改葬・墓じまいの事例 「改葬・墓じまい」を選ばれたお客様の、体験談をご紹介します
継承者がいないお墓・ご遺骨を改葬

元気なうちに墓じまいをしたい。

  • 沖縄県在住
  • 50代男性
  • ご利用プラン:
  • あんしんサポート10

2016年9月12日

  • 沖縄県在住
  • 50代男性
  • ご利用プラン:
  • あんしんサポート10
2016年9月12日

ご依頼者様の悩み

現在みているお墓は、祖父の兄弟のお墓。
自身が元気なうちに墓じまいを希望。娘たちに負担をかけたくない。

改葬データ

改葬元那覇市
改葬先大里メモリアルパーク おきなわ霊廟
相談開始から改葬まで2か月
改葬したお骨数4柱
位牌供養

きっかけは南風原町兼城の「終活支援センター」に夫婦で来所されたことです。
墓じまいに関して相談を受けました。夫婦には娘が3人。
現在みているお墓は祖父の兄弟のお墓になりますが、今まで管理していたのはご主人でした。
管理していく中で、長年お墓のことを気にかけていたご主人でしたが、病気になりお墓の件を
自分が元気なうちに整理したい。娘達に負担をかけたくないという思いから、今回来所にいたりました。お墓の改葬にかかるながれとその費用、そして永代供養のながれとその費用のご説明。

 

そして次の段階である、お墓へ案内していただく日を決めました。
それから墓じまいを行う日の決定。初めての来所日から実施まで約2か月。
その間、奥様が中心となり内容の確認や日時の確定。親戚への報告など。その都度ご主人に報告、そして確認をとりながらすすめました。そこにはご主人の家族に対する思いが常に強くありました。

IMG_2721 あ

IMG_2718 IMG_2729

 

墓じまい当日、ご主人は容体が悪く立ち会えませんでしたが、親戚含め7人が参加。
無事に終えた報告を受けきっと喜んでいただけたと思います。

ここがポイント
悩みを持ちつつ不安でいるよりも、解決に向けて実際行動にうつした事が
これからの安心へとつながりました。

担当者から

神谷

ご主人の容体が悪く(現在入院中)、おそらくご主人の終活の一環であると思われ、子供3人が女の子でお墓を継承できないための墓じまいである。ご主人がお墓のことをとても気にかけているとの事で、一日でも早く墓じまいをして、早めに知らせてあげたいとの事だった。当財団に決めた理由は、公益財団法人の信頼性で決めたとの事でした。

関連記事

  • 継承者がいないお墓の内部調査
    沖縄県在住 
  • 今後お墓の継承ができないため、永代供養を…
    沖縄県在住 
  • 幼くして亡くした娘様の、お引越し
    沖縄県在住