のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

【沖縄の御願】ヨーカビーやシバサシ。沖縄の悪霊払い

【沖縄の御願】ヨーカビーやシバサシ。沖縄の悪霊払い
ヨーカビーやシバサシは、沖縄の御願のなかでも悪霊祓いとして知られていますよね。沖縄では悪霊や『まじむん』と呼ばれる妖怪が、本州よりも身近に、信じられてきました。

 

特に旧暦八月に当たる夏の日は、悪霊やまじむんが出やすいとされ、それらを追い払う、家へ入ることを防ぐための、ヨーカビーやシバサシが、重要視されてきたのです。

 

言い伝えとしても、家庭でできるのであれば、拝みをして安心したいですよね。

 

そこで今日は、沖縄で大切にされてきた悪霊祓いの拝み、シバサシやヨーカビーのお供え物や拝み方をお伝えします。

 


永代供養特集


 

【沖縄の御願】ヨーカビーやシバサシ。
沖縄の悪霊払い

 

旧暦八月八日~十一日は、ヨーカビー


ヨーカビーとシバサシは、同じ時期に行います。ヨーカビーもシバサシも〇月〇日、と日にちを指定せず、期間内で行う御願です。

 

【 ヨーカビーとは 】

 

★ ヨーカビーは悪霊祓いの拝みで、夜に爆竹を鳴らすことが特徴的です。

 

・ 村が良く見渡せる高台に上り、魂(火の玉)が上がる家を確認します。魂が上がった家では、悪霊祓いの拝みを行うのが習わしです。

 

ですから火の玉が上がらない家では、特別なお供え物や拝みはありません。

 

ただ、その昔には火の玉が上がった家では、「3年以内に家族から死者が出る。」との怖い言い伝えもあります。

 

そのため、地域によっては爆竹を鳴らすことを欠かさない家も見つけられるはずです。

 

 

旧暦八月九日~十一日は、シバサシ


死者の魂でもある悪霊を払う御願行事、「ヨーカビー」に対し、「シバサシ」はどちらかと言えば、「まじむん」と呼ばれる妖怪や魔物の類に対する物忌み行事です。

 

【 シバサシとは 】

 

★ 「シバサシ」では、沖縄では「シバ」は、悪霊やまじむんを追い払う力があるため、その「シバ」を家や小屋の四隅に差します。

 

・ 家の四隅の他、門前、屋敷内に家畜小屋などの小屋があれば、そこにもシバを差すのが習わしです。

 

…シバサシ自体はそれだけなのですが、(ヨーカビーも含め)シバサシの時期は、さらに八月カシチー(ハチグァッチカシチー)と重なっているため、多くの地域でカシチーの拝みを共に行ってきました。

 

 

ヨーカビー・シバサシと共に行う、「八月カシチー」


…では、八月カシチー(ハチグァッチカシチー)では、どのように拝むのかと言えば、「カシチー」、つまり「強飯」を供えることです。

 

【 八月カシチーのお供え物 】

 

★ 「カシチー」とは「強飯」のことで、いわゆるもち米で炊いたおこわを差しています。

 

・ 六月カシチーでは小豆を入れない白いカシチーなのですが、八月カシチーでは小豆を入れた「赤カシチー(赤ガシチー)」を入れるのが違いです。

 

小豆の他、沖縄ではスーパーで見掛ける「黒米」を混ぜる家庭も多く、小豆のみにこだわる必要もありません。 

 

 

「赤カシチー」の供え方


八月カシチーでのお供え物は、ヒヌカンとお仏壇の二か所にお供えをします。

 

【 赤カシチーの供え方 】

 

★チィタチ・ジュウグニチの御願のような小さな椀ではなく、通常のご飯茶碗で赤カシチーを盛り付け、お供えをする家庭が多いです。

 

・供える場所は①ヒヌカン②お仏壇、ヒヌカンでは赤カシチーのみで大丈夫ですが、お仏壇へはお膳にお箸、赤カシチーに酢の物と汁物を添えてください。

 

酢の物は「ウサチ」などとも呼ばれ、汁物は沖縄の伝統の料理「イナムドゥチ」や、アーサなどの吸い物も見られます。

 

 

昔から伝わる「イニンビー」とは


沖縄でヨーカビーやシバサシと言えば、「イニンビー」を連想する方も多いですよね。

 

「イニンビー」は「遺念火」と書き、亡くなった人々の念が形となって表れたものです。

 

【 沖縄で伝わる、イニンビー 】

 

★ イニンビーはいわゆる「火の玉」なのですが、死者の念のなかでも怨みなどの、あまり良くない感情の現れとされています。

 

・ そのため恐れられているイニンビーですが、実際の言い伝えでは、ただそこここに浮かんでいるだけとか…。

 

…それでも死者の悪しき念は避けた方が無難です。このイニンビー、沖縄では霊感があるから見る訳ではなく、どのような人々でも見て来たと言います。

 

ただ、近年では夜・夜中も街灯などの明かりがあるため、見えなくなりました。

 

 

いかがでしたでしょうか、今日は旧暦8月に各地で行われる、悪霊祓いや物忌み行事、ヨーカビーとシバサシについてお伝えしました。

 

ヨーカビーは悪霊祓いではありますが、一般家庭での拝み事は特にはありません。

 

沖縄各地で現代まで残るのは、どちらかと言えば、八月カシチーと共に行われるシバサシではないでしょうか。

 

このような悪霊祓いや物忌み行事は、この他にもシマクサラシなど、年間を通して何回かあります。丁寧に供え拝むことで、家族の無病息災を祈願してみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

旧暦8月8日~11日、沖縄のヨーカビーやシバサシとは

・悪霊祓いがヨーカビー
・ヨーカビーでは爆竹を鳴らす
・シバを差す物忌みがシバサシ
・シバは悪霊やまじむんが嫌う
・八月カシチーと行う家も多い
・八月カシチーでは赤飯を供える
・イニンビーは死者の念が現れた火の玉

 


お墓の引越し、改葬・墓じまい


free_dialshiryou_seikyu

関連記事

合わせて読みたい

人気記事ランキング

カテゴリ

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp