のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

沖縄で納骨堂を選ぶ。「まるでロッカー」じゃない理由

沖縄で納骨堂を選ぶ。「まるでロッカー」じゃない理由
沖縄でも納骨堂の利用が年々増えていますよね。東京など本州の都心部では、遠くまで行かずともお墓参りができる立地環境に多い納骨堂は、現在ニーズが高いです。

 

けれども沖縄では納骨堂への理解は、まだまだ広がっている訳ではありません。もともと広い土地である個人墓地にお墓を建てる沖縄では、納骨堂を選ぶと親族から反対を受けることも、しばしばあります。

 

けれども沖縄でも納骨堂を選ぶことで、悩みや問題が解消できたケースも多くありました。そこで今日は、沖縄で納骨堂を選んだ人に聞いた、体験談をお伝えします。

 


お墓の引越し、改葬・墓じまい


 

沖縄で納骨堂を選ぶ。
「まるでロッカー」じゃない理由

 

昔からある沖縄の納骨堂とは


沖縄の人々が考える納骨堂と言えば、「お墓を建てるまで」遺骨を預かってもらうためにあったため、沖縄では納骨堂に遺骨を納める時の御願では、このような内容を伝えていました。

 

【 沖縄の納骨堂、昔のグイス 】

 

★ 「スンズ ツクユルマデノイーダ イルイル チガカイナクトゥアルンディ ウムヤビーシガ 

 

(お墓を建てるまでは、いろいろ気に掛かることもあるとは思いますが、)

 

ドーリン シバクラム エーダヤクマトゥーティ、グシンボゥ ウタビミスーリー ウニゲーサビラ

 

(どうぞ暫くの間、辛抱してくださりますよう、よろしくお願いいたします)」

 

…つまり昔ながらの沖縄の感覚では、納骨堂は「一時的に預かるもの」と言う感覚が強く(本州でも本来は同じような認識でした。)、さらに、それまで「辛抱」しなければならない居場所だったんです。

 

 

現代の沖縄の納骨堂


けれども現代ではスペースこそ小さいものの、沖縄の納骨堂もお墓としての機能を果たす施設を多く見受けます。

 

【 現代の沖縄の納骨堂 】

 

★ お墓としての機能を果たすような納骨堂は、「霊廟(れいびょう)」などと言われ、堂を守る神様と共に、お墓参りもできる施設が出てきました。

 

・ このような沖縄の納骨堂は15年など、契約年数が定められていることが多く、永代供養(※)が付く傾向にあります。

 

永代供養とは子や孫に代わって、永代に渡り施設が供養をしてくれるサービスで、契約年数が過ぎれば遺骨は合祀供養されますが、その時の継承者が契約更新を行うことも多いです。

 

そのため沖縄の納骨堂では、本人が生前に契約をする事例も増えてきました。

 

 

沖縄の納骨堂では、本州式が多い?


もうひとつ、沖縄で納骨堂を選んだ方々にアンケートを取ると、「本州式のお墓参り作法が、グリーフケアになると考えた」と言うものもありました。

 

沖縄では年間を通して大きなお墓参り行事がありました。旧暦1月のジュウルクニチー、清明の節気のシーミー、旧暦7月7日のタナバタです。

 

【 沖縄の納骨堂:お墓参り 】

 

★ ただ、沖縄では「他のお墓の魂や無縁仏が、寂しい想いをするから」などの理由で、お墓参り行事以外の気軽なお参りは良しとされていません

 

・ 一方で本州式の色が強い沖縄の納骨堂では、仏教の教えに基づいて「いつでも思い立った時にお参りに来て良い」とする施設が多いです。

 

そのため開館時間であればいつでも故人の遺骨を前に、手を合わせて話ができるので、家族を亡くした悲しみが癒えるまでは、いつでも気軽にお参りできる納骨堂が良い…、と考える若い世代も増えています。

 

 

沖縄の納骨堂でも、御願は出来る


ただ、気軽にお墓参りができる施設が多いとは言え、沖縄の納骨堂では、昔ながらの御願にも理解は深いです。そのため、小さな沖縄の納骨堂スペースでも、焼香や御願行事はできます。

 

【 沖縄の納骨堂:焼香 】

 

★ 事前に施設管理者に相談をしながら、人の少ない日時を選んで、施設に伝えてください。

 

・ 今ではお坊さんに読経供養を依頼する焼香も多いですよね。「屋内では難しいのでは…」との相談も多いものの、読経供養も受け入れてくれる施設が多いです。

 

さらに施設内の貸しスペースなどを利用して、親族集まって御願・ウサンデーをする家もあります。

 

 

「夫婦二人揃うまで」の考え方


また、従来の考え方と同じように一時的に預かるための選択もあります。ただ、新しい沖縄の納骨堂への利用方法としては、数か月などの単位ではありません。

 

【 沖縄の納骨堂:一時預かり 】

 

★ 終活が認知されてきた現代では、「二人一緒にお墓に埋葬して欲しい。」と言う夫婦も増えています。

 

・ そこで、夫婦で沖縄の納骨堂を生前契約し、先に亡くなった方の遺骨を預かり、残った方が亡くなった時に一緒に埋葬する方法を選んだ事例が見られるようになりました。

 

さらに沖縄の納骨堂に二人で収蔵され、契約年数が過ぎたら、二人で合祀墓に合祀埋葬される選択も見受けられます。

 

 

 

いかがでしたでしょうか、今日は今に多い沖縄の納骨堂への考え方や、施設についてお伝えしました。

 

ひと昔前には、お墓は「少しでも大きく豪華なものが良い」と言う考え方がありましたが、今では葬儀もお墓も、見た目の豪華さよりも心を重視する傾向にあります。

 

沖縄の納骨堂では契約年数が定められた施設がほとんどですが、最後にお伝えした、夫婦で一緒に収蔵される事例では、多くの施設で先に亡くなった方の収蔵からカウントはされない施設も多くなりました。

 

最後に亡くなった方が収蔵されてから、契約年数がカウントされる施設が多いので、ぜひ細かな部分まで確認して、選択をしてください。

 

 

まとめ

現代、納骨堂を選ぶ理由とは

・本来はお墓が建つまでの預かり場所だった
・今はお墓としての機能のある「霊廟」が増えた
・沖縄ではお墓には気軽に訪れない
・一方、納骨堂は比較的気軽にお参りができる
・納骨堂でも読経供養や御願ができる
・生前契約で夫婦が揃うまでの納骨堂とする人もいる


永代供養特集


free_dialshiryou_seikyu

カテゴリー:
タグ:

関連記事

合わせて読みたい

人気記事ランキング

カテゴリ

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp