のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

沖縄で改葬をする時。相談前に検討したい5つの事柄

沖縄で改葬をする時。相談前に検討したい5つの事柄
沖縄で改葬をする決断は、それなりのパワーが必要ですよね。特に、昔から続く門中墓などになると、いくら老朽化が進んでいたり、管理しきれないほど森や崖に同化していたりしても、自分の代で決断するには勇気がいるもの。

 

もちろんいくら墓主とは言っても、親族や一族に関わるものだけに、独断では決められません。集まる親族の価値観や考え方の違いによっては、沖縄の改葬は難しくなることも多く、結論が出ないまま老朽化だけが進むことも少なくありません。

 

できることなら事前に沖縄での改葬について、さまざまな知識を付けてから、多くの選択肢を知り、ベストな決断をしたいですよね。そこで今回は、霊園や業者に相談する際に考えておくと役に立つ、5つの事柄をお伝えします。

 

本記事を確認することで、親族や一族での集まりで相談する際にも、良い話し合いが進むかもしれません。

 


soudan_bnr_600c


 

沖縄で改葬をする時。
相談前に検討したい5つの事柄

 

親族で相談をして、足並みを揃える


沖縄の改葬に多い門中墓。その理由にはお墓自体の老朽化や、管理しきれないほど、森や崖などの影響が出ている…、などの悩みが多いです。「実は前々から気に掛かっていた。」と、沖縄では改葬後に話す方は少なくありません。

 

その他にも、個人墓地でのお墓が多い沖縄の改葬では、「気が付くとお墓の周辺が、住宅街になっていて…。」と言う相談も見受けられるのです。周辺に気遣い、思うようにお墓参りができなかったり、私有地を通ってお墓参りをすることになったり…。

 

【 沖縄での改葬、親族で足並みを揃える 】

 

★ この場合、誰もがどこかで思っていながらも、音頭を取る人間がいなかったために、改葬が進まなかった事例が多いもの。

 

・ 毎年のお墓参りの年間行事などで親族が集まる際に、誰かが先導して提案ができれば、事は一気に進むことがよくあります。

 

「いつかは改葬しなければならない!」と言う、差し迫った問題がある沖縄での改葬案件は意外と多いのです。

 

 

事前に確認したい、改葬のタイミング


沖縄の改葬の体験談では、実際に親族で改葬を決断してからも、「引っ越しが実現するまで数年の月日を費やした。」と言うものが少なくありません。「親族からも了承を得て、後は具体的に進めるだけなのに、何で?」と思いますよね。

 

その理由には沖縄の改葬の際には、「お墓を開く良い日取り」とタイミングを合わせることができなかったため。

 

【 沖縄での改葬、業者には早めに相談 】

 

★ 2017年や2021年のユンヂチの年回りであれば、一年中いつでも日取りを気にせずに改葬を進めることができますが、その他の年であれば、「旧暦の七夕」など、仮にお墓を開けられても、その日数がごく僅かであったりもするのです。

 

・ この短い期間に沖縄で改葬を進めるのは指南のワザ。けれども事前に専門業者に相談をしておくことで、事前に準備を進めて、一気に改葬作業に入ることができることも…。

 

沖縄でのお墓の改葬は、昔ながらの門中墓の墓じまいから、改葬の流れの他、門中墓からの独立なども考えられますが、いずれもまずは相談してみると良いかもしれません。

 

 

一度相談をして、内部調査も


沖縄の改葬での体験談では、「いざ墓じまいをしようとしたら、予想以上の骨壷があり、どのようにしたら良いか迷った。」と言うものも。昔から代々続く門中墓であれば、十分にあり得る話です。

 

中には風葬の頃のままのものもあるため、墓じまいをした際には、遺骨などを改めて整えることも多く、特に再火葬をしなければならない場合には、申請の手続きもあるため、個人で進めるのは大変!

 

【 沖縄の改葬、事前に内部調査も 】

 

★ 墓じまいの段階になって、遺骨の行き先を考えるには時間が少ないですから、一度業者に内部調査を依頼すると、様子も分かり対策も取れて安心。

 

・ 再火葬などの手続きは自分達で進めようとせず、内部調査を依頼した業者など、専門の業者へそのまま依頼した方がスムーズです。

 

費用の目安としては、内部調査で30,000円前後、再火葬でも25,000円前後。ただし、遺骨の状態で金額は変化します。

 

例えば、土葬や風葬のままの遺骨を収骨したり、洗骨が必要であれば50,000円以上になることもあるので、やはり事前に内部調査を進めて、金額目安を立てると安心ではないでしょうか。

 

 

しっかり確認したい、改葬予算


前項でお伝えしたように沖縄で改葬をする際には、「思いの外費用が掛かった。」と言う感想も少なくありません。ただ、門中墓を沖縄で改葬しようと思うならば、自分一人ではなく、一族でお金を出し合って解決したいもの。

 

そのためにも、事前に調査をして予算を決め、その範囲内で進める智慧が、沖縄での改葬には不可欠です。

 

【 沖縄の改葬、予算内で進める 】

 

★ 前項でお伝えした多くの遺骨ですが、この全てが納まるような新しいお墓を建てようと思ったら、現代ではなかなかの出費に。業者にはまず予算を伝え、その予算内で納まるプランをまとめてお願いする方法はいかがでしょうか。

 

・ 古い遺骨であれば合祀墓に埋葬したり、予算に合わせて供養を進めるのも、ひとつの方法。

 

改葬先のお墓もこだわればいくらでも高くなるものですので、事前に予算を決めることで、冷静な判断ができるのです。予算に合わせて小さいお墓になったとしても、実際に供養を進めると、清潔であったり管理しやすかったりと、良さを実感した事例もあります。

 

 

改葬先を決めておく


沖縄で改葬をする際には、もちろん計画的に事を進めることは大切。先に墓じまいをしてしまっては、入っていた遺骨の安置先が必要になってくるからです。

 

一時期的に遺骨を安置するだけなら、金額的にはさほど大きな出費にならないこともありますが、「安置をする」と言う作業が中に入らなければ、より流れはスムーズではないでしょうか。

 

【 沖縄の改葬、墓じまいの前に改葬を 】

 

★ 沖縄で改葬をするなら、業者にお願いして墓じまいをするよりは、先に改葬先を決定して、改葬先の霊園などを運営している業者などに、墓じまいまでお願いしてしまうと、手間も少なくなりスムーズ。

 

改葬先が霊園であれば、合祀墓を備えている施設も。門中墓の遺骨の合祀供養まで相談できて、とても頼れる存在です。個人墓地への改葬であっても、一連の作業を快く請け負ってくれる業者が多いので、分けずに全てまとめて任せられると助かります。

 

 

いかがでしたでしょうか、沖縄で改葬をする際には、大きなお墓が多いだけに、墓じまいや引っ越しの途中途中で、思わぬ事態が起きたり、どうすれば良いのか迷ったりもしがちです。

 

最も良い流れとしては、信頼できる業者を見つけて、一連の相談をしながら適切なプランを提示してもらうこと…、ですが、突然信頼のできる業者を見つけるのも難しいですし、改葬先もじっくりと決めたい方々も多いはず。

 

それならばまずは内部調査を依頼して、お墓の中がどのような状態になっているのか、その状態の墓じまいに掛かる予算はいくらくらいなのか、その概要を確認してみると、先々の様子がイメージできるかもしれません。

 

本記事を確認しながら、内部調査⇒改葬先選び…と一歩ずつ進めて、無事にお墓問題を解決してください。

 

 

まとめ

沖縄でお墓を改葬する時の、事前の心得

・現在のお墓問題を親族で確認する
・業者には先に相談しながら、タイミングを待つ
・内部調査でお墓の中の様子を把握する
・先に予算を決めて、プランを提示してもらう
・墓じまいの前に改葬先を決めるとスムーズ


soudan_bnr_600b


free_dialshiryou_seikyu

カテゴリー:
タグ:

新着記事

  • 老後の生き方が変わる☆定年後から考える70代80代
  • 老後もお金に余裕ある暮らし☆定年前に理解するポイント
  • 老後も仕事を続ける方法☆自分らしく働く5つのアイデア
  • 沖縄の終活は40代から☆老後を楽しむ5つのポイント
  • 老後のお金を40代から貯める。年収300万円からの対策とは

カテゴリ

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp