のんびり沖縄 沖縄から地元ならではの情報をお伝えします。

初清明祭はいつから?施主が行う法要、6つの基礎知識

初清明祭はいつから?施主が行う法要、6つの基礎知識
初清明祭(初シーミー)を終えると、遺族も故人を亡くしてから慌しく過ぎた法要もひと段落し、日常のお墓事に戻れるような気がしますよね。今まで悲しみのなかで行っていた法要も、時とともに初清明祭(初シーミー)では、楽しく故人と話せた…、と言う方も多いです。

 

初清明祭(初シーミー)は基本的に喪が明けてから。そのため、全国的にも喪明けと言うのはひとつの大きな区切りでもあり、さまざまな日常が戻ってくる時期でもあります。ただ、この時期までの一年間は、初七日(ハチナンカ)から始まり一年忌(イヌイ)まで、たくさん

 

喪主(施主)としては、悲しみのなかでも落ち着いて、初清明祭(初シーミー)までの法要を、故人のためにも丁寧に執り行いたいですよね。そこで今回は、ひと段落する初清明祭(初シーミー)までに執り行う法要の概要をお伝えします。

 


soudan_bnr_600b


 

初清明祭はいつから?
施主が行う法要、6つの基礎知識

 

葬儀後の初めての法要、初七日(ハチナンカ)


葬儀後、落ち着く間もなく行われるのが、故人が亡くなってから七日目に執り行われる、初七日(ハチナンカ)。仏教的にはこの日、故人は三途の川を渡っているとのこと。初七日の供養で、この川の流れが穏やかになり、より渡りやすくなるのだとか…。

 

【 初めての法要、初七日(ハチナンカ) 】

 

★ 初七日は法要でも大きいものなので、お供えの重箱も4段の「チュクン」。朝早くからお墓参りをして御願を行うのが特徴です。

 

・ 読経は家庭によってそれぞれ。決まり事はありませんが、一般的にはお坊さんに読経を依頼して、皆で供養をするケースが多い傾向にあります。

 

この日、故人はこの世から離れて三途の川を渡ります。初七日までは毎日お墓参りをして、故人の寂しさを癒す…、と言う風習を持つ地域もありますが、初七日の法要では、故人がこの世に後ろ髪を惹かれないよう、法要が済んだらすぐに片付けるのが正解です。

 

 

四十九日までの週忌焼香(ナンカスーコー)


この初七日から四十九日(シジュウクニチ)まで、亡くなった日から七日毎に、週忌焼香(ナンカスーコー)を自宅で行ってください。

 

【 週忌焼香(ナンカスーコー) 】

 

★ この時、初七日・3週目となる「ミナンカ」・5週目の「イチナンカ」は、焼香客も来ることの多い、比較的規模の大きな週忌焼香として扱われ、重箱料理も4段のチュクンが一般的。

 

・ 一方で偶数の週である2週目「マドゥナンカ」や4週目の「ユナンカ」、四十九日の前の週となる6週目の「ムナンカ」では、ウサンミも「カタシー」の2段、身内でひっそりと行います。

 

 

本位牌を準備する節目、四十九日(シジュウクニチ)


前述した週忌焼香(ナンカスーコー)の最後の日が、四十九日(シジュウクニチ)ですが、この日は初七日から始まった、生まれ変わる世を決めるための審判の最終日。この日を節目に故人は新しい世界に生まれ変わるため、大きな法要のひとつなのです。

 

【 四十九日(シジュウクニチ) 】

 

★ 沖縄で最も特徴的なのは、この日に本位牌を準備して、今まで置いていた仮の白位牌(シルイフェー)を、墓前で焚く儀式が行われる、と言うこと。お坊さんもお呼びして、読経供養を行います。

 

・ この日も大きな法要のため、重箱料理の供え物であるウサンミは、4段のチュクン。弔事用なのでおもちは全て白いものを、かまぼこも白で、昆布は返し昆布を準備してください。

 

 

身内で行う、百か日(ヒャッカニチ)


故人にとって審判が下る四十九日(シジュウクニチ)は区切りの日となりますが、この百か日(ヒャッカニチ)は、残された遺族にとっての区切りの日、とも捉えられている法要。この時期から少しずつ、悲しみから前を向き歩いて行くのが良い、とされているのです。

 

【 百か日(ヒャッカニチ) 】

 

★ 家族だけの静かな法要の日が百か日(ヒャッカニチ)。そのため、お供え物は2段の「カタシー」、その他、お墓参りの基本道具である、お供え4種(お酒・お水・供え花・ウチャトゥ)と、ウチカビ、ヒラウコーを準備します。

 

・ 間違える方が見受けられるのですが、百か日(ヒャッカニチ)は、葬儀から数えるのではなく、故人が亡くなった日から数えるのが正解です。

 

ちなみにウチャトゥはお茶、ウチカビは沖縄では有名な「あの世のお金」であり、墓前で燃やして天国へ届けるもの。ヒラウコーは沖縄のお線香で、6本が一枚にくっ付いていますので、スーパーなどで確認してみてください。

 

 

一年目の命日、一年忌(イヌイ)


喪が明けるタイミングでもあり、一連の法要がひとまず落ち着く一年忌(イヌイ)。この一年忌(イヌイ)から始める年忌焼香(ニンチスーコー)は、一年忌(イヌイ)の翌年にある三年忌(サンニンチ)、七年忌(シチニンチ)が大きなもの。

 

【 一年忌(イヌイ) 】

 

★ 実は生まれ変わる世界が決まる四十九日までは、故人の魂は家におり、それ以降の法要となる一年忌(イヌイ)の時期には、魂がお墓にいる、とされています。

 

・ とは言え、ほとんどの流れが週忌焼香(ナンカスーコー)とあまり変わらないものの、一年忌(イヌイ)からは、故人の魂を家に招くための文言を墓前で唱え、自宅へ迎え入れる儀式があります。

 

 

喪が明けてから行う、初清明祭(初シーミー)


以上が故人が亡くなってから喪が明けるまでの、主な法要。一年忌(イヌイ)を過ぎたら、お墓参りながらお祝い事の意味合いも持つ、清明祭(シーミー)も再開して構いません。ただ、この喪が明けてから初めての清明祭も、地域によって見解はさまざま…。

 

【 初清明祭はいつから? 】

 

★ 基本的には一年忌(イヌイ)前は喪中と言うことで、お正月と同じ捉え方があるため、清明祭は行わないのが一般的。

 

・ ただし、一年忌以降であれば三年忌(サンニンチ)を終えてからでも、問題なありません。

 

この捉え方は、地域だけではなく、個人や家庭それぞれの考え方もさまざまに分かれる部分があるので、周囲に聞きながら柔軟に対応していけば、良いのではないでしょうか。

 

 

いかがでしたでしょうか、故人が亡くなってから次々と訪れる法要。一年目の命日で執り行われる一年忌(イヌイ)が過ぎると、心なしかホッとする方も多いのではないでしょうか。故人が亡くなってから、最初に再開する初清明祭を終えると、日常のお墓事に戻る気もします。

 

悲しむ間もなく、忙しい日々を送ることも多いこの時期、心も体もダウンしてしまいそうになりますが、一部の体験談では、「この多くの法要があったからこそ、悲しみを癒す時間を穏やかに過ごすことができた。」と言う方も…。

 

なかには本州から移住をし、この地でお墓を建てることとなった方々も多いですが、それでも、沖縄では手伝ってくれる方々も多く、また業者に頼る法要も一案。故人もムリをしている家族を心配するものですので、ムリせず周囲に協力を得ながら、進めてください。

 

 

 

まとめ

初七日から初清明祭までの法要とは

・葬儀から間もない、初七日(ハチナンカ)
・追善供養を行う、週忌焼香(ナンカスーコー)
・故人の魂が生まれ変わる、四十九日(シジュウクニチ)
・遺族にとっても区切りの日、百か日(ヒャッカニチ)
・一連の法要も落ち着く、一年忌(イヌイ)
・初清明祭(初シーミー)は喪が明けてから


soudan_bnr_600


free_dialshiryou_seikyu

新着記事

  • 納骨堂からお墓へ改葬。骨壺を移動する基本の流れ
  • 納骨堂の見学をする。契約前に確認したいチェック項目
  • 仏壇を購入する時に気になること☆専門家が答えるQ&A
  • 沖縄のお墓をリフォーム☆決断する5つの目安とは
  • 沖縄の霊園でお墓参り☆集合墓でのお参りマニュアル

カテゴリ

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp

guidebook_banner_sp