のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

お彼岸とは?後々の世代まで伝えたい豆知識

お彼岸とは?後々の世代まで伝えたい豆知識

お彼岸は年に二回、春分の日と秋分の日の前後に、お墓参りをする日本の行事ですよね。その意味合いや由来、細やかな手順などは忘れられつつある現代でも、この時期にコンビニやスーパーに立ち寄ると、おはぎやぼたもちが並んでいます。

 

もちろん、単純に「美味しそう!」と購入する方々も多いですが、そんなパッケージされたおはぎやぼたもちを仕事帰りに買って、お家の仏壇に供える方々も多く見受けます。

 

そんな日本人の暮らしに自然と寄り添う、お彼岸の風習、せっかくお供えをしたり、お墓参りをするのなら、その意味合いを理解して、故人やご先祖様を拝みたいですよね。もしもお子さまがいるのなら、後々まで言い伝えたいものです。

 

そこで今回は、改めて知りたいその由来や物語など、お彼岸にまつわるいくつかの豆知識をお伝えします。

 


soudan_bnr_600b


 

お彼岸とは?
後々の世代まで伝えたい豆知識

 

お彼岸の始まりとされる物語


お経のひとつである盂蘭盆経(うらぼんきょう)には、お彼岸の由来となる物語があります。盂蘭盆経(うらぼんきょう)は、正式なお経ではないとも一説で言われていますが、今でもある親孝行のお話が言い伝えられています。

 

【 お彼岸の始まりの物語 】

■ 御釈迦様の弟子にあたる目蓮が、あの世へ旅立った母を神通力で見てみると、母親は飢餓に餓え、苦しんでいました。母親はこの世にいた頃に、他人へ物を惜しんだために、餓鬼道に落ちていたのです。

 

目蓮は疑問に思いました。「あの優しく愛溢れる母が、なぜ餓鬼道に落ちたのか。」と。そこで目蓮が御釈迦様に尋ねたところ、御釈迦様はこう答えたのです。

 

「あなたの母親は、我が子可愛さに他人の子どもや、他の人々への物を惜しんだのです。」

 

その後、目蓮は御釈迦様の教えに倣い、7月15日に修行を終えた修行僧や、多くの人々に食べ物、飲み物を施しました。その徳により自らの母親を、餓鬼道から極楽へ導いたのです。

 

 

春分の日と秋分の日がお彼岸の理由


お彼岸は一年のうちで春分の日と秋分の日を中心に二回あります。春分の日を境に前後3日間の合計7日間、秋分もまた同じように7日間がお彼岸とされているのです。ではなぜ、この期間にお墓参りに行くのでしょうか。

 

【 お彼岸が春分・秋分である理由 】

■ 仏教であの世である「彼岸」は西方にあるとされています。春分の日と秋分の日は、どちらも真東から朝日が上がり、真西に沈む日。そのため、春分の日と秋分の日は、一年で最も「彼岸」、つまりあの世に近い日、とされたのです。

 

 

仏教と神教から伝わる、お彼岸の由来


日本では昔ながらの風習として広がっているお彼岸ですが、実は日本独特の行事であることは、あまり知られていません。確かに「彼岸」は仏教用語であり、お寺では「彼岸会」と呼ばれる説法の会がありますが、一説では神教から由来するともされているのです。

 

【 お彼岸の由来とは 】

■ 神教では古来から万物に神々がいるとされ、特に太陽神を崇めています。前述したように、春分の日、秋分の日は、太陽が真東から上がり、真西に沈む日。

 

■ 一方仏教では、前述した仏教の西方浄土(西方に極楽浄土がある)の考え方が由来とされています。

 

また、農耕社会であった日本では、種蒔きの頃の春、収穫時期の秋、それぞれに神々に祈った風習が、お彼岸に繋がった、と言う一説もあるのです。

 

 

お彼岸に供える、ぼたもちとおはぎ


お盆には果物やお菓子など、さまざまなお供え物が供えられますよね。一方でお彼岸のお供え物と言えば、ぼたもちやおはぎであることは、現在ではあまり知らない方々も多くなりました。

 

【 春分の日にぼたもち、秋分の日におはぎ 】

■ ぼたもちもおはぎも、どちらももち米を炊いたものに、餡子を包んだ食べ物ですよね。ぼたもちはこしあん、おはぎはつぶあん、が定説です。

 

・ これは昔、収穫時期に作られた秋のおはぎでは、採れ立てで小豆の皮が柔らかく、そのままあんこにできたことから始まります。

 

一方、ぼたもちは春時期に作られますので、収穫から日が経った小豆の皮が固く、食べられないためにこしあんで作っていたのです。

 

 

お彼岸に供える花


故人に供える供花は、通夜や告別式など亡くなって間もない時期…、目安として三回忌くらいまでは、白い花を中心に選ぶのがマナーのひとつ。けれどもその時期を過ぎれば、実は決まった花、というものはありません。

 

ただ、秋分の日のお彼岸時期には彼岸花を供える、と言う方々もいますよね。一方で、彼岸花には毒があるため、避けるという一説もあります。もともと土葬をしていた頃は、彼岸花のその毒で、モグラなどから埋葬した遺体を守っていたのです。

 

【 お彼岸に選びたい花 】

■ とは言えお彼岸やお盆時期には、供花としてアザミや白などの彼岸花、そして薔薇が良く売れています。

 

・ その他、トルコキキョウや菊なども供花として選ばれる花々。淡い色味を選ぶのが無難かもしれません。

 

 

いかがでしたでしょうか、同じお墓参りをしたり、お仏壇に手を合わせるだけでも、お彼岸にまつわるストーリーや由来を理解していると、グンと心を込めた意味のある行事となるのではないでしょうか。

 

毎年の暮らしの小さな行事、そのたったひとつではあるのですが、いつも変わらずひとつひとつの行事を、その意味合いを理解しながら丁寧に行うことで、自然と日々の暮らしが丁寧になります。

 

お彼岸となる春分と秋分の前後7日間は、もちろんご先祖様や故人を弔い、偲ぶためにありますが、そのお陰で、今生きている自分達の暮らしに感謝できる日々にもなるはず。

 

本記事をきっかけにして、日本の昔から残るさまざまな風習の良さを改めて確認し、今の暮らしを丁寧に過ごすきっかけにしてください。

 

 

まとめ

お彼岸の豆知識とは

・お彼岸には目蓮の「親孝行」の逸話がある
・春分と秋分の日は、あの世が最も近い日
・お彼岸には神教と仏教、両方の由来がある
・春のお彼岸にはぼたもち、秋のお彼岸にはおはぎ
・供花にはアザミや彼岸花、薔薇が人気

 

 


soudan_bnr_600


free_dialshiryou_seikyu

カテゴリー:
タグ:

新着記事

  • 納骨堂からお墓へ改葬。骨壺を移動する基本の流れ
  • 納骨堂の見学をする。契約前に確認したいチェック項目
  • 仏壇を購入する時に気になること☆専門家が答えるQ&A
  • 沖縄のお墓をリフォーム☆決断する5つの目安とは
  • 沖縄の霊園でお墓参り☆集合墓でのお参りマニュアル

カテゴリ

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp