のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

永代供養を選ぶ時。事前に知りたい7つの基礎知識

永代供養を選ぶ時。事前に知りたい7つの基礎知識

永代供養はその名前の通り、何世代にもわたる長い年月、故人を供養することを指します。そのお墓を「永代供養墓」言い、「永代供養墓」は、「えいたいくようぼ」とも「えいたくようばか」とも呼ばれています。

 

この永代供養墓が、近年注目されているのは、昔とは大きく変化した家族の在り方や個人の生き方にあります。

 

高齢化した現代の日本で、「終活」の言葉が広がったように、多くのシルバー世代の人々が、生前から自分の死を見つめ、準備を始めるようになりました。そのなかで、「出来れば子どもや孫に、余計な手間を掛けたくない。」と願う人々も増えてきたのも確かです。

 

とは言え自分が亡き後を考えると、どの様に準備をすれば良いのか、検討が付きませんよね。そのひとつの方法として、この「永代供養墓」と言う選択があります。

 

そこで今回は、永代供養墓がどのようなものなのか、その概要を説明します。本記事をひとつの選択肢として、ぜひ参考にしてください。

 


soudan_bnr_600


 

永代供養を選ぶ時。
事前に知りたい7つの基礎知識

 

永代供養とは


前述したように永代供養とは、数世代という長きにわたって、故人を供養することを指しますが、現代注目されているのは「永代供養墓」と言う選択です。

 

【 永代供養墓とは 】

 

■ お寺や施設が責任を持って、永代に渡り供養を行ってくれるお墓です。

 

・ ただし、多くのケースで合祀と言う形を取るため、他の永代供養墓を選んだ一般の人々と一緒のお墓となり、供養も合同で行われることが多いです。

 

これが「先祖代々墓」との違いで、自分の一族のみが入る先祖代々墓と違い、合祀で供養されます。

 

永代供養がおすすめの事例


日本の一般的な価値観では、まだ自分の一族のみが入るお墓、つまり「先祖代々墓」を選ぶ人々が多い状況かもしれません。そんななかで、この永大供養墓が重宝されつつあるのは、それだけの理由があります。

 

【 永大供養墓をおすすめする例 】

 

■ 自分亡き後、お墓の管理をしてくれる親族がいない

 

・ 親族が遠距離に住んでいたり、子どもが孫がいない、子どもや孫に余計な負担を掛けたくない…、などの理由で永大供養墓を選ぶ人々が増えています。

 

 

永代供養墓を選択した時、お寺の供養


永大供養墓では、納骨後もお寺が定期的な供養法要をしてくれます。それぞれのお寺や施設によって、詳細は様々なケースがありますが、一般的にはこのような供養法要があります。

 

【 永代供養の法要 】

 

・ 春彼岸や夏彼岸の供養
・ 回忌供養
・ 祥月命日の供養
・ 定期的な供養

 

前述したように、霊園によって詳細は違うので、契約時にその詳細を確認すると尚安心です。

 

永代供養のメリットとは


永代供養墓の最大のメリットは、子どもや孫がいない、若しくは余計な負担を掛けたくない、と考えた時、霊園が責任を持って管理をしてくれることにあります。

 

【 永代供養のメリット 】

 

・ 墓地・墓石が必要ないので、費用が格段に安くなります。
・ 墓地・墓石を管理する必要がありません。
・ 宗教や宗派を問いません。

 

永代供養墓を選ぶ時、一般的なお墓を建てるケースと違い、檀家になる必要がないため、宗教や宗派にこだわる必要もありません。

 

永代供養のデメリット


このように、費用が格段に安く、子どもや孫の負担が軽減する永代供養墓ですが、一方で永代供養墓ならではのデメリットもあります。

 

【 永代供養墓のデメリット 】

 

・ 個人のお墓ではないため、友人や親族など多人数でのお墓参りができない。
・ 合祀後は、遺骨の移動ができない。

 

永代供養墓の最大の特徴である「合祀」について、しっかりと知ってから選択をすることをおすすめします。

 

永代供養を選択する前にすべきこと


このように一度合祀してしまうと、故人の遺骨を移動できないため、永代供養墓を選択する場合には、事前にしっかりと確認し、納得してから選択しなければなりません。

 

【 永代供養墓を選ぶ前に 】

 

■ 親族や故人と特に親しくしていた人々にも、確認をしておく

 

・ 特に親族にはしっかりと確認をし、同意を得てから永代供養墓を選ぶ必要があります。

 

この手順を飛ばして永代供養墓に納骨を済ませてしまうと、後々まで影響するトラブルにもなりかねません。

 

トラブルを回避するために


前の項目でもお伝えしたように、永代供養墓を選択する前に最も大切なことは、周囲の理解と同意です。これは生前に本人が選択する場合でも、後に残された人々の気持ちを汲み取ることは、思いのほか大切なのです。

 

【 永代供養墓でのトラブル回避 】

 

■ 納骨堂など、いくつかの方法を知っておく。

 

・ また、数年間のみお骨を別々に安置してくれるお寺や施設もあります。もしも不安な場合には、このようなサービスのある場所を選ぶのも一案です。

 

永代供養墓で最も多いのが親族間のトラブル。先祖代々墓が最もトラブルが少ないかもしれませんが、負担は大きいものです。いくつかの案を提示することで、周囲も前向きに検討してくれるケースは案外多いです。

 

 


いかがでしたでしょうか。先祖代々墓を建て、子どもや孫と代々受け継ぐ風習が広がっている日本ですが、最近では「終活」の広がりとともに、その形も多種多様に広がっています。

 

それぞれの想いや希望を尊重して、残る世代も先に旅立つ世代にも、それぞれに気持ちの良い選択が取れる時代とも言えるかもしれません。そのひとつが、永代供養墓であり、生前から霊園を見学し、その後の様子を確認しながら選択する、シルバー世代も増えています。

 

永代供養を行う霊園によって、様々ですが、一度永代供養墓を選ぶと33回忌、なかには50回忌まで、納骨堂に個別安置するプランがあるのも、その魅力のひとつです。

 

永代供養墓と一口に言っても、霊園によってその内容はいろいろあります。本記事をきっかけに永代供養について考え、調べながら、ご自身や家族にとって、最も良い選択をしてください。

 

 

まとめ

永代供養墓とは

・霊園がお墓の管理や供養を約束してくれる
・家族に負担を掛けたくない人におすすめ
・回忌供養や毎月、毎年の供養法要も
・宗教や宗派を問わない
・費用が格段に安くなる
・永代供養墓は合祀が主である
・親族や周囲の人々には、合意を得て決める

 

 


soudan_bnr_600b


free_dialshiryou_seikyu

カテゴリー:
タグ:

新着記事

  • 自筆証書遺言が「危険」な理由☆無効になる5つのポイント
  • 秘密証書遺言とは☆他の遺言書との違い、5つのポイント
  • 民間の介護保険を選ぶなら。決断に役立つポイントとは
  • 民間介護保険は入った方が良い?公的介護保険との違い
  • 遠距離介護を成功させるコツ☆サービスを積極的に利用する

カテゴリ

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp