のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

【沖縄の旧暦五月】ハーレー大会のユッカヌヒー到来!

【沖縄の旧暦五月】ハーレー大会のユッカヌヒー到来!
沖縄の旧暦五月と言えば、沖縄県各地で盛大にハーレー大会が行われる、旧暦5月4日のユッカヌヒーの到来ですよね!

 

そしてその翌日には、本州の「子どもの日」に当たる「グングァッチグニチ(5月5日)」があります。

 

さらには現代では少なくなりましたが、稲穂祭である「グングァッチウマチー(五月ウマチー)」と、沖縄では何かと旧暦行事が盛んな月が旧暦五月です。

 

そこで今日は、新暦2019年では6月3日~7月2日に当たる、沖縄旧暦五月の年中行事、御願をお伝えします。

 



 

【沖縄の旧暦五月】
ハーレー大会のユッカヌヒー到来!

 

沖縄旧暦五月の年中行事


全国的にも有名な那覇ハーレー大会は新暦カレンダーに合わせて、例年GWの新暦5月3日~5月5日に行われていますが、本来は海の神様へ一年の航海の安全を祈願する、沖縄の旧暦行事です。

 

昔ながらのハーレー大会は旧暦5月4日の「ユッカヌヒー(四日の日)」、新暦2019年度では6月6日がユッカヌヒーに当たります。

 

【 沖縄の旧暦五月の年中行事 】

 

① 旧暦5月1日(新暦2019年6月3日・月) … チィタチの御願(ヒヌカン)

 

② 旧暦5月4日(新暦2019年6月6日・木) … ユッカヌヒー(四日の日)=ハーレー大会

 

③ 旧暦5月5日(新暦2019年6月7日・金) … グングァッチグニチ(五月五日)=子どもの日

 

④ 旧暦5月15日(新暦2019年6月17日・月) … ジュウグニチの御願(ヒヌカン)

 

⑤ 旧暦5月15日(新暦2019年6月17日・月) … グングァッチウマチー(五月ウマチー)=稲穂祭

 

…以上です。

 

ユッカヌヒー(四日の日)の沖縄の旧暦行事では、沖縄県各地の海岸で、ハーレー(ハーリー)大会を行うと共に、家庭でもヒヌカンとお仏壇へお供え物をします。

 

 

ハーレー大会で賑わう、ユッカヌヒー(四日の日)


何度もお伝えしているように、沖縄の旧暦行事としてのハーレー大会は、旧暦5月4日、新暦2019年では6月6日(木)に行われます。

 

港のある漁師町を中心に行われ、サバニ(漁船)で乗組員が速さを競うと共に、優勝したサバニの乗組員は、地元の拝所で一年の航海安全を祈願するのが習わしで、本来は競争よりも「海神様への安全祈願」が目的です。

 

ですから本ハーレーでは、サバニレースの前に「御願バーレー」が行われ、祈願します。

 

【 沖縄の旧暦行事、ユッカヌヒー 】

 

☆ そして家庭では、「ちんぴん」や「ぽーぽー」と呼ばれる、昔ながらの「おやつ」をこしらえて、ヒヌカン・お仏壇へお供えをし感謝を捧げ、この一年の安全祈願をしてください。

 

・ 今でもハーレー大会周辺ではアイス屋さんなど、さまざまなお店が並びますが、その昔は「玩具市」がたつ沖縄の旧暦イベントとしても知られていました。

 

「ちんぴん」や「ぽーぽー」は今、沖縄県内のスーパーを探すと、必ずと言って良いほど「ミックス粉」が販売されていますよね。これも手軽で良いのではないでしょうか。

 

詳しいレシピは別記事「チンピンやポーポーを手作り☆沖縄の定番おやつレシピ」でもお伝えしていますので、こちらも参考にしてください。

 

 

子どもの健康を祈願、グングァッチグニチ(五月五日)


ハーレー大会が明けた翌、旧暦5月5日には沖縄の旧暦行事である「グングワッチグニチ(五月五日)」です。

 

新暦ですが「5月5日」にも共通点がありますし、本州で云うところの「子どもの日」に当たるのではないでしょうか。

 

【 沖縄の旧暦行事、グングァッチグニチ 】

 

☆ この日は邪気祓いと家族…、特に子どもの健康を祈願します。そこで用意されるウサギムン(お供え物)が、沖縄では今でも定番の甘味「あまがし」です。

 

・ このあまがしは、その昔から子どもが喜ぶおやつだった事もありますが、同時に邪気を祓う食べ物とされてきました。特に「小豆」で、その赤い色も含めて邪気を祓うとされています。

 

ヒヌカンは器に盛ったあまがしのみ供えるのですが、お仏壇には菖蒲の葉でこしらえたお匙を添えるのが習わしです。(菖蒲にも悪疫祓いの意味合いがあります。)

 

…コチラも今では沖縄県内のスーパーであれば、あまがしの缶詰めなどが販売されていますが、一から作りたい方は別記事にて作り方をお伝えします。

 

あまがしは今も愛されるおやつ☆家庭で作るレシピ」コチラも併せて読んで見てください。

 

 

昔ながらの稲穂祭、グングァッチウマチー


「グングァッチウマチー(五月ウマチー)」は琉球王朝の時代に盛んに行われていた、農耕祈願の祭祀行事、「御祭=ウマチー」のひとつです。

 

旧暦2月から6月に掛け、四つのウマチーが行われてきましたが、今では廃れつつあります。それでも、離島地域や地方を中心にして、今に残す地域はありますが、四つ全てのウマチーを行うことはほぼなく、その内のいずれかの開催が多いです。

 

大綱引きなどの地域イベントに併せて行う地域が多いのではないでしょうか。

 

【 沖縄の旧暦行事、グングァッチウマチー 】

 

☆ 旧暦二月~六月に掛けて行われる農耕儀礼、「御祭=ウマチー」のなかでも、稲の成長祈願に当たる祭祀がグングァッチウマチー(五月ウマチー)です。

 

・ 集落での祭祀がメインですが、今でも残る地域では宗家(ムートゥーヤー)での拝みもあります。

 

集落では地域の拝所(うがんじゅ)に神酒(五月ウマチーでは「ミキ」)、花米、成長過程の稲穂をお供えし、宗家(ムートゥーヤー)では、花米と神酒(ミキ)、果物を供え、拝むのが習わしです。

 

詳しくは下記にお伝えします、別記事も参考にしてください。

 

 

※ 内容が重なる部分もありますが、初めての方への説明として、ご了承ください。

 

 

いかがでしたでしょうか、今日は沖縄旧暦5月の御願行事についてお伝えしました。旧暦5月は新暦2019年では6月3日(月)~7月2日(火)です。

 

沖縄旧暦5月のメインとも言える行事が、旧暦5月4日(新暦2019年6月6日・木)、ハーレー大会で盛り上がるユッカヌヒー(四日の日)ですが、今では現代の暮らしに併せて、時期をずらす地域も多く見受けます。

 

週末に併せて行う地域、御願バーレー(祈願のための儀礼的なハーレー)と、競技ハーレーなどを分けて行う地域…などなどがあるので、旧暦5月(新暦2019年6月時期)はいくつかのハーレー大会を見学することも可能です♪

 

別記事「2019年ハーレー大会スケジュール☆地元行事を楽しむ」を参考に、いくつかのハーレー大会を巡ってみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ


沖縄の旧暦五月の御願行事とは

・旧暦5月1日(2019年6月3日)チィタチの御願
・旧暦5月4日(2019年6月6日)ユッカヌヒー
・旧暦5月5日(2019年6月7日)グングァッチグニチ
・旧暦5月15日(2019年6月17日)ジュウグニチの御願
・旧暦5月15日(2019年6月17日)グングァッチウマチー



free_dialshiryou_seikyu

関連記事

合わせて読みたい

人気記事ランキング

カテゴリ

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp