改葬・墓じまいの事例 「改葬・墓じまい」を選ばれたお客様の、体験談をご紹介します
門中墓・共同墓から改葬して独立

民家に囲まれた門中墓。近隣とトラブルになって…

  • 沖縄県在住
  • 50代男性
  • ご利用プラン:
  • あんしんサポート10

2016年3月29日

  • 沖縄県在住
  • 50代男性
  • ご利用プラン:
  • あんしんサポート10
2016年3月29日

ご依頼者様の悩み

ご依頼主様は50歳代の男性です。
浦添市に一族の門中墓があるのですが、まわりを住宅に囲まれて、お墓参りをするのに他人の敷地を通らなければなりません。
敷地の持ち主とトラブルになってしまい、お墓参りがさらに困難になったので、改葬・墓じまいの相談に来られました。

改葬データ

改葬元浦添市内の村墓地
改葬先大里メモリアルパークで、ご遺骨一時お預かり
相談開始から改葬まで24日間
改葬したお骨数7柱
位牌供養

お参りしにくい不便なお墓。

お墓参りに不便なため、新しいお墓へ改葬することになりました。新墓はこれから検討して、時期を見て建立する予定とのことです。

墓じまい当日は、壁の外からハシゴを使って門中墓に出入りして、出骨式を行いました。

 

case08_1819_04 case08_1819_05

case08_1819_3 case08_1819_02

出骨式を執り行いました。        たくさんの骨壺が続々と出てきます。

 

 

お墓の周辺環境が様変わりしたことで、ご相談者は墓じまいせざるを得ない状況となりました。

長年に渡り蓄積されたお墓へのお悩みがすべての式を滞りなく終えたことで一安心して頂けました。出骨したお骨はすべて大里メモリアルパークで一時預り(お骨の一時預りは現在受付しておりません)将来はお墓の新規建立を希望されています。

 

case06_1415_04 case08_1819_06

大里メモリアルパーク「おきなわ霊廟」内の納骨堂でお骨を一時預かり。

※現在は名護やんばるメモリアルパークと宮古島メモリアルパーク・石垣メモリアルパークの3ヵ所で対応しています。

ここがポイント
ご相談者が足を運び来園されたことで、当初の資料送付時から具体的に一気に話は進みました。

担当者から

今村

今回のように近隣住民とトラブルになってしまうケースが最近では増えています。
また、親から墓地として引き継いだ土地が、周りに住宅が建ち、お墓を建てられなくなったというご相談も増えています。どんな状況であっても私たちがサポートいたしますので、気軽にご相談ください。

関連記事

  • 墓じまいをして母を安心させたい。
    沖縄県在住 
  • 北海道から墓じまいの依頼。電話、書面で手…
    北海道在住 
  • 継承者がいないお墓の墓じまい
    沖縄県在住