婚葬祭用の積み立てを続けていく方が、同じ金額を貯蓄しても自由度が高いかもしれません。

 

【 沖縄の葬儀費用、積み立てで貯蓄 】

 

★ 「確実に貯まる」などの評判が昔から良い、定番の積み立て方法と言えば、財形貯蓄。会社の給料から直接貯蓄をするため、強制的に貯めることができるのが魅力。

 

・ その他、多くの積み立て商品がありますが、違う形で積み立て口座を作るのであれば、給料日初日に引き落とされるように設定すべき。「残ったら貯蓄」と言う考え方では、なかなか貯まらない…、と言う感想が一般的です。

 

出来ることなら、葬儀用の貯蓄と子どものための貯蓄は別口座にしたいもの…。子ども手当てなどは子どものための貯蓄口座に回し、進学や結婚式に使うようにすると、物事が重なった時にも、より困らないケースが多い傾向にあります。

 

 

終活に多い、葬儀信託


終活をしている方々が、沖縄で「葬儀費用を残しておきたい。」と考えた時、検討したいのが葬儀信託。葬儀社によるものと、銀行によるものがあります。

 

葬儀社の場合には、その会社が倒産してしまったら元も子もないので、出来れば銀行の葬儀信託を利用したい、と考える方も多いのが特徴。ただ、葬儀社の葬儀信託を利用するケースでは、葬儀の生前契約をしている事例が多い傾向にあります。

 

【 沖縄の葬儀費用、葬儀信託に預ける 】

 

★ 葬儀信託とは、沖縄での葬儀の費用のために預けられたお金。亡くなった人の名義で作られた口座は、相続の手続きが終わるまで凍結されるもの…。

 

・ 沖縄では葬儀費用なら引き落としが出来るものの、そのための手続きに手間取ることもしばしばあるので、最初から葬儀信託に預けておくことで、よりスムーズに葬儀費用を用立てることができるのです。

 

 

おすすめしない備え方


時々、「葬儀信託は面倒臭いから、子どもの名義でお金を貯めておこう。」と考えている方々を見受けます。子ども名義の口座に、毎月積み立てをして行く方法で、ある程度貯めておこう…、と言うこと。

 

確かに単純に考えると、その名義は子どもであるため、本人が亡くなった後でも暗証番号や通帳と印鑑を渡しておけば、滞りなく沖縄で葬儀費用を準備出来るようにも思えるのですが、これは間違え

 

【 沖縄の葬儀費用、名義預金口座 】

 

★ 案外気づいていない方も多いのですが、実はこれは「名義預金口座」。つまり、名義だけを子どもから借りている状態…。

 

・ そのため、名義である子どもの出し入れの様子が見られない場合には、「名義預金口座」として、自分名義の口座とともに凍結される可能性もあるのです。

 

確かに銀行がそれに気づくかどうか…、などの問答はありますが、本来のルールに沿えば少し危険。出来る限り安心できる方法で、沖縄での葬儀費用を準備しておくと、終活後も安心して過ごせるのではないでしょうか。

 

 

いかがでしたでしょうか、沖縄での葬儀費用、突然の訃報も多くあるだけに、死について考えることはタブー、とばかり考えずに、日ごろからもしもの時の備えはしておきたいもの…。実はこのような備えこそ、落ち込んだ心の支えになってくれたりもします。

 

…と言うのも、ただでさえ突然の訃報などで気持ちが落ち込んでいる喪主や遺族にとって、葬儀費用をはじめとした、さらなる経済的な不安が襲い掛かってきたらどうでしょう…、やはり日ごろならたいしたことのない事柄も、大きな問題に思えることも、あるかもしれません。

 

このような時に、もしも終活で沖縄の葬儀費用を準備しておこうとしているなら、日ごろから「もしも」を見据えたさまざまな配慮が、自分亡き後まで、家族の心を支えることができるのです。

 

今回の記事をきっかけに、沖縄の葬儀費用における現実的な側面に、向き合ってみるのも良いのかもしれません。

 

まとめ

沖縄での葬儀、費用の備え方

・互助会での積み立てを利用する
・積み立て口座を作るなら、財形貯蓄
・終活なら葬儀信託に預けておく
・名義預金の貯蓄は凍結の恐れがある

 


soudan_bnr_600


free_dialshiryou_seikyu

カテゴリー:
タグ:

新着記事

  • 老後の生き方が変わる☆定年後から考える70代80代
  • 老後もお金に余裕ある暮らし☆定年前に理解するポイント
  • 老後も仕事を続ける方法☆自分らしく働く5つのアイデア
  • 沖縄の終活は40代から☆老後を楽しむ5つのポイント
  • 老後のお金を40代から貯める。年収300万円からの対策とは

カテゴリ

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp