沖縄で終活 最後まで自分らしく、よりよく生きる。終活のこと、人生のエンディングについて心を込めてアドバイスいたします。

沖縄の終活をサポート

よりよく生きる終活はじめませんか

終活とは

60代は終活適齢期。

「終活」とは、人生のエンディングを見つめ、具体的に検討することによって、自分自身のこれからの人生を、よりよく生きるために情報や知識を得て、必要な準備を実践していく活動のことです。財産管理、相続贈与、保険、ヘルスケア、生前整理の情報をはじめ、葬儀、霊園など終活の範囲は多岐にわたります。近年では「残された家族に迷惑をかけず、豊かな老後を過ごしたい」と思われる方が増えています。

「終活」のメリットとは?

「終活」は、老後を有意義に自分らしく過ごすための道しるべとなるものであり、残された家族にとっては、故人の意思や希望を確認できることが最大のメリットです。

介護が必要になったときの身の振り方を伝えることができる。終末期医療や葬送についての希望を伝えることができる。預貯金や年金、資産売却などの資金計画で経済面の準備ができる。遺産問題など親族間のトラブルを防げる。自らと冷静に向き合うことで漠然とした不安感から解放される。残された家族が納得し、戸惑うことがないので迷惑をかけないで済む。

まずはできることから。「元気なうちに!」がポイントです

この世に命を授かった以上、いつしか必ず“死”を迎えます。しかし、人はどこかしら“死”について語ったり、考える事に対して縁起が悪いと敬遠しがちです。「縁起が悪い」という理由で生前に死への準備を行わなければ、残された大切な家族に負担が掛かったり、後悔が残ったりする現実があります。生前に身辺整理を行う事で、残された家族へ負担を掛ける事もなくなり、また、安心して余生を過ごすことができます。このことから「終活」は、残された家族への愛情・感謝・思いやりを形にする活動ともいえるのです。

よりよく生きて、よりよく逝くためにも、「今できることから」準備をしていきましょう。

メモリアル終活支援センターの取り組み

メモリアル終活支援センターの目的

沖縄県メモリアル整備協会は、スタッフ全員が終活カウンセラーの資格を持ち、人生の終焉を見つめ、今をよりよく生きようと取り組んでいる方の「終活」の実践をサポートしております。
「終活をしたいけど実際には何をすればいいかわからない」という方のお手伝いをしておりますので、お気軽にご来所下さい。第2の人生を楽しむために「何をどうすればいいか」を考えてみませんか。

終活カウンセラーとは

「終活カウンセラー」とは、一般社団法人終活カウンセラー協会が認定する資格です。終活に必要な幅広い知識を持ち、終活に関する抽象的なお悩みがどの分野に当てはまるか、具体的に何をすればいいのか、専門家が必要であるかなどを見極めることができます。
終活カウンセラーとはずばり「相談相手」です。『「どうしよう」と悩んでいる方から話しを聴き、その相談は○○の専門家に訊く案件です。』と専門家や専門企業に繋ぐことが終活カウンセラーの役目になります。

終活カウンセラーとは

終活カウンセラーとは

メモリアル終活支援センターの活動

終活全般のご相談受付
終活に関する「相続」「保険」「永代供養」「海洋散骨」「お墓探し」など、さまざまなご相談にお応えいたします。
0120-202-869(お電話受付 9:00~17:00)

終活セミナーの開催
お墓の事のみならず、葬儀や相続など、テーマごとに各分野から講師をお呼びし、正しい知識と情報をご提供すべく、セミナーを開催しております。

セミナー情報を見る

全国各地で開催される終活関連イベントへ出展
全国各地で開催される終活関連イベントへ出展
終活に関するさまざまな企業が集まるイベントで無料相談会を開催し、沖縄での永代供養やお墓の建立、また、県外の方向けの墓じまいのご提案を行っております。

地方自治体等で開催される終活関連講座の講師
地方自治体等で開催される終活関連講座の講師
地方自治体の民生委員や婦人会などの集会に参加し、地域密着型の終活セミナーを開催しております。講師の依頼もお引き受けいたしますので、フリーダイヤル 0120-202-869までお気軽にご相談ください。

沖縄終活体験ツアーの実施
全国的に関心の高い沖縄での海洋散骨や永代供養についてより知って頂きたく、終活ツアーを実施しております。クルーザーでの海洋散骨模擬体験や、県内最大級の霊園で永代供養施設の見学会など、充実した内容となっております。

「エンディングノート」について

エンディングノートは、これまでの人生のまとめと、今後の人生の希望を書き出すためのものです。現時点での人生の決算書であり計画書になります。そして、残された家族や周囲の方が困ったり戸惑ったりしないように、ご自身の考えや想いを伝える大切な役割があります。沖縄県メモリアル整備協会では、オリジナルのエンディングノート「メモリアルノート」をご用意しております。

これからについて考える 想いを伝えたい 人生を振り返る 残された家族のために

これからについて考える 想いを伝えたい 人生を振り返る 残された家族のために

終活セミナーで
「エンディングノート」を
書いてみませんか?

ご自身の「想い」を伝え・残す上で、終活に欠かすことのできない「エンディングノート」ですが、いざ書き始めると多くの方が「書き上げることができない」というお悩みをお持ちになっていらっしゃいます。そのような方へ向けて、メモリアル終活支援センターでは「エンディングノートの書き方講座」など、実際に自分で書くことができるような終活セミナーを開催しております。

どうして?
エンディングノートが書けない
3つの理由

何から書いていいか分からない まだまだ先のことだと思う 予定通りに行くわけがない

何から書いていいか分からない まだまだ先のことだと思う 予定通りに行くわけがない

終活セミナーを開催する理由

現在日本は「超高齢化社会」です。平成25年に発表された総務省の調査によると、総人口に対して65歳以上の割合が21%以上。4人に1人が高齢者で、11人に1人が認知症と言われています。そして65歳からの平均寿命は男性で15年、女性では20年以上残されているなかで、「終活」の具体的な内容を理解して、一人でも多くの方に実践して頂きたいと思います。不安や悩みを打ち消し、また正しい知識と情報を元に安心して長生きして頂けるよう「明るい終活」を提案致したく、セミナーを開催しております。

お葬式の流れがわからない… 何から始めたらいいの? ひとりで考えるのは難しい… 相続の手続きって?

お葬式の流れがわからない… 何から始めたらいいの? ひとりで考えるのは難しい… 相続の手続きって?

「明るい終活」を目指して
終活カウンセラーによるセミナーを開催しております

セミナー

さまざまなテーマを設け、終活セミナーを開催しております。
開催日時など、くわしくはセミナー情報にてご確認ください。

さまざまなテーマを設け、終活セミナーを開催しております。開催日時など、くわしくはセミナー情報にてご確認ください。