改葬・墓じまいの事例 「改葬・墓じまい」を選ばれたお客様の、体験談をご紹介します
門中墓・共同墓から改葬して独立

門中墓からの改葬。親族の希望で実施日を変更。

  • 沖縄県在住
  • 70代男性
  • ご利用プラン:
  • あんしんサポート10

2016年3月29日

  • 沖縄県在住
  • 70代男性
  • ご利用プラン:
  • あんしんサポート10
2016年3月29日

ご依頼者様の悩み

ご依頼主様は、70歳代の男性。門中墓からの改葬と、お位牌の永代供養について相談に来られました。その年のうちに改葬を行う予定でしたが、親族から今年は避けてほしいといわれたため、位牌供養のみ先に執り行いました。改葬は翌年に実施することになりましたが、日にちが確定できず一旦保留になっていました。

改葬データ

改葬元与那原町内の門中墓
改葬先大里メモリアルパーク内 おきなわ霊廟
相談開始から改葬まで3日間
改葬したお骨数6柱
位牌供養

洗骨遺骨が眠る門中墓。

 

ご相談者様は昨年大里メモリアルパークで位牌供養を行っているお客様でした。突然改葬を行いたいと来園されました。

親族にお墓を開けていいのが旧の七夕か納骨がある場合のみと言われていた為、改葬も先延ばしになっているところでのご来園でした。

お話をお聞きしたところ、親族の方がお亡くなり納骨するまでの数日は扉を開けることが許されたといいます。その間に出骨をして遺骨は永代供養を希望でした。日数に限りがございましたので、その日でお墓の場所を案内していただき現場確認を行いました。来園から改葬日の決定。そして現場確認まで慌ただしい中で「すべてお任せします」と、当協会でスケジュールを組み、その内容で快諾していただきました。

 

case06_1415_02 case06_1415_03

門中なので、たくさんの骨壺をいったん外に出す必要がありました。

 

改葬を実施する方で多いのが、継承者不在や遠隔地にお墓があるなどの理由があげられますが、今回の改葬は分家のためでした。当日は親族の方、数名も集まり出骨式を執り行いました。

どのような状況でもできるかぎり、ご相談者のご要望におこたえいたします。まずは経験豊かな職員にお気軽にご相談ください。

 

case06_1415_04

大里メモリアルパーク内の「おきなわ霊廟にて永代供養しました。

 

ここがポイント
今回の様に、実施日が未定でも事前に現場確認を済ませていれば、急な改葬や墓じまいでも対応する事ができます。また、門柱のしきたりなどで、改葬がしにくい場合もありますが、日付を変えるなどの工夫で実現できることもあります。

担当者から

桃原

最初の相談から約1年の月日が流れ、急に決まった改葬実施日までわずか3日の期間でしたが、こちらで用意したスケジュールを快諾していただだいたので、スムーズに進めることができました。
改葬するのは、古いお墓ばかりではありません。今回のように比較的新しいお墓でも、分家などの理由で改葬することがあります。

関連記事

  • 夫の希望を叶えたい。前妻のご遺骨を永代供…
    沖縄県在住 
  • 余命宣告を受けて、家族のために究極の終活…
    沖縄県在住 
  • 山の中にあるお墓を、麓のお墓へ移動。
    大阪府在住