のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

沖縄で永代供養の選択肢。霊園を選ぶ5つの理由とは

沖縄で永代供養の選択肢。霊園を選ぶ5つの理由とは
沖縄でも永代供養をお願いするケースが増えてきましたよね。永代供養とは子や孫、寺院や霊園の管理者が、子孫に代わって永代に渡り故人を供養することです。

 

実は、全国的には広がっている「サービス」なのですが、そもそも個人墓地の風習がある沖縄では、永代供養が行われる霊園自体の歴史が浅いため、特に近年需要が高まっています。

 

個人墓地が多い沖縄ですから、永代供養をお願いしようとする時には、霊園にお墓を引っ越しする必要があり、大きな決断。決めるなら、事前にしっかりと、そのメリットを確認したいですよね。

 

そこで今回は、沖縄で永代供養を選択した方々のアンケートや体験談から、決断に至った理由とそのメリットを5つ、お伝えします。

 


soudan_bnr_600c


 

沖縄で永代供養の選択肢。
霊園を選ぶ5つの理由とは

 

継承者がいなくても安心


沖縄で永代供養を選択する方々に最も多い理由が、継承者の問題。沖縄では父系血族が継承する、とされているなど、いくつかの継承のしきたりがあるため、現代の暮らしにそぐわず、悩む家も少なくありません。

 

【 沖縄での永代供養、継承者問題も解消 】

 

★ このような事情からか、近年では沖縄のお墓の無縁仏化が問題にもなっています。

 

・ 全国的な寺院墓地に建てるお墓と違い、沖縄では個人が土地を購入してお墓を建てる「個人墓地」が主流であったため、一度継承者が途絶えてしまうと、責任を持ってお墓を管理する者もいなくなってしまうのです。

 

近年では県や自治体により、無縁仏を解体する事業も行われるようになりました。個人のお墓は無縁仏になりやすいため、新しく建てることが難しい自治体もあります。

 

 

お墓をキレイに保つ負担が軽減


前項の沖縄のお墓の継承者問題にもつながる事柄ですが、沖縄で永代供養を選ぶ理由として、墓主が高齢化し、個人墓地に建つお墓をキレイに保つことが困難になった、と言う答えも多いです。

 

【 沖縄での永代供養、お墓をキレイに保つ 】

 

★ 沖縄で永代供養をお願いすると、墓主に代わって供養とともにお墓の管理も請け負ってくれます。

 

・ 確かにお墓自体の掃除はお参り毎に必要ですが、それでも個人墓地のお墓の管理と比較すると、ずいぶん負担は少ないのです。

 

お墓に入る括りである父系の血族である「門中」。ひと昔前までは、周辺地域に多くの家が住み、行事毎に男手がお墓を掃除・管理できていましたが、今では遠方に住む親族も増え、墓主ひとりの負担になることも…。

 

そんな時、霊園の施設管理者が常にお墓周りをキレイに保ってくれる、沖縄での永代供養は、とても助かるものではないでしょうか。

 

 

比較的安い価格帯でお願いできる


沖縄では永代供養は、少し前までは「とても便利だけど、高いんじゃないだろうか…。」と心配する声も多かったのですが、沖縄では永代供養の形はさまざま。予算に合わせた永代供養を選ぶことができます。

 

沖縄で永代供養を検討する際には、個人墓地からの改葬(お墓の引っ越し)をしなければならないケースが多いです。この場合、門中墓の規模によって価格帯に大きな違いがありますが、15万円前後~の改装費+改葬先(新しい)お墓の費用。

 

高いように感じますが、新しいお墓の形式を変えることで、予算に合わせることができます。

 

【 沖縄での永代供養、さまざまなプラン 】

 

★ コンパクトなお墓であれば100万円以内~のプランもあり、もっと予算を少なくしたい場合には、集合墓で50万円などのものも…。

 

・ さらに10万円~のものであれば、遺骨を納骨堂で納めるプランもあり、お墓を建てるまで永代供養をお願いできます。

 

この納骨堂ですが、今では全国的には、お墓としてメジャーな存在。充分に機能する施設として受け入れられています。

 

 

交通の便が良く、お参りしやすい


昔ながらの門中墓は、辺境の地にあるものも多いのも、高齢化した墓主の申告な悩み。人目を避けるため、崖や森中にあったものも多く、掃除はもちろん、お参りに行くだけでもシニア世代にはひと苦労です。

 

【 沖縄での永代供養、霊園でお参りしやすく 】

 

★ 永代供養をお願いできるのは、霊園。そのため交通の便が良く、周辺も整えられた環境。

 

・ お参りの負担も少なくなり、「今までよりも頻繁にお参りをしに行けるようになった!」との感想も多くなりました。

 

 

お墓の老朽化問題を解消


現代、昔に建てたお墓の老朽化で悩む墓主が増えていて、これも問題になっています。

 

【 沖縄での永代供養、老朽化問題 】

 

★ ひと昔前に多く建てられた沖縄の門中墓では、大きなデザインから、コンクリート造りのものや、雨風に弱い琉球石灰岩などを利用したものも多く、丁度その老朽化が深刻化しているのです。

 

・ コンクリートなどは、毎年ヒビの修繕をしなければならない事例も出始め、毎年の負担が辛い時も…。建て直しを迫られるお墓も多く、「それならば、環境の良い霊園へ改葬」と考えるケースが増えています。

 

現代では雨風に比較的強い、御影石を利用したお墓が主流。沖縄で永代供養を選ぶ場合には、周辺環境も整っているため、より耐久性のあるお墓が期待できるのが魅力です。

 

 

 

いかがでしたでしょうか、今回は沖縄で永代供養を選んだ方々の体験談やアンケートを元に、その特徴やメリットを5つ、お伝えしました。どれも現代の沖縄に多い悩みを解消する一助となっています。

 

もちろん、個人墓地は個人墓地の魅力やメリットがあるもの…。一戸建てと同じように、自分達の自由に土地を利用できて、スペース自体も広いため、より気兼ねなくウサンデーができる家もあるかもしれません。

 

沖縄で永代供養を選択するケースの多くは、手伝う親族が少なくなったり、継承者である子ども達が、遠方に暮らすなどの理由で、後々の墓守の心配があったり…。問題解消の例が多かったのが特徴的でした。

 

そのため「専門家に気軽に相談できた。」と言う感想も多かった点も特質したいメリット。それぞれの家の事情などを踏まえ、自分達に最も良いお墓の形を探してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

まとめ

沖縄で永代供養を選択するメリット

・無縁仏になる心配がない
・墓守の負担が軽減する
・予算に合わせたプランがある
・頻繁にお参りできる環境がある
・老朽化解消のため霊園に改葬

 


soudan_bnr_600


free_dialshiryou_seikyu

カテゴリー:
タグ:

新着記事

  • 沖縄での相続、継承問題☆お墓を継承する時に理解したい事柄
  • 沖縄で改葬をする時。相談前に検討したい5つの事柄
  • 【沖縄の御願、歳時記】火の神(ヒヌカン)の仕立て方
  • 【沖縄の御願、歳時記】独立した家で祀りたい、ヒヌカンとは
  • 沖縄での納骨トラブル。お墓にまつわる5つの注意点

カテゴリ