のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

海洋散骨で想いを叶える☆スムーズに進む5つの基本

海洋散骨で想いを叶える☆スムーズに進む5つの基本

海洋散骨へのニーズは年々増えていますよね。海洋散骨だけではなく、檀家制度が薄れて来た近年では、自然葬全般が注目されています。

 

檀家制度が薄れてきたのは、今に始まったことではありません。民間霊園が増えてきてからは、宗旨宗派に拘らない…、自分の家の宗旨宗派が分からない…、との声も多くなりました。

 

そんななか、より「自由葬」へのニーズが高まり、「自然に還りたい」と、生前から遺志を示す方が多いです。

 

…とは言え、遺族としてはしがらみもあって躊躇しますよね。そこで今日は、残された遺族がスムーズに故人の遺志を尊重できる、基礎知識をお伝えします。

 


遺骨・位牌の年間預り


 

海洋散骨で想いを叶える☆
スムーズに進む5つの基本

 

海洋散骨の手続きは、お墓と一緒


「今までになかった葬送方法だけに、手続きも面倒なのでは…。」と、二の足を踏んでしまう遺族は多いのですが、実は、お墓へ埋葬する場合と手続きは変わりません

 

【 海洋散骨の手続き 】

 

☆ 海洋散骨は「節度を持った散骨」として、法的にも認められた葬送スタイルです。

 

・ お墓の埋葬と同じように、火葬許可証や埋・火葬許可証などの、埋葬を許可する証明書を業者に提出すれば、海洋散骨ができます。

 

海洋散骨を請け負う業者では、それぞれに同意書などの書類を用意していますが、これは「契約書」のひとつと捉えてください。

 

散骨は「パウダー状」まで遺骨を粉骨しなければなりませんが、業者と契約をすれば、後はスタッフが進めてくれます。

 

 

親族からの反対で、海洋散骨ができない


親族からの反対に合い、故人の遺志や遺族の意向に反して、海洋散骨ができない…、との悩みも多いです。

 

この場合、「なぜ親族が反対をするのか?」と言えば、昔からの慣習に倣い、「お墓に埋葬をすべきだ」との意見が多いのではないでしょうか。

 

【 海洋散骨、遺族と意見は分かれた場合 】

 

☆ このようなケースでは遺骨を分骨して、一部を粉骨→海洋散骨、残りをお墓に埋葬する方法も一案です。

 

・ 分骨をすることで、葬送セレモニーのような様相になり、より自由に選択ができます。

 

分骨はどのタイミングでもできますが、葬儀を終えた後では「分骨証明書」が必要になりますので、火葬場で収骨時に分骨をする方がスムーズです。

 

納骨先の宗旨宗派によっては、分骨に必要な分骨証明書を発行されない(宗教的な理由で)ケースもあります。

 

【 一部だけ海洋散骨をする、スムーズな方法 】

 

☆ 最初に海洋散骨の業者に全ての遺骨を出して、一部散骨の意向を示しておけば、業者が進めてくれることが多いです。

 

 

現代は、メモリアルプランもある


「海洋散骨をしてしまうと、後々故人を偲んでお参りをしたり、手を合わせる対象がない…。」と、躊躇してしまう方も多いのではないでしょうか。

 

このひとつの方法として、前述した分骨により、一部を手元供養にしたり、粉骨した遺骨を混ぜたアクセサリーなどを作る方もいます。

 

けれども、海洋散骨業者も多くの人々の声を聞いているだけに、それぞれに故人を偲ぶことができる、メモリアルプランが多いです。

 

【 海洋散骨業者のさまざまなメモリアルプラン 】

 

① 海洋散骨をした海が見える公園に、散骨者の名前を彫刻した墓標を建て、いつでもお参りできるようにするプラン。

 

② 故人の名前のプレートなど、自宅で供養対象となるような記念品を、海洋散骨後に贈るプラン。

 

…などなどがあります。

 

「故人を供養したい。」と言う時には、お墓参りやお仏壇での拝みなど、それぞれの希望がありますので、自分達の後々のイメージに合わせて選んでください。

 

 

費用と都合に合わせた、さまざまなプラン


近年では多くの業者で、費用やそれぞれの希望、都合に合わせたさまざまな海洋散骨プランがあります。

 

海洋散骨を希望するご遺族は、すでに葬儀などは済ませている方も多く、10万円などからの安い料金体系が多いのも特徴です。

 

【 それぞれの海洋散骨プラン 】

 

① 業者が遺族の代行として、海洋散骨をするプラン … 最も手ごろなプランですが、ご遺族は同行できません。

 

② 複数の家族が合同で船を借りるプラン … チャーター船をシェアできるので節約ができますが、他のご遺族との同行があるので、自由度は低くなります。

 

③ 完全貸し切りの海洋散骨プラン … 誰を気遣うこともなく、存分に故人を偲ぶセレモニーができる一方、料金は割高です。

 

…今では、多くの業者でこれらのプランを選べるようになりました。「葬儀と同じく、しっかりと供養をして散骨したい。」と言う場合にも、お坊さんが同行して読経供養を行うプランも見受けられます。

 

 

海洋散骨後の法要


前述したように遺骨を分骨して、一部のみを海洋散骨するプランもありますが、全ての遺骨を散骨した場合には、その海こそが墓標の代わりとなりますよね。

 

本来日本では、納骨式後にも一周忌・三周忌…と法要があるため、海洋散骨の場合でも、後々の法要を執り行いたい…、と考える遺族は多いです。

 

【 海洋散骨後のアフターフォロー 】

 

☆ 特に沖縄や北海道など、リゾート地での海洋散骨業者では、海洋散骨後も散骨をしたポイントまで出向き、法要を行うプランがあります。

 

・ 一周忌・三周忌…に限らずいつでも訪れることができ、海洋散骨時と同様、お坊さんの読経供養を手配してくれる業者もあるので、相談してみてください。

 

海洋散骨業者には、海洋散骨専門の業者もありますが、もともとは霊園を運営しているなどのケースもあるため、法要後の会食会場も予約できる業者もあります。

 

 

 

いかがでしたでしょうか、今日は日に日にニーズが高まっている、「お墓を持たない」自然葬スタイルのひとつ、海洋散骨についての基礎知識をお伝えしました。

 

基本ではありますが、意外にも知らないまま躊躇していたり、悩んでいる方も多いです。

 

このなかでも分骨を知っていると、さまざまな選択肢ができます。お墓を持たないなかでも、全てを粉骨して半分は海洋散骨、半分は手元供養…、と言う方も増えてきました。

 

ぜひ、自由度が高くなる今、自分自身の心が癒される選択をしてください。

 

 

まとめ

海洋散骨の基礎知識

・手続きはお墓の埋葬と変わらない
・分骨によってお墓の埋葬も可能
・墓標代わりとなるようなプランもある
・代行やシェア、貸し切りのプランがある
・散骨後も現地で法要やお参りができる


お墓の引越し、改葬・墓じまい


free_dialshiryou_seikyu

関連記事

合わせて読みたい

人気記事ランキング

カテゴリ

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp