のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

【沖縄の御願】生まれ年の厄払い「トゥシビー」の基礎知識

【沖縄の御願】生まれ年の厄払い「トゥシビー」の基礎知識
沖縄の御願行事ではトゥシビーのお祝いは有名ですよね。ただ、自分の干支の年回りに行う沖縄の御願「トゥシビー」は、元来厄払いの役割があります。

 

昔ながらの沖縄の御願でも、61歳を超えると長寿を祝う意味合いになり、現在でも97歳のカジマヤーは全国的にも知られる沖縄の御願行事なので、「お祝い事」のイメージが強いのかもしれません。

 

現在、最初に自分の干支が回ってくる年回りの13歳は、沖縄の御願行事では「13祝い」とも言われ、着物を着て記念写真を撮ったり、お祝いをする傾向も確かにあります。

 

どちらにしても現代でも馴染みの深い沖縄の御願行事、「トゥシビー」、沖縄に住むなら丁寧に行いたいですよね。そこで今回は、厄払いの意味合いを持つ沖縄の御願行事、トゥシビーをお伝えします。

 


soudan_bnr_600b


 

【沖縄の御願】生まれ年の厄払い
「トゥシビー」の基礎知識

 

本州の年祝いとは違う


同じように長寿を祝う行事となるため、なかには還暦や米寿と言った本州にある「年祝い」と混同する方もいますが、本州の「年祝い」と重なる年齢は13歳と還暦の61歳のみ、まったく違う行事です。

 

【 沖縄の御願、トゥシビー 】

 

★ トゥシビーは「生年祝い」の方言で、自分の生まれ年の干支が回ってきた年であり、13歳・25歳・37歳・49歳・61歳・73歳・85歳・97歳と、12年ごとに訪れます。

 

・ 一方、本州の年祝いは13歳(髪上)・15歳(元服)から一気に飛んで、61歳の還暦、77歳(喜寿)・80歳(傘寿)・88歳(米寿)・90歳(卒寿)、そして99歳の白寿です。

 

ただ沖縄では御願行事のトゥシビーとは別に、本州に倣って米寿の88歳を祝う習慣も出てきました。ホテルなどを予約して、家族や親族で米寿を祝う光景も良く見られます。

 

厄払いから長寿の祝いへ


さらに61歳以前のトゥシビーには厄払いの意味合いがありますが、こちらも本州の厄年とは関係がありません

 

本州の厄年は男性と女性で違い、数え年で男性は本厄が25歳・42歳・61歳、女性になると本厄は19歳・33歳・37歳です。重なる年齢もありますが、厄年より数え方はずっと簡単です。

 

【 沖縄の御願、厄払い→お祝い 】

 

★ 沖縄の御願では、61歳より前のトゥシビーは厄払い、61歳以降は長寿を祝うお祝いの意味合いがあります。

 

・ 特に97歳のカジマヤーは町ぐるみで風車で飾った車に乗ってパレードが行われる地域もあるほどです。

 

ひと昔前よりも寿命が長くなった現代では、73歳までは前項の米寿のようにホテルなどで会食の時間を設け、家族や一族でお祝いしたり、記念写真を撮る程度に留める家が増えました。

 

一方、85歳と97歳のトゥシビーは観光者も見学するほどの催しもあり、家では風車やふるまい料理を準備して、忙しくなることも多いです。

 

厄除けとしてのトゥシビー


自分の干支の年を「生まれ年」の意味合いを持つ「トゥシビー」と言いますが、自分の干支に当たる年の沖縄の御願は、本来「ウフトゥシビー」と言われます。

 

【 沖縄の御願、トゥシビーの拝み 】

 

★ ヒヌカンには日ごろのお供えの他に、御願セット(洗い米、花米、お酒、ウチャヌク)と果物の盛り合わせを供えてください。

 

・ お仏壇にも日ごろのお供えの他に、ウチャヌクとごちそうの取り分けである「ウチャワキ」をお供えして、厄除けのための「願立て」をするのです。

 

「願立て」では、神様や祖霊へ対してトゥシビーに当たる家族の名を告げ、「今年も一年間、健やかで無事に過ごせますよう、お見守りください。」とお伝えします。

 

ちなみに沖縄の御願では、自分の生まれ年の干支ではない年でも、旧正月後に初めて自分の干支が回ってくる「日」にヒヌカン(火の神)とお仏壇に拝むのが習慣です。

 

お祝いのトゥシビーでの膳料理


61歳以上のトゥシビーでお祝いになる場合には、お仏壇へのお供え物もウチャワキではなく、ハレの料理(おめでたい日の料理)を配した膳料理をお供えします。

 

【 沖縄の御願、ハレの膳料理 】

 

★ 親族が集まることも多く、おもてなしのための料理を配すれば良いので、決まりはないのですが、定番のハレの料理はあります。

 

・ 白味噌で溶いた具だくさんの味噌汁「イナムドゥチ」や、縁起の良い昆布(喜ぶ)を炒り煮した「クーブイリチー」など、八品ほどを膳に並べる家は多いです。

 

 

いかがでしたでしょうか、今回は沖縄の御願行事のなかでも人々に馴染みが深く、時代とともに変化してきたトゥシビーについてお伝えしました。

 

本文で何度もお伝えしてきたように、長寿になるとお祝いの意味合いが色濃くなるものの、本来は厄払いのための沖縄の御願行事であるため、その年にはお祝い事は避けられてきました。

 

例えば結婚もそうですし、家を建てることもできればトゥシビーの年回りには避けた方が良いかもしれません。

 

97歳のトゥシビーとなる「カジマヤー」は、沖縄では旧暦9月7日に行う地域が多く、童心に帰ることを意味する「風車」で装飾されたカラフルなオープンカーが集落を回る様子も見つけることができます。

 

最初に巡ってくる13歳、現在でも長寿となる85歳、97歳以外のトゥシビーは、近年では行われない風潮もありますが、厄除け行事ですのでぜひ、願立てをしてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

自分の生まれ干支の行事「トゥシビー」

・本州の年祝いとトゥシビーは年齢が違う
・61歳以上は長寿のお祝いとなる
・厄除けにヒヌカンとお仏壇へ願立てをする
・お祝いのトゥシビーでは膳料理でもてなす
・トゥシビーの年回りのお祝い事は避ける
・97歳のカジマヤーは旧暦9月7日に行われる

 


soudan_bnr_600


free_dialshiryou_seikyu

新着記事

  • 宮古のお墓で歴史を探る。四島の主墓の「主」は誰?
  • 【沖縄の法事】供物の重箱料理ウサンミ、沖縄の現代事情
  • 沖縄にも広がる永代供養墓。歴史から紐解く5つの特徴
  • 宮古のお墓に伝わるマムヤの伝説!美女に起きた悲劇とは
  • かかりつけ医の探し方。シニアに必要な理由と選ぶポイント

カテゴリ

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp