のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

沖縄のお墓参りの基礎知識。毎年行われる3つの行事とは

沖縄のお墓参りの基礎知識。毎年行われる3つの行事とは
沖縄のお墓参りが独特であることは、全国的にも有名ですよね。特に春の清明祭(シーミー)は沖縄独特で、この時期に合わせて訪れる観光客もいると言うから驚き!この清明祭を含めて、沖縄のお墓参りは年間で三回の大きな行事があります。

 

本州でのお墓参りと言えば、お彼岸。春分の日と秋分の日を中心にした、前後3日間の間に行われる習慣がありますが、この風習は沖縄にはありません。その代わり、十六日、清明祭、七夕が、沖縄のお墓参りの年間行事となっているのです。

 

さらに沖縄ではお墓参りに限らず、お盆や正月など、あらゆる行事が旧暦に倣っているのも特徴的。事前に理解して、戸惑うことなく沖縄でもお墓参りに参加したいですよね。

 

そこで今回は、沖縄でのお墓参りの基本、毎年行われる3つの年間行事の基礎知識と、沖縄でのお墓参りの特徴をお伝えします。

 


soudan_bnr_600


 

沖縄のお墓参りの基礎知識。
毎年行われる3つの行事とは

 

沖縄のお墓参り、十六日(ジュウルクニチー)


十六日(ジュウルクニチー)は、特に宮古や八重山地方では年間のなかでも大きな行事として、今でも盛大に行われているのが特徴。本島でも、宮古や八重山出身の方々は、この日に御願をする姿を見かけることができます。

 

【 沖縄のお墓参り、十六日 】

 

★ 十六日(ジュウルクニチー) … 旧暦の一月十六日に行われる沖縄のお墓参り。

 

・ 旧正月の後に行われる「グソーヌショウグァッチ(後生の正月)」とも言われている、祖先祭りです。

 

 

沖縄のお墓参りとして有名、清明祭(シーミー)


清明祭(シーミー)は、沖縄のなかでも特に中部や南部地方で守られてきた年間行事。ハーリー祭りやゴールデンウィークとも重なるため、この時期に「清明祭の様子を見たい!」と訪れる観光客もいるのです。

 

【 沖縄のお墓参り、清明祭 】

 

★ 清明祭(シーミー) … 春先に行われる(正確には旧暦の「清明」である毎年五月初期に行われる)年間行事。三つの沖縄のお墓参りの中で最も有名です。

 

前述した十六日(ジュウルクニチー)が法事的な要素があるのに対し、この清明祭(シーミー)はお祝い事として捉えられています。

 

 

沖縄のお墓参り、七夕(タナバタ)


三つの沖縄のお墓参り行事のなかでは、全国的にはあまり知られていないものの、お墓の改葬などには良い日取りとされるため、沖縄の方々にとっては大切な日ではないでしょうか。

 

【 沖縄のお墓参り、七夕 】

 

★ 七夕(タナバタ) … 旧暦の七月七日、七夕(タナバタ)にお墓参りをする目的は、ご先祖様にお盆の時期が近づいたことを知らせる、と言うもの。

 

・ 他の二つの行事とは違い、墓前に基本のお供えをして御願をしながら、供養をします。

 

七夕(タナバタ)の日や、旧暦で13ヶ月になるユンヂチの年回りは「日無し」。天からの目が届かないとされるため、改葬やお墓を建てるなどのお墓事には良いタイミングでもあるのです。

 

 

沖縄のお墓参りの定番、お供え料理


沖縄のお墓参りと言えば、すぐにイメージできるのが「ウサンミ」ではないでしょうか。ウサンミは沖縄でお墓参りの際に用意する、重箱に詰められたお供え料理。基本のチュクンでは、餅重が2箱、おかず重が2箱の4箱が用意されます。

 

【 沖縄のお墓参り、行事で違うお供え料理 】

 

★ 前述した沖縄のお墓参り、三大行事。十六日と清明祭では、どちらもこのお供え料理を準備します。

 

・ 十六日は法事用のお供えを、清明祭ではお祝い用のお供え料理を作るため、少しだけ内容が違うのです。

 

例えば、法事用のお供え料理が並ぶ十六日では、かまぼこは白、豚の三枚肉の煮付けは皮を上にして盛り付け、餅も全て白餅になりますが、祝い事になる清明祭では、かまぼこは赤、豚の三枚肉は皮が下になり、餅も色餅に変わります。

 

 

墓前で皆で分け合う、ウサンデー


沖縄のお墓参りの名物と言えば、墓前でお供え料理を皆で分け合う「ウサンデー」。大きな沖縄のお墓では、墓前に親族をはじめとした、多くの人々が集まるだけのスペースがあるものが多く、皆で賑やかに食事を楽しみます。

 

【 沖縄のお墓参り、ウサンデー 】

 

★ 近年では霊園のお墓も増えて、昔ほど大きなスペースを確保できないケースも増えました。

 

・ それでも近隣のお墓と日程を調整して、お墓参りをすることもあります。

 

その他、施設にある会場などを利用して、皆でウサンデーを楽しむ事例も増え、お供え料理を分け合うのではなく、仕出し弁当を準備するケースも見受けられるようになりました。

 

 

 

いかがでしたでしょうか、本州でも春分の日のお彼岸には牡丹餅を、秋分の日にはお萩をお供えするなどの風習があるように、沖縄のお墓参りも、それぞれの行事によって特徴があったのではないでしょうか。

 

「どうしてあの時は餅が白だったのに、今回は色餅なんだろう…。」などなど、ちょっとした事でも、事前に理解しておくことで、戸惑わずに済み、スムーズに沖縄の風習に溶け込むことができるはず。

 

沖縄のお墓参りでは、女性は皆で集まってお供えとなる重箱料理を作り、男性は皆でお墓の掃除をして準備を整えるのが恒例。その時々で指示を受けることがありますが、事前に知識を持っておくと安心!

 

本記事を確認しながら、当日も滞りなく自然に沖縄のお墓参りに溶け込んでみてください。

 

 

 

まとめ

沖縄の年間行事、3つのお墓参りの基礎知識

・旧暦一月十六日に行われる、十六日(ジュウルクニチー)
・旧暦清明の節気に行う、清明祭(シーミー)
・旧暦の七夕に行う七夕(タナバタ)のお墓参り
・清明祭はお祝い事のお供え、十六日は法事のお供え
・沖縄では墓前でお供えを分け合うウサンデーがある


soudan_bnr_600b


free_dialshiryou_seikyu
width=”600″ height=”256″ />

新着記事

  • 納骨堂からお墓へ改葬。骨壺を移動する基本の流れ
  • 納骨堂の見学をする。契約前に確認したいチェック項目
  • 仏壇を購入する時に気になること☆専門家が答えるQ&A
  • 沖縄のお墓をリフォーム☆決断する5つの目安とは
  • 沖縄の霊園でお墓参り☆集合墓でのお参りマニュアル

カテゴリ

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp